スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
西岡 参院議長 「今の政権が国民に造反している」
2011-05-31 Tue 20:03
西岡氏のこの発言、良い例えだと思います。

もとは、岡田幹事長(民主党)が、野党が提出しようといている内閣不信任案に
民主党内からも同調しようという人に対して、
「民主党への造反者は、厳しく処罰する」
として、罰則をもってこれを防ごうとしていることに対して、
そもそも、政府自体が国民に造反していると揶揄したものです。

私も、つくづくそう思います。
・・・



昨日(30日)、仙石 官房副長官は、政府の震災対応が遅れているとの世論調査の結果に対して

「対応が『遅れている』と言うのは『木を見て森を見ず』みたいな極端な話だ」と、

国民の見方が間違えていると指摘しました。

わざわざ、記者が
「それは、国民を指しているのか?」と聞いたところ
「そういう部分も全くなきにしもあらずだ」と、開き直ってしまいました。

これでは、国民が何を言おうが、
「国民が間違えている! 国民みたいなバカ共の意見は聞く必要が無い!」
と、言っているようなものです。
これでは専制主義に逆戻りで、『民主党』の名前が泣いてしまいます。
「国民に造反」どころの話ではありません。



また、これだけ選挙でことごとく惨敗しても、政府側も民主党執行部も
これまで、全く人が変わっていません。
確かに、すぐに人を交換しては責任をとったと開き直るのも問題とは思いますが、
だからといって、これだけ惨敗に次ぐ惨敗にも関わらず、
民主党の 『世論は我にあり』
みたいな思い込みようを見ていると、全く国民の方を見ていないと感じます。

選挙の結果からは、民主党政権に対する国民の反発は明らかであることは
一般国民の私の目からも、こんなに明らかであり、
普通の民主主義感覚から言うと
「これだけ、ことごとく選挙で負けたとなると、
   やっぱり、流石に民意を問う=衆院解散が、民主主義の有るべき姿だよねー」
と考えますが。



そして、今回の露骨な『しがみ付き』の為の嫌がらせ工作ですから・・・。

本当に世論を謳うのであれば、堂々と
「造反なんか出来るものなら、やってみなさい。どうせ、こちらが勝つのだから」
という心を持てないのでしょうか。

逆に、嫌がらせをしなければ党内も抑えられないような状況で政権を維持する事自体が
既に、民主主義から逸脱していることに、民主党は早く気付くべきでしょう。
スポンサーサイト
別窓 | 政治 | top∧
管 首相 「太陽光パネルを1千万戸に設置」
2011-05-29 Sun 11:41
最初に一言
「良く、言った!」

経済開発協力機構(OECD)に出席している管首相は
日本の発電における自然エネルギーの割合を現行の9%から
今からたったの9年で20%まで上げると宣言した。

絶対に不可能なように思えるが、それでも高い目標に邁進することで
この国難を乗り切ろうと言う心意気であれば、そういった手法もありではないか。

例え、外国の首脳は「どうせ後の無い政権」と、誰も話を聞いていなくても、
この際、まぁ良い。



・・・ところで、今度こそ裏を取ってから話しているんだろうな。

まさか、単なるパフォーマンスで、またしても自分勝手にぶち上げたんじゃないよな。


それにしても、これで最後の花道がついただろう。
潔く、早く辞めてくれ。
別窓 | 政治 | top∧
日弁連 「君が代起立条例案に反対だ」
2011-05-28 Sat 09:45
大阪府の橋本知事が9月に提出予定の条例において、国歌斉唱時に起立しない
教員の免職処分基準を定めようとしています。

これに対して、26に日弁連(日本弁護士連合会)は声明を発表しました。
その内容は、
「思想・良心の自由等の基本的人権の保障に加え、
 教育の内容及び方法に対する公権力の介入は抑制的であるべきという
 憲法上の要請に違反する」
とのこと。
要約すると、
教育の内容や教え方に政治が口を出すのは控えろと、憲法に書いてある
と言う事です。


また、神奈川県の黒岩知事は、
国家に敬意を払うのは日本人として当然としたうえで、
「強制されて国歌を歌うというのは本当の愛国の気持ちではない」と、
橋本知事の案を批判したそうです。



が、良く考えて下さい。
橋本知事は、式典で起立しないことを問題視しているのです。

日弁連も黒岩知事も、それを強引に「国家に反対してもイイ」と
議論をすり替えようとしているようです。


ましてや、橋本知事が対象にしているのは教員です。
教員の中でも特に、教師は生徒に対して模範を示すことが必要です。

想像してみてください。

「私は国家が嫌いだから式典のプログラムには従いません」と、主張して
起立を拒否する先生と
それを見ながら巣立つ生徒の姿を。

橋本知事は、別に個人の信条を規制しようとしている訳ではありません。
式典なんだから、それを邪魔したら罰則だと言っているだけです。
こういった教員がしている行為は
成人式で暴れる子供達の行為と全く変わらないじゃないですか。
それも、本来式典を作る側の教員が、式典の妨害をするなど
厳罰にされて当たり前過ぎる話です。

国家斉唱時の起立を強制することで、普通に卒業式等を行って
子供達を巣立たせてあげたいと考えるのは普通の大人の考えでしょう。



しかしながら、『強制』が是か非かを議論する以前に、
こんな当たり前のことを強制しなければいけない、
今の教師達のレベルの低さに、実は大きな問題があると感じます。


国家感を会社等と同等に扱うのは問題があるかもしれませんが、
その会社でさえ、
「私は、会社の指示には従いません。
  自分が良しと思う仕事しかしません。
   でも、給料はしっかり頂きます。」
なんて人間を雇うと思いますか? - 解雇です。
                  と言うか、就職できません。

学校の先生が、自分勝手な信条で、自分勝手な教育をしたら
学校は滅茶苦茶になってしまいます。

・・・現在がその状態のようですが。

学校の先生の仕事は、国の教育方針に従って教育を実践することです。
今の日本では、そんな当たり前の事も、先の大戦の反省から
抑制されています。
しかし、だからといって自分勝手な信条で子供達を洗脳するのは職務違反です。


例えば、そんな自分勝手な言い分が通用するのなら、

子供は、教師に対して
「起立、 礼」を拒否する権利も認められる訳ですよね。

しかし、実際に先生に向かって足を投げ出すような行為をして、
それを褒める先生はいないでしょう。

私が知っている話では、先生はキレて激怒したそうです。
当たり前です。
しかし、自分の職場の命令も、個人の自由で無視する先生には
起る権利はありません。


この場合、なぜ先生は自分の行為は良くて、
生徒の行為は許せないのでしょうか。

それは、国旗や国歌はいけないもので、先生はそれを教えていると考えているのだから、
生徒が先生を敬わないのとは話が違うと考えているのでしょうか。


いいえ、違います。

この先生が生徒に激怒したのは、単に
『偉い私』を『未熟な子供』が敬わなかったからです。
この先生は常に、教師と言う権力を身にまとっているのです。

従って、『お偉い私』が教えることは常に正しいとしか考えず、
誰が何と言おうが、
校長が何と言おうが、
教科書が何であろうが、

『お偉い私』は絶対の存在なのです。

これは保護者会などでも同じです。



このように書いていて、ふと気付くことがありました。

そう、
常に正しい『お偉い私』と、
未熟で愚かなそれ以外の存在といった構図は、
今の政府と全く同じでした。
別窓 | 世情 | top∧
枝野官房長官 「国民は不信を抱く」
2011-05-27 Fri 05:25
「やっぱり海水注入の中断はなかった」と、
これまでの説明の根本を変えてしまった東電に対して
枝野幹事長が東電を指していった一言。

「国民は不信を抱く」


バカモノ!

不信の根幹はお前らダ!
別窓 | バカモノ | top∧
パチンコ業界誌 「お前は金正日か!」
2011-05-26 Thu 20:51
石原都知事がパチンコ不要論をぶち上げた後、
パチンコ業界誌では石原叩きが過熱中です。

「狂った果実」
「お前は金正日か」
「老害知事」
・・・etc

しかしながら、パチンコ屋さんは80%以上が北朝鮮系の経営者と言われており、
その売上は、当然ながら北朝鮮の金さんのお宅に送金されているそうです。
そのパチンコの業界紙が、「お前は金正日か」とは、
石原氏を褒めているでしょうか?



何れにしても、特に今の状況だからと言うまでも無く、
駅前の一等地に陣取って、ケタタマシイ音とタバコの煙を放出し、
平日の朝から、ダラダラとガラの悪い人達が開店待ちの列を作っているためか
パチンコに対する世間の風当たりは、かなり強そうです。

いったい、ここに並んでいる
ガムをクチャクチャしている学生風のダラケタ若者は、
イイ年して仕事していなさそうな大人は、
天下の往来で、条例を無視してタバコを吸っている老人は
どこから収入を得ているのでしょうか。

私の知人にも、パチンコ中毒の人がいますが、
こういった人の多くは生活保護で生計をたてているいる人が多いそうです。
(老人の場合は年金でしょうか)



ところで、
今の政府は、二言目には『保証』を言いだします。
自分で風評被害を広めておきながら、対象者を『保証』すると言い、
何の計画も無く原発を停止して、その煽りをくった人は『保証』すると言います。

結局のところ民主党は、人々の仕事を奪っては、
その分、仕事をしなくてもお金をあげるということで、
人々の支持を得ようとします。
この手に騙される人がどれほどいるかは判りませんが、
これは、私には単なる買収行為に見えています。

そうして次回選挙でも与党の立場を維持する方法を考えているのでしょうが、
このパチンコ業界のシステムは、民主党のおバカさん達では
到底、考えられないほど良くできた集金システムになっています。


民主党の目的は、上にも書いたように仕事をしなくてもお金を恵んであげるという
一種の買収行為で与党を維持することであり、
そのためには、国家財政が破たんしようが一向に構わないでしょう。
(正直、民主党が与党でなければ、即刻、党丸ごと逮捕でしょう。)

そして、そのようにして仕事をしない人達にバラ撒かれた
国家資金(=私達の税金そのもの)は、パチンコ店でもう一度集金され、
まとめて北朝鮮の金さんのお宅へ送金されます。
こうして日本人は金さん一家に、これまでにも莫大な資金を貢いできました。

金さん一家には感謝して頂きたいものです。

この集金システムは、日本の国家財政が破たんするまで止まりません。
まるで、寄生虫のように宿り主が干乾びて醜く死に絶えた時、
寄生虫は成虫になって、ゴミとなった宿り主から飛び立つように。



また、こういった仕事をしていないパチンコ中毒者は
折角、貧窮層の味方の正義の大マスコミの助けを借りて騙し取った生活保護費も、
あっという間に金さんに全て取られてしまうようです。

すると、こういった人達を目当てに
巨大なパチンコ屋さんの周りには、消費者金融の現金支払機が立ち並び、
さしずめ一種のコミュニティーを、駅前の一等地に、勝手に形成し始めます。

そして、パチンコ中毒者の人々は
パチンコ屋さんがこれだけ大儲けしている訳ですから、
確率論から言っても絶対に勝てる訳ない
(と、いうか、勝てない様に制御されている)
のに、自分だけは大勝ちできると夢を見て
今日も、皆さんの税金を台に投入し続けるといった具合です。


そうやって考えると、自分で稼いだ金でパチンコをやっているならば、
あまり問題が無いように思えます。
確かに、今のように国家の屋台骨である産業を維持するだけの
電力も不足しがちな状況で、
パチンコ屋さんが煌々と電気を無駄使いしているのは問題ですが、
それでなければ、日本国憲法が保障している
「個人の勝手」の範疇でしょうか?

そう、考える人は浅はかです。

こんな狭い国土に住んでいて、
『僕の勝手』理論が通用するパターン等は滅多にありません。
もし、この理論を適用させたいなら、
パチンコ屋さんと中毒者の方々は、
今すぐ、誰もいない寒村に移動して、
タバコも吸わず、ケタタマシイ音楽も流さず、品の無いネオンも付けずに
ひっそりとパチンコに勤しんでください。

それでも、その利益が独裁者の金さんの資金源になる事を考えると
すんなり納得する事はできませんが、
支持率が1%になっても止めないと、既に独裁宣言してしまった人が
未だに国家代表として国際会議に出かけている事を考慮するなら、
それぐらいは仕方ないでしょうか。



また、パチンコ業界で働いたり、
産業的に連携している人達の仕事を心配する声もありますが、
本当に、そんな事があるのでしょうか。

パチンコの折り込みチラシを作っている印刷屋さんが潰れる?

パチンコ屋が潰れたら、タバコの売り上げが落ちる?

パチンコの景品になっていた商品が余る?

本当に、そんな事があるのでしょうか。
印刷屋さんや景品を作っていたメーカーさんにとって、
パチンコ関連は、そんなに大きなウェイトを占めていたんでしょうか。

それならば、全てのパチンコ屋さんを国営にしてしまえば
全てが解決します。

そもそも、全てのギャンブルの中で、パチンコだけが
民営なのが間違えているのですから。


それにしても、石原都知事を『狂った果実』と罵っていた「PiDEA」なる雑誌、
一見するとアエラにそっくりなんですが、
やっぱり、こんなところにも、あちらのお国柄が出ているのでしょうか?

PiDEA
別窓 | 世情 | top∧
枝野 官房長官 「東電事前FAXと政府説明は矛盾しない」
2011-05-25 Wed 19:01
枝野氏は何をトンチキな事を
恥ずかしげもなく言っているのか?


福島原発の海水注入を管首相が聞いていなかったと主張している件に関し、
政府は当初、18:00に東電へ海水注入を指示していたとの発表を
首相の主張に合わせるために変更してしまった。

その内容は
「海江田氏が東電に検討を指示した」というもので、
そうなってしまうと今度は、東電が勝手に海水注入を開始したことになり、
これまでの政府が適切な主導してきたとの話と食い違う。

更に、東電は海水注入の3時間以上も前に
政府にFAXを送っていたとの情報が出るに至り
首相の「聞いていない」も
海江田氏の「検討指示」も矛盾することになってしまった。


これに対しては、細野氏が
「東電からの連絡は口頭で安保院への連絡で、
  政府には届かなかった」
と主張した。



何なんだ、こいつらは・・・
誰かが発言するたびに、辻褄が合わなくなり、
そのために、それまでの発表をコロコロと
変えてしまう。

一国の政府というより、
社会人の大人がすることでは無い。


意味がわからないので、
これまでに分かっている経緯と、
それに対する矛盾点を以下にまとめて見た。
[3月12日の1号機 海水注入経緯]
110525_1


しかし、枝野氏は
「東電からのFAXは、
  『海水注入はもうしばらく時間がかかる』だった、
  だから事前にFAXがあったことと、政府発表は矛盾しない」
と強弁した。

これは明らかに細野氏の発言と食い違うし、
そもそも、時間がかかるからといっても、首相の「聞いていない」とも
明らかに食い違い、矛盾しないどころか合致する箇所がない。

全ての発言がメチャクチャで、どれもこれも合致しない。

まさに、大矛盾だらけだ。


仕方が無いので、これまでの政府の主張の中から
信憑性の高そうな情報をもとに
実際に筋道が立つように経緯を訂正しまくってみた。
[3月12日の1号機 海水注入経緯(改)]
110525_2



政府発表でなく、政府の『主張』から、更に
『信憑性の高そうな』情報を選ばなければならない時点で
既に終わっているが、これでもまだ多くの疑問が残る。


第一に、

15:20に東電から連絡を受けた安保院は、こんな一大事だというのに
その情報を政府に報告しなかった点だ。
これが事実なら、そうとうに間の抜けた話しであり、
既に建屋が大爆発を起こしているにも関わらず、危機感の欠片も無い。
正直、普通の感覚では到底理解できない。

更に、東電からの連絡は安保院のどのレベルまで
届いていたのだろうか。
いち職員が忘れた(とは想像できないが)、
握りつぶした・・・のか?
少しでも情報が周知されていれば、一人ぐらいは
政府に連絡するよう進言するだろうに。



第二に、

東電は、わざわざ安保院(東電は政府に連絡したつもりだろうが)
に連絡までしておいて、なぜに19:04になって、
勝手に海水注水を開始したのか。
枝野氏の発言を採用してしまうと、
東電は準備に時間がかかると連絡していたとのことなので、
その時点で連絡には「何時から海水注入開始の予定」が
記載されているのが、仕事をする上での常識のはずで、
ここでも、その後の一旦停止とも、首相の「聞いていない」とも
矛盾してしまう。

開始時刻が明確になっていれば、18:00からの政府会議は
海水注入開始までに答えを出さねば意味の無い会議ということになる。

開始時刻が明確でなければ、18:00からの政府会議では、
まずは東電に待つように指示するはずだ。

そもそも、18:00からの政府会議にはFAXを受け取ったとされる
安保院も出席している。



第三に、

東電は、一旦開始した海水注入を、如何なる指示、または判断に基づき
中止したかと言うことだ。

枝野氏の主張にしても、海江田氏の主張にしても
東電は本当に政府の指示も待たずに、勝手に注水を始める程に
急いでいたのであれば、そうとうに危険な状態と考えていたとしか思えず、
わざわざそれを中止してしまう理由がわからない。



第四に、
全体が余りにもメチャクチャ過ぎて、その整理に目が行きがちな為、
忘れられそうだが、当初、安保院も東電も、海水にホウ酸を投入して
再臨界を阻止するよう首相に進言していたと言われているが、
20:20になってやっと再開した海水注入では、ホウ酸は投入されていない。
それは誰が、どのような判断で決定したのか。



この状況をして『矛盾しない』とする枝野氏の頭はどうなっているのか。



呆れて何も言えない・・・
別窓 | 情報操作 | top∧
国民新党 亀井代表 「防護服姿の岡田幹事長にあぜんとした」
2011-05-25 Wed 00:09
Full_Oka

* 産経新聞から抜粋

ワンピースという漫画は、今や国民の大半が御存じのことと思う。

そこに出てくる『天竜人』なる存在がある。
何でも、とてつもなく高貴な存在だとかで、一般人と同じ空気を吸うことも拒み、
外を歩く時は、常に金魚蜂のような物を被っている。

一般人を下等な存在として扱い、馬のように跨って乗り物として扱ったり、
玩具やペットとして扱ったりする。
当然、一般人の命など、高貴な自分達の命の前ではゴミとして扱って当然と考える。

ブクブクと太り、知識も無く、力も無いが、プライドだけは以上に高い。


写真を見て、この光景を普通に感じる人はもはや常人では無い。
これと同じ事を、枝野幹事長も行い、「フル・アーマー枝野」とあだ名された。
その時も感じたが、民主党の議員の行いを見聞きしていると、
彼等にとって一般国民は、下等な存在でしかなく、触れると汚れると思っているのか。
まるで子供達が、貧乏な家庭の子をいじめる時に、汚らしがるのと同様に。

そもそも、この写真を見て、どこに
「風評被害を無くそう」
といった気概が・・・(というにはおこがましい)気持ちの欠片が見えると言うのか。



私は、亀井氏が好きではない。
むしろ嫌いなのだが、
それにもまして、枝野氏も、岡田氏も、酷過ぎる。

(管氏は最初から論外だが・・・)
別窓 | 政治 | top∧
谷垣 自民総裁 「首相の答弁は嘘ばかり」
2011-05-23 Mon 22:39
地震直後の福島第一原発で海水の注入作業を中止した理由に関して、
政府のまとめた報告に、内閣府委員会の斑目委員長が
「名誉棄損だ!」と騒いだ。

そこで政府は簡単に内容を修正してしまった。

何なんだ?
と、いうことは最初に書いてあった
「斑目氏が首相に対して、海水を注入すると再臨界を起こすかも」
と言ったとのことは『嘘』だったということか。
資料とか、記録とかを元にした
事実確認などは行わないのか???


次に、首相も
「止めろといった指示など出していない」と、
今度は、事の根本自体までを否定してしまった。

<政府、首相の関与否定に躍起、政府資料を訂正>
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110521/plc11052122580008-n1.htm

それでは、いったい政府がまとめた地震直後の経緯発表は何だったのか?
あれも違う、これも違うと、
身内である内閣や政府の内部から「嘘だ」「名誉棄損だ」と文句が続出している。
果ては、当の最高責任者である首相までも
まるで他人事のように、政府発表を否定????

と、言う事は実は何も無かったと言うことか?

いや、実際に海水注入は一旦中止され、ベントの開放も遅れた。

再開した3月12日の海水注入では、
東電が主張したとされるホウ酸の投入も見送られている。


・・・・・・

国会は犯人探しのクイズ番組か!



もう、見たくない。

知らなきゃいけないのは判っているが、

外国の人も見ている事を考えると
余りにも恥ずかしくて、
国会中継なんて二度と見たくない。

けど、知らなければならない・・・

非常に、精神衛生上、不衛生だ!




誰が嘘をついているのか。
イヤ、おそらく政府発表の多くが嘘なのは
漏れ聞こえる情報から判っている。

そして、本当のところは大凡想像ができるが、
その内容は、国民一人一人千差万別であろう。

しかし、政府発表を100%信じている人は
おそらく一人もいないのではないか。



これが、今の日本政府の現実なのである。

悲しくて、悲しくて、悲しくて、

いったい誰だ、
「こんな大変な時に、首相を替えるのは良くない」
等と喧伝して、こんな状態を続けさせようとするヤツは。

いったい誰だ、
そんな嘘を真に受けて、
まるで自分の意見のように偉ぶっているヤツは。


この、
まるで幼稚園児が
「僕じゃない! アイツが言ったんだ!」と
嘘で責任逃れをするのと全く同じ状態の国会を見て、
このままで、何か進展すると思うのか!



いったい誰だ、
今頃になって「当時は騙された」と自己弁護したり、
今でもまだ「今度こそ国民との約束を守れ」と現実逃避しているヤツは。

ちゃんと「当時、民主党に投票したのは間違えていた」と反省して、
一刻も早く、今の恥ずかしい状態を止めるべきだ。
別窓 | 情報操作 | top∧
斑目氏 「再臨界の可能性・・・言ってない」
2011-05-22 Sun 15:12
いったい嘘つきは誰だ?

政府と東電の統合対策室は、21日の記者会見で、
地震の翌日、福島第一原発の海水注入作業が中断されたのは
内閣の原子力安全委員の斑目委員長が
「海水を入れると再臨界の可能性がある」
と、言ったからとの経緯説明を行った。

これに対して、斑目委員長は
「言ってない」
と反論。

・・・政府と内閣の責任擦り付け合いになってしまった。

とは言え、政府も内閣も民主党議員の集まりであり、
呆れて、空いた口が塞がらないこちらとしても
何に対して怒りや批判をぶつけたら良いのかも
全く分からなくなってきた。

なんなんだ、この政府(それとも内閣?)はいったい・・・

正直な気持ち、
ホントいい加減にしてくれ!
別窓 | 政治 | top∧
管 首相 「海水注入を今すぐ止めさせろ!」
2011-05-21 Sat 22:32
やっぱり、今頃になって情報が出てきた。
しかし、例によってTVは今でもお笑番組ばかりで、
NHKでさえも、どんなニュースでも
この話題を扱っていない。

何なんだ、この国は・・・


なかなか全てを掲載しているソースが無いので
とりあえず産経新聞の記事をリンクする。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110521/plc11052100440001-n1.htm



問題の一つは、管首相がこれまで自信たっぷりに語っていた
「東電が正確な情報を出さないから、海水注入のタイミングが遅れた」
は真っ赤な大嘘だったということ。
本当は、東電が海水を注入始めたのを
管 首相が
「聞いていない!今すぐ中止させろ!」
と激怒して、海水注入を中止させていた。



問題の二つ目は、政府はその事実を
堂々と嘘で塗り固めて発表し、
堂々と東電が悪いと、責任を擦り付けていたということ。

これに関しては、既に
『東電 = 悪』
のイメージを国民に擦り込むのに成功しているため、例え今更、
実は全て、政府が東電の所為にしていたという真実が出ても、
バカな国民は
「・・・でも、今までの手抜きは・・・」
と勝手に自己弁護して、後は勝手に東電叩きを続けるだろう。



本当に何回も書いているように、
民主党政権の発表に真実の発表なんて無いと思った方が良い。

全ては、民主党に都合のいいように
捻じ曲げられた情報ばかりじゃないか。



日本国内では多くが報道されていないので、
外国メディアの報道に頼るしかないが、
(それ自体が悲しすぎるが)
そもそも民主党政府の発表は、事実無根の大嘘が余りに多すぎる。

尖閣のビデオを限られた議員達だけで見て
「少し擦ったかなという程度」と、嘘の情報を広めようとしたり、

当の船長解放を地検の判断だと嘘ついたり、

その件で中国首相に
「しっかり日本の主張を述べた」と嘘をついたり、

思い返せば、先の日本の恥部であるルーピー首相も、普天間の件で
「クリントン氏も日本の立場を理解してくれた。」
と、嘘の対談結果発表をして、アメリカ政府から
強力なクレームを受けていた。
が、それも日本では小さな扱いだった。



今後、更に3.11以降に政府が国民についてきた嘘が
ボロボロ出てくるであろうが、民主党が政権に就いている以上、
メディアでその嘘が大々的に取り上げられることは無いだろうと思う。

それ以前に、8.30(先の衆院選)以降、
民主党の議員連中は、現行法を超越した悪事を働いているだろうと
想像している。
既に何件か、その悪事の情報が漏れ出しているが、
やっていることの割に新聞、テレビの扱いが
ほとんど無いに等しいことに違和感を持っている人は多いはず。

首相自らが、憲法を犯して、韓国人から献金を受けていたのに
「日本人じゃないことを知らなかったからOKにしょう」
なんて、わざわざ閣議決定して、日本国憲法を無視している。

これが数年前だったら、メディアはどうしただろうか?

絆創膏を貼って会見しただけで、
当の本人を殺すぐらいに大騒ぎしたメディアはどうしただろうか?

漢字を間違えただけで、
人間失格ぐらいの勢いで、首相の資格が無いとののしった、
あのキャスターは、なぜこれだけの憲法無視を黙っているのか。



今、きっと民主党の人々は政権維持に躍起になっていることだろう。
少し前まで、本当に
「如何にして次の衆院選を行わないか」が民主党内で検討されていた。
その理由は、
もし野党に転落すれば、与党の間に行った悪事が公のもとに晒され、
逮捕者が続出してしまうからだろうと想像せざるをえない。
別窓 | 情報操作 | top∧
**/
| 憂久の船 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。