スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
野田首相 「絶対に消費税増税を達成します」
2012-01-31 Tue 06:51
日曜日のラジオで、
  「政治家、ましてや一国の首相が、
    自国民を前に『増税が目標です』と平気で発表する光景の異様さ・・・。
   国際的に見ても、こんな異常な政治家がいるのは日本くらい。」
と、堂々と述べていました。

野田首相は年頭の挨拶でも
  「ネバー、ネバー、ネバー、ネバー・ギブアップの精神で、
    消費増税を達成します。」
と謳っており、先日はダボス会議で消費税を増税することを
国際公約にしてしまいました。

そう言えば、嘉手納移設も、温室効果ガス削減も、TPPも、
 国内での議論より、国際公約の方が先でした。



ラジオでも言っていたように、首相の発表を一般の会社に置き換えると
大企業の社長が記者会見で、
「我が社の今年の目標は、我が社の製品価格を一気に3倍にすることです。」
と言っているようなものです。

普通は材料費を抑えたり、製造工程を効率化する等の努力をして、
それでもどうにもならないので、仕方なく
数パーセントのアップを顧客に許してもらうものです。
最初から胸を張って、製品価格を何倍にもしてしまう経営者なんて存在しません。

全くもってラジオの司会者が言っていた通りです。


日本人は、何をどう間違えて
こんな三流役者みたいな政治家に投票してしまったんでしょうか。


「国民を無視して勝手に首相をスゲ変えるんじゃ無く、選挙をやって信を問え」
   と、言っていたのは民主党です。

「増税なんて公務員改革が終わってからにしろ」
   と、言っていたのは民主党です。

「何をするにも、国会内での議論が十分に熟しきってからだ」
   と、言っていたのも民主党です。

民主党は野党の頃、何もかも単に反対するだけの政党であったように言われがちですが、
上記のようにマトモな事も言っていました。

ところが、当時の自民党は公務員改革も進めていましたし、
国会内での議論にも十分な時間を割こうとしていました。
それをぶち壊したのは、そもそも民主党自体であり、
全ては、何も理解しようとしない有権者を騙くらかす為のポーズだった訳です。
(ホントに楽勝で騙されちゃった訳です・・・)

だから今では

こんだけ最低の首相が続きながら、3代続けて密室政治を続けてますし、

公務員改革どころか、よく批判の対象になる天下りだって急増してますし、

国会で議論したくても、さっさと国会閉めちゃうし、


民主党という政党は、言っている事とやっている事が全く逆なのは昔からで
別に今になって始まったことでは無いのですが、
流石に騙された国民の方がバカだったのだと思わざるをえません。

それをまた堂々と
「自民党政治の悪いところを変えようと、国民は民主党を選択したのに、
  これじゃまるで自民党の劣化コピーだ!」
と、国民に嘘を広めながら、自分達が民主党に誘導した罪を誤魔化そうとしている
メディアの報道の仕方には呆れています。

そして、
「民主党は自民党の悪いところばかり似てしまった」
と、ワイドショーの受け売りしか話せない大人を見ると情けなくなります。

言われているような民主党の悪弊の多くは、自民党の劣化コピー等では無く、
自民党時代に民主党とマスコミが捏造した嘘の情報です。


とは言え、既にテレビの情報だけでなく大手新聞の情報まで嘘にまみれ、
中国並みの言論統制によって、民主党に都合の悪い情報を手に入れるのは
一般の市民にとっては不可能に近い状態で、
一方の国民は真面目な政治ニュースより、芸能ネタやドタバタ喜劇を選ぶ程に劣化し、
何をもって冷静で理知的な国民に戻れば良いのでしょうか。
スポンサーサイト
別窓 | 政治 | top∧
日本政府 「行政刷新会議は廃止」
2012-01-22 Sun 07:17
どこの世界でも頭の悪い人はすぐに、○○会議とか、○○報告書とか
よけいな物ばかりを考えては体裁を整えようとし、
実際の活動は、更に悪化の一途を辿るものです。

私の会社等を例にすれば、
 週報、月報、活動報告、特定ジョブフォロー報告、技術/営業活動報告
 中期活動目標報告、長期活動目標報告、仕掛フォロー報告、と。
これらは1ヵ月間に作成する報告書の一覧です。
(週報は月に4通ぐらいになります)
当然、内容は重複しまくってますので
一部はコピって作ることで手間を省いたりしていますが、
それでも月末になると1週間は報告書作成で終わってしまいます。
それも、週報、月報、活動報告以外はここ3年間で新たに増えた報告書であり、
現在の上司が、自分の部署内の報告書として義務付けたものです。

あまりにも煩雑になり過ぎて、それぞれの報告書で多少食い違う事を書いても
見つからないくらい複雑になってしまいました。



会社の愚痴を言っても仕方が無いのですが、
無能な人間が、無意味な会議や報告の類を作りまくる習性があるのは
先の空き缶(管直人)内閣の時にも、国民は嫌という程思い知ったことでしょう。

この『行政刷新会議』と『事業仕分け』も民主党がパフォーマンスの為に作った、
百害あって一利も無いものの好例だと思っています。

そんなものを、マスコミも一緒になって、

「民主党自体はなかなか当初に国民が期待した通りにはならないが、
 それまで密室で決まっていた事を国民にさらけ出した事業仕分けだけは、
 明らかに民主党の成果だ」

等と、
またしても国民の頭に固定概念を植え付ける事に日夜励んでいる様子。
おかげ様でこの台詞だけは、まるでお経のように
スラスラと唱えられる国民が非常に多くてウンザリしています。


格好付けようと、虚偽の美辞麗句で飾り立てて、
人々を騙くらかして始めた分、この手の会議や報告書を廃止するのは、
真面目に取り組もうとすると非常に厄介なものです。
一つ一つに無駄である理由を付けて、作った当時にそれを認めた人達も含めて
無駄であることを判らせないといけません。

そんな時にまた、無能な人が良く使う手が

『発展的解消』

いい加減、国民もバカとは縁を切った方がいい。

・・・と、言うか、
   やっぱり国民はバカにされているのか。
別窓 | 政治 | top∧
NHK 「武道必修は危険」
2012-01-17 Tue 06:42
またしても「NHKがやってくれた」と感じました。

1月10日のNHKの朝のニュースで、4月から全国の中学校で必修となる武道教育
(柔道、剣道、相撲のうちの一つを選択)の柔道を指して、
過去に死人も出ていて危険だと放送したそうです。

また、インターネットニュースのJ-CAST等でも
「今の武道は『異常な武道』」とか。

著名な武道家も体制や学校側の準備が甘いと騒いでいるとか。


実は私も空手の有段者ですが、いったい今の日本という国は
どこまで甘くできているのでしょうか。
高校の授業では剣道がありました。
大学では柔道でした。

多くはかじった程度ですが、そもそも武道だけでなく、
スポーツ全般にしても、日常生活にしても
完全な安全なんてありません。
柔道での事故人数だけをとって、サッカーや野球での事故と比較もせずに
なんで柔道が危険だと言えるのでしょうか。

私が中学校の時に、バッターの持ったバットがすっぽ抜けて、
近くにいた人の頭部に命中して救急車で運ばれた事件がありました。

近年には、砲丸が命中して死亡した例もあったと思います。



剣道は比較的安全と言われているようですが、
高校の授業では『突き』が禁止されていました。
それでも鍔迫り合いで押されて転ぶなんてのは当たり前でした。
今の高校生では、アザを作った程度でも親が学校に乗り込んできそうです。
私の時はそんな事よりも、ジャージの上に防具を付けた格好の悪さと
先祖代々使われてきた防具の臭さが嫌で、剣道の体育授業は大嫌いでしたが。


相撲は、昔はほとんどの学校には土俵があったと聞きます。
広く一般的に子供達の遊びから、
大人達の祭に至るまで浸透していたようですし、
授業で教えるには良さそうに思えます。
問題になりそうなのはマワシと、男女を分ける必要もありそうです。
しかしながら、ここでも投げられた虚弱児達がポキポキト骨を折り、
メディアの格好の餌食になりそうです。



大学の授業で柔道もやりましたが、最初は正座の仕方から始まりました。
続いて礼の仕方、正座したままの礼の仕方、そして待望の・・・
地味な受け身の仕方を黙々と、何時間もかけて教わりました。
1年やそこらでは、投げ技どころか寝技に入るのがやっとでした。
そしてここでも、痛いとかなんとかより、
ジャージのズボンと道着の上だけというアンバランスな組合せの方が嫌で
大嫌いな授業ではありました。



しかしながら、健全な精神の育成と日本固有の文化を学ぶためというなら
合気道なんてどうでしょうか。
受け身が主体で武道としては非常に安全であり、
精神鍛錬にはもってこいだと思います。
事実、私は合気道の経験はありませんが、
柔道で教わった受け身は、チャリで勢いよくコケタ時なども
確実に役立っています。

弓道も同様に安全は武道で、更に非常にリンとしたイメージが格好良く、
弓道をやっている女性のイメージなんて、すごく憧れたりします。
(・・・話が変な方向に向きそう。)

また、武道でなくても華道、茶道、書道でも
精神鍛錬は可能でしょう。
これなら女生徒さんにも受けが良さそうですが、
できれば特に男女の差なく選択できるといいです。
個人的には茶道は男がやっても格好良いでしょう。

授業には是非とも和服の着方、着こなしも教えて欲しいものです。

日本の文化と云うのであれば、能や狂言も授業には入れて欲しいものです。



ついつい、話は広がってしまいましたが、
何れにしても武道を教えるのは非常に良いことと思います。
私が道場に通って教えて頂いたのは、礼儀や落ち着きが最初でした。
人の話を聞く態度、教えてもらう態度でした。
そして徐々に年齢が上がるにつれ、年下の門下生の練習を任され、
人に教える態度も学ぶことが出来ました。

今の、
  いつもグニャグニャしていて、
  すぐに貧血になり、
  それでいて反抗的で生意気で、
  すぐに泣いて親に言いつけようとする
虚弱児ちゃん達には、一番大切な授業でしょう。

ついでに、同様の親にも教えて欲しいものと思います。


しかしながら、何をするにも危険は伴うのです。
ましてや華道や茶道では無く、武道を教えるのであれば
指導要領をしっかり固めて、教師の研修もしっかりやるべきでしょう。

正直言って、小学生を裸にして写真を取ってコレクションしていたり、
教え子の金品を盗んだり、それどころか
クラスで率先していじめられっ子を作ってしまったり、
そんな教師達に武道を教えられるとは思えません。
教師の資格から検討し直す必要があるかもしれません。

もっとも、華道でも「手を切った!」とか、
茶道でも「火傷した!」とか、言って大騒ぎするんでしょうから、
どんなに指導要領をしっかり作っても、
教師の性根を叩き直してもキリがないのかもしれませんが。



それにしても、道着の洗濯は大変だってこと、
安部元首相は御存じなんでしょうか?
別窓 | 世情 | top∧
マツコ・デラックス 「日本が嫌なら出ていけ」
2012-01-16 Mon 05:44
タレントのマツコ・デラックスさんがK-POOPを支持する韓国人に対して、
「日本が嫌いなら出ていけ」と叫ぶフジテレビの番組宣伝が話題になっているようです。

K-POOPを持ち上げるにしても、蔑むにしても
どっちでもそれを話題にすることが出来るなんて、
テレビ局のブーム作りなんて簡単で良いです。

強引に売り込もうとする時は、タレントに
「韓流最高!、日本なんて・・・」
とイヤになるほど同じ文句を繰り返して垂れ流し、
批判が高まると、反韓流みたいなのも同時に流して、
如何にも『メディアは中立なんだ』みたいな顔を装う方法って
メディアの常套手段ですね。

こんな低級な方法が通用してしまうのも
見る側が、あまりにも何も考えないからでしょうか。

これと全く同じ手法は、民主党の常套手段でもあります。
TPP推進派と反対派を演出しておいて、
如何にも真面目に議論しているような演出をしておいて、
いつの間にか民主党が目指している方向で、何となくシレーッと、
それこそ本当にシレーッと決まってしまっている。

八ッ場ダムも同じ。

消費税も同じになるのかな。


この番組宣伝だけじゃないですが、韓国の音楽がアメリカのパクリだという意見がありますが、
あんまり他国の事を言ってもピンとこないとは思いますが。
日本だってロック、ジャズ、クラッシックと、盛んですし。
先日も音楽に関する話題は書きましたが、
そもそも、どこの国のパクリだろうが、
その辺はあまり気にしなくても良いのではないでしょうか。
音楽は、音を楽しむ物なので
「この音楽は、○○を発祥として全世界に広まった」
といって良いのでは?

(決して後から「本当の発祥は我が国だ!」なんて、卑しい奪い合いをしないようにする前提で)

じゃないと、日本は演歌しか(能とか雅楽も含む?)ダメだと云う事になってしまいます。

ジャズはアメリカ人になるんでしょうか、それともアフリカ人でしょうか。
やっぱり如何にも縄張り争いになりそうな話題です。
別窓 | 世情 | top∧
サーチナ 「劇団ひとりのブータン国王夫妻物まねに非難殺到」
2012-01-13 Fri 04:09
記事引用します。

***********************************************************************
   フジテレビで28日に放映された、
   「笑っていいとも! 年忘れ特大号2011」で、劇団ひとりさんがAKB48の
   秋元才加さんとともに、ブータン国王夫妻の物まねを披露した。
   しかし、これが国王夫妻を侮辱したとして、インターネットを中心に波紋が
   広がっている。

   2ちゃんねるでは、
   「これ、ブータンの人が見たらどう思うだろう」
   「超えちゃいけないライン完全に超えてる」
   「ブータンに申し訳ない」
   「局がどうかしている」
   などと非難の声が上がっている。

   また、ツイッター上では劇団ひとりさんのアカウントにも
   コメントが相次いでおり、
   「ブータン国王のものまねは最低だ。本当にTVは終わってる」
   「フジテレビをはじめ、マスコミは許せない」
   「これは酷い。大人のする事じゃない」
   といった抗議の声も見られた。

   一方、YouTubeやニコニコ動画にも、同番組の動画がアップされていたが、
   現在はフジテレビの申し立てによって、多くは削除されているようだ。

   ブータン国王は親日家として知られ、東日本大震災発生直後の12日には
   日本の被災者のための式典を行い、復興支援として義援金100万ドル
   (約8000万円)を日本に寄付した。
   また11月には国賓として日本を訪れ、福島の被災地の小学校を訪問し、
   子どもたちを激励するなどした。
***********************************************************************
引用終了。

なんでTVは、わざわざこんな最低な、非礼な、日本の品格をおとしめるような
低俗なギャグで、日本を大切に思ってくれる外国の国王をおちょくるのでしょうか。

まるで、
「日本人は、こんな風にブータン国王夫妻を見ているんだヨー」
と喧伝しているような。

なんで私達日本人は、私達自身にこんな酷い濡れ衣を着せるようなTVの存在を
許しているのでしょうか。

日本に対して、最大限の親愛を示すブータンの国王をコケ降ろし、笑いものにし、
代りに
日本を憎き悪魔の国と言い、事ある毎に非難、誹謗中傷を続けてきた北朝鮮の
金正日氏の死亡に関しては、笑顔満面の写真を画面一杯に何回も視聴者に見せつける。

それを、唯々ノホホンと口を開けて享受してきた昔の自分に対して怒りを感じます。


TVが外国資本に乗っ取られようと、自分的にはそれを破棄した事で
この狂ったようなバカ笑いから開放されたと感じています。

しかし親戚の子供達を見ると、あの他人をコケ降ろし、笑いものにするような
低俗な文化は、既に日本人の頭の深部にまで浸透してしまっているようです。
女の子も、男の子も、
大股を開け、指を鼻に突っ込んで変な顔をして、
友人や大人達をバカにします。
そして、大人達はこれを「可愛い」「面白い」と称します。

別に構わないでしょう。
それが、人をバカにした行為で無ければ。

子供達は、このように集団で一人を罵る事でスケープゴートを意図的に作り、
自分に火の子が被ることを避けようとしています。
一人を集団の生贄にすることで、自分達大多数の欲求不満の全てを
唯一人に背負わせる事の簡単さを知っているのです。

これは大人達が、
集団の中でたった一人を殴り壁にぶつけ、おちょくって蔑み、皆で笑ってイジメ倒す
そんなレベルの低いバカ笑いを、
お茶の間に垂れ流し続けた結果ではないかと思っています。

そこから考えると、
あのブータン国王を蔑んだ劇団ひとりさんとAKBの秋元さんの行為は、
決して『表現の自由』などでは無く、明らかに相手を貶める行為だったはずです。



なぜ、TVは日本を支持する外国の国王を卑下する必要があったのでしょうか。

考えられるのは、陰謀でしょうか、嫉妬でしょうか、地でしょうか?


もし陰謀と考えるなら、
先にも書いたように日本人は国王をバカにしているんだと喧伝することで、
好意を抱く人が多い日本の国際好感度を下げることを考えているのでしょうか。

もし嫉妬と考えるなら、
TV局は日本が大嫌いで、ブータン国王が日本を好きだと言ったことに嫉妬して
国王をなじったのでしょうか。

もしそれが地と考えるならば
それは、国王等の貴賓に対する対応を知らない、
知識と教養が足りない人々がTV番組を作っていると考えられます。



やっぱり、TV番組を作っている人達は既に
日本が大嫌いな、日本人以外の人達なのでしょう。
別窓 | バカモノ | top∧
東海由紀子さん 「猪苗代湖ズ、うるさい」
2012-01-06 Fri 05:58
2010年の参院選に自民党から出馬して落選した、元NHKキャスターの東海由紀子さんが
自身のツイッターで、年末の紅白歌合戦に出場した猪苗代湖ズと云うバンドのことを、
「やたら煩いだけで音楽性も無い、震災を口実にした売名行為」と酷評したことから
炎上モードに入っているそうです。

何がどうしてこんな事がクローズアップされるのでしょうか。


東海由紀子さんに対して思うところは、

 曲がりなりにも国会議員を目指す方は、自身の発言の重みをよーく考えた方が良いという
 ことでしょう。
 小生のような名も無い一般人が、欲求不満のはけ口のようにブログを公開しているのとは
 訳が違うでしょう。

 紅白歌合戦等という遊び程度のことで軽々しく発言して、自分の株を下げないよう
 もっと必要なところで、必要な事を訴えた方が得でしょうに。

 また音楽性が云々を言おうにも、東海さん自体も音楽のプロじゃない訳なんですから
 音楽性等と難しいことを言わずに、単に
 「煩いのは嫌い」
 と言うだけで良いのでは無いでしょうか。
 音楽の好き嫌いなんてのは人それぞれで、ある人には煩いだけでも、別な人には感涙に
 値するものです。

 煩いと言うツィートをした東海さん自身、それを書くことで自分の人間性を表現しつつ、
 次の選挙戦までに少しでも自分の名前を広めておこうという『売名行為』の気持ちが
 無かったかというと嘘になるのではないでしょうか。



東海さんを批判する人に対して思うところは、

 どうも、猪苗代湖ズは福島の為に活動しているのに・・・といった批判が多いように感じます。

 私もこの手の音楽はどちらかというと敬遠組ですが、活動して得た利益を全て募金する等は
 素晴らしい行為だと思います。

 ただ少し心配なのは、震災の件に関する批判に対して余りにも過激に反応する人が
 多いように感じることです。
 何か、被災者の人のためとして喧伝して活動する人を少しでも疑うような発言をしようものなら
 人非人のように批難が殺到するような空気があります。

 被災地が今も苦しい状況なのは知っていますが、被災者を踏み台にして儲けようとしている、
 政治家のような人が多い事も事実です。
 (特に民主党の政治家は、基本的に全てがこの手の人達だと思って間違いないでしょう)
 被災地以外に住む人達は、冷静に日常を暮らしつつ、それぞれが少しだけでも被災地のことを
 考えるようにすることが大切だと思います。



紅白に猪苗代湖ズが出場したことについて

 もともと、私は歌謡曲には極度に疎い方ですので、当然のように猪苗代湖ズは知りませんでした。
 (それ以外も、出場者の半分以上は全く知らないのですが)

 どちらにしても余りメジャーな方々では無いようで、選考基準に疑義を投げかける意見もあるようです。
 それが東海さんの思うような「売名行為」に取られたのだと思います。
 しかしながら、無名でも有意義な活動をしている人々をピックアップして多くの人に知らせるのも
 メディアの大切な役割の一つであり、その意味ではこの猪苗代湖ズを取り上げた紅白の選考基準は
 正しかったのでは無いかと思います。

 ただ、先にも記載したように「お涙頂戴」といった売り方はいい加減止めて欲しいと思います。
 いつまでも、震災関連でしか視聴者に売り込めないようなコンテンツは下心が見え見えです。



何れにしても炎上する程の事ではないでしょう。
日本人なんですから、もっと冷静に友好的に対処したいものです。

・・・とか何とか書いている事自体、渦中の中に入っているようなものですが。


注意した方が良いのは、今のように大した話題が無く、メディアが人々の関心を引く為の
下衆な話題を漁っている時です。

こういった時は大抵、裏の方で政府あたりが国民に内緒で何かを進めていることが多かったと思います。


大相撲の八百長問題の時も、

市川海老蔵のケンカ事件の時も、

島田紳助氏のヤクザ問題の時も、


全ては、政府にとって都合の悪い情報を隠すための隠れ蓑でした。

こう言う時こそ、小さな情報でも鋭く真実を見抜けるように
少ない己が知識ですが、俊敏に働かせておきたいものです。
別窓 | 街の声 | top∧
「頭皮が冷温停止」 屋台のおやじさん
2012-01-02 Mon 16:27
初詣客で賑わう富岡八幡宮の屋台のおやじさん曰く、
「こんなに寒くちゃ、俺の頭皮が冷温停止しちまう」

おやじさん、
残念ですが、既に何年も前から停止しています。
別窓 | あっぱれ | top∧
あけましておめでとうございます
2012-01-02 Mon 11:11
年末年始と、私用により更新が滞っていましたが、
懲りもせず再開させて頂きます。



年末には、またしても下らない、ニュースにもならないニュースが
メディアを騒がせていた様子です。

その一つが、大晦日にいきなり出頭してきた
オウム真理教の平田容疑者にまつわるニュースです。

全国指名手配中だった平田容疑者が出頭してきたことは
ニュースとしての価値はあるでしょう。
しかし、逃亡中にどこに住んでいたのか、
誰と行動を共にしていたのか、
生活費はどうしていたのか、
・・・・

なんてことは、警察の方々には調べる必要があっても
国民が知る必要などは感じられません。
そんな事は、それこそワイドショーにでも任せて、
ニュースにはもっと報道しなければいけない事実が
たくさんありそうなものです。

例えば
「平田容疑者は、元信者の女性と一緒にいた」
  - これでは、興味本位の茶飲み話のレベルです。
    ニュースでワザワザ時間を割いて報道するほどの内容には
    思えません。

「それによって、オウム真理教のネットワークが今も健在である事が
 明るみに出た」(これは仮定で書いてますが)
  - ここまで突き止めて報道するのであれば、国民が知る
    必要のある、有意義な情報になりうるでしょう。

ましてや、天下のNHKが、まじめ顔で
平田容疑者の趣向なんて「報道」する必要はないと思いますが。




昨年の師走になって前経済産業副大臣の池田元久氏が発表した、
震災直後の福島第一原発と、バカ管直人の所業の数々にもウンザリしました。

担当に指名されながらも体調不良を訴えて
即刻退場した御仁の話がどこまで信じられるかは抜きにして、
震災直後の管の自己アピールのための異常行動の所為で、
日本を正に「宰相不幸社会」に叩きこんだ事実は
今更、語るべきも無いのでは?

それをワザワザ、今頃になって取り上げてくれたおかげて、
ネットでは
「あそこで、東電を怒鳴ってくれて良かった」
等と、管を擁護する意見が出始め、まるで民主党の支持者が
人々の忘却を逆手にとって、歴史の捏造を開始したかのようです。

この、怒鳴る事を正当化する意見はネットで賛否を呼んでいましたが、
普通に考えたら、一軍の将が怒鳴って良いはずなんて無いのでは?

年末に放送されていた「坂の上の雲」の最終回は、
近年では稀にみるNHKではまともなドラマだったようですが、
そこで、T字戦法の真っ最中に怒鳴り散らす東郷平八郎の絵なんて
誰が想像できます?

最近は、会社生活等でも『怒鳴る事を正当化する上司』なんて
バカが横行し過ぎて、社会常識が完全に麻痺しているように思います。

こんな事は私が私論を展開するまでも無く、どこぞの話を引用した方が
真実味があるでしょうか。
下は、帝国陸軍士官学校が教えていた「統帥綱領」の一節からの引用です。

 - 将帥の具備すべき資性としては、堅確強烈なる意志及び
   その実行力を第一とし、至誠高邁なる品性、全責任を担当する勇気、
   熟慮ある大胆、先見洞察の機眼、人を見る明識、他人より
   優越しありとの自信、非凡なる戦略的識見、卓越せる創造力、適切なる
   総合力を必要とす。

  (板垣英憲氏ブログより)

そう考えると、なんか日本中が幼稚化してしまった気がしてなりません。




更に年明けになって流れてきた情報で
連合(日本労働組合総連合会)が
今年の春闘では、非正規労働者の賃上げを要求するのだとか。

以前のブログにも書きましたが、過去に
非正規労働者が時代の花のように散々パラはやし立てた張本人のマスコミが
今になって、やれ「賃金格差」だとか、「非正規雇用問題」とか

・・・何を言っているのか -と感じます。

就労形態には、それぞれメリットとデメリットがあるもので
非正規雇用にも、好景気であれば企業にも働く側にも
『自由』というメリットがあるのは、当時のマスコミが散々流布した通りです。
不景気になってデメリットが強くなってきたから正規雇用に移せとか、
賃金格差を埋めろ、なんていうのは少し虫が良すぎるような気もします。





そして、海外ニュースでは韓国の昨年の経済成長がすごいとか。
なんでも特に日本の震災復興のための輸出が大幅に伸びたそうです。

そりゃ、そうでしょう。

日本のメディアでは必要な情報を流さないので
ピンと来ない人が多いかもしれませんが、
震災直後の民主党の方針により、被災者のための仮設住宅の材料には
健全だった日本の建材メーカーの材料は使われず、
わざわざ韓国から高い材料を輸入して仮設住宅を作っていたのですから。

日本の建材メーカーが
「俺達の材料を被災者のために役立てて」
と懇願したにも関わらず。

それでなくても、震災で日本メーカーからの供給が一時的に停止した海外市場では
韓国メーカーが、製品の供給を要望する各国の企業の足元を見て、
「今後も我々とだけ取引すると約束しなきゃ、売ってやらない」
と言って、急速に売り上げを伸ばしているのに、
日本政府が、わざわざ日本メーカーを蹴って韓国製品を輸入する必要も無いでしょうに。
(因みに、韓国の企業が日本企業の不幸に付け込む事自体は、当たり前の商行為だと
 思うので、韓国企業が悪いとは思いません)

韓国の躍進を報道しておきながら、そう言った事実も一緒に報道しないから、
NHKは日本の国営放送でありながら、韓国のために放送していると言われるのでは?





年始から話が散逸的です。


年末から年始にかけては、どこのTV局の放送予定を見ても、
芸人さん達のバカ騒ぎばかりが想像できてしまい、
辟易した感じが強すぎたため、全くTVを見る気がせず、
おかげさまでとても静かな年末年始をおくることが出来ました。

港では新年になると同時に、停泊している船が一斉に汽笛を鳴らし始めます。

今年は特に、多くの船が「うちが最後まで鳴らすんだ」とでも言わんがばかりに
深夜の港にいつまでも汽笛が鳴り響き、とても幻想的な年明けでした。

できれば、芸人が無意味なことをギャーギャー繰り返す日本のメディアから、
今年は少しでもマトモなメディアが戻ってくると良いと思います。
別窓 | 世情 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。