スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
読売新聞 「小沢新党に期待しない79%」
2012-06-29 Fri 16:03
 小沢氏が民主党を離れるのかどうかでマスコミはご飯を食べようとしているようですが、読売新聞が小沢氏新党に期待しない人が79%にも上るとの世論調査結果を発表しました。
 マスコミとしてはこれをもって世論は小沢新党に批判的だと言いたいのでしょうが、

 はて、既存政党の支持率って何パーセントでしたっけ?

 6月の時事通信による世論調査結果では、
   民主党   8%
   自民党  13% でした。

 対して、今回の読売新聞による世論調査で小沢新党に期待している人は16%。

 なんだ、報道とは全く逆で国民は小沢新党に既存政党以上の期待を抱いているってことか。
スポンサーサイト
別窓 | 情報操作 | top∧
民主党 小沢氏 「離党は後で判断する」
2012-06-27 Wed 20:35
 はたして、本当に離党する気なんてあるんでしょうか?

 輿石幹事長は「穏便な措置」で済まそうとしているようですが、一方で前原氏などは「断固たる措置」を主張しており、ここでも民主党さんはバッラバラ。

 TPPの時もこのブログで予想したように、「賛成だ」「反対だ」って両方の意見で党内でガタガタやっておきながら、結局は党執行部の方針で決定していくわけで、その最中に党と真逆のことを主張して、自分の党を散々パラ批判してた人達だって誰も離党しないばかりか、お咎めすらも無しというのが民主党の特徴です。
 要はすべては国民を騙すためのポーズであり、民主党からすればそういった囮役をやってくれた功労者を評価さえすれど、罰を与えるなんてありえなかったのが事実でしょう。
 - と、以前に書きましたね。

 なんか今回も同じように推移しており、またしても多くの国民はTVと新聞と民主党に、まんまと嵌められた訳ですか。


 と、思いきや今度は最後のどんでん返しがあるかもしれないと期待しています。

 それは、あの『昼行灯』ガッキーが仕掛けた一世一代の大トラップ(なのかな?)

 もし、民主党がいつもの調子で国民を騙しただけで小沢系議員を穏便な措置で済まそうとすれば、ガッキーは「三党合意を反故にした」と言って、自民党が大勢を占める参院で増税法案の審議を拒否すれば法案は通りません。

 逆に民主党が小沢系を追い出せば、増税法案は参院を通りますが民主党は少数与党となり、その後のやり方によっては内閣不信任案が可決される公算が飛躍的に高まります。

 また何れにしても、国民の反対を無視して増税だけを無理強いした民主党に対する国民の反感は、メディアの情報統制をよそに危機的に高まっていると感じます。いつ民主党議員に対する生卵攻撃が起きてもおかしくないくらいで、次回の衆院選で民主党が第一党になる可能性はゼロでしょう。
(そんな事は世論調査が云々とデマを流そうが、辺りの人に聞きゃ増税に賛成なんて人は皆無ですがな)

 だからといって自民党が躍進するのも難しい状況だったのですが、国民の怒りの対象は民主党と、勝手に三党合意を結んで増税を果たそうとするガッキーに集中しているようです。

 ここで、衆院選の前に自民党が党首交代したら・・・。


 そもそも、「絶対に消費税は上げない」と堂々と叫んでいた民主党と違って、もともと自民党は条件付きながら「増税しましょう」が公約です。
 消費税を上げるのは民主党がやれば『嘘吐き』ですが、自民党がやっても公約通りです。
 自民党は自分達が政権を取り返せれば、後は公約通りに経済対策を優先して、「経済が立ち直ったら」消費税を上げれば良いわけですから。


 国民の知能指数がTVで下げられたうえ、新聞で嘘情報を大量に流し込まれてしまった前回の衆院選では、日本は取り返すことの出来ない貴重な数年を自らの経済を破壊するために使うことになってしまいました。

 この馬鹿げた流れを一気に変えることが出来るかもしれない -

 もし、ガッキーがそう考えて捨て身の一矢を狙っているのだとしたら・・・
 その、昼行灯の男気に期待してみたい気がします。
別窓 | 政治 | top∧
朝日新聞 「沖縄住民は日本軍に虐殺された」
2012-06-27 Wed 15:49
 高校生がいる私の実家では、学校からの推薦で朝日新聞を取っていますが、いったい日本の先生方と朝日新聞を始めとする日本のメディアのオツムってのはどんな構造になっているのでしょうか。


朝日新聞曰く、
*************************************************************************************

 沖縄戦をめぐっては、旧文部省や文部科学省が高校日本史の教科書検定で、日本兵による住民虐殺の記述の削除を求めたり、集団死への「日本軍の強制」を消させたりした。そうした動きに、沖縄国際大学で国際平和を教える安良城米子さんは、教科書執筆者が証拠となる資料に基づいて、沖縄戦の本質を記すべきだという。

 安良城さんは講義で旧日本軍の史料を使う。

 例えば1945年6月15日の「鹿山文書」は旧日本軍による住民虐殺が起きた久米島で、海軍通信隊長が出した文章だ。米軍の投降勧告ビラを持っている者は「敵のスパイとみなして銃殺する」とある。
 住民の証言を裏付ける史料といえる。沖縄戦で軍は住民を守らなかった。
「それどころか、日本軍の軍事作戦で住民が直接に日本軍に殺害されたり、死に追い込まれたりしたことを学生は学ぶ」という。そして安良城さんは、「集団自決」という言葉にも慎重に、と求める。

 県の旧平和祈念資料館の設立理念を記した文には、住民「自ら命を絶ち」という記述があった。だが、2000年に開いた現在の平和祈念資料館では議論の末に「自ら命を絶たされ」に直した。館内の説明も「強制による集団死」に改めた。

 「集団自決」という言葉には国に殉じたものとして賛美し、強制された死を隠す意図があると、地元の人は感じている。

*************************************************************************************


 もし自分が軍人だったら、と想像してみてください。助けを求めてくる自国の国民を虐殺する理由がどこにあるというのでしょうか。自分達のお爺ちゃん達がそんなことをしたと思えというんでしょうか。占領先の住民と言うのであれば「反乱の恐れがあるから」とか屁理屈は付けられますが、自国民を殺害とは・・・。
 もはや、無茶苦茶です。

 そもそも、沖縄戦で住民の被害が出始めたのは「鹿山文書」の後ですし、そんな事が事実なら戦後アメリカ領になっていた沖縄の人達が日本に返還されることを望むはずもないじゃないですか。
 それに、まさか戦艦大和は多大な人的被害を出しながら沖縄県民を殺すために沖縄に向かったとでも言いたいの?

 この安良城さんって人はあちこちに難癖付けまくって「日本人による日本人虐殺」を捏造しまくって、いったい何をしているの。
 まるで、韓国人の従軍慰安婦捏造と同じやり方じゃないですか。
(そういえば、フィリピンのセブ島で日本人を強姦した韓国人は、「日本人は過去に韓国人に同じことをやった!」といって、自分のやった強姦を正当化しているみたい)


 テレビもそうですが、今では大手新聞も生き残りに必死です。

 記事が売れさえすれば例え捏造だろがオカルトだろうが一向に気にしておらず、そこには矜持や良識等は一片の欠片程もありません。
 朝日新聞、テレビ朝日に至っては、日教組と結びついて反日教育をネタに売り上げを伸ばすことが販売方針の様子で、学校の先生が大学入試に有利だからといって朝日新聞を売り込むという商売方法が昔から取られてきました。
 これは昔から公然と行われてきた真っ黒な癒着の一つで、もう何十年も前から学校の先生といえば朝日新聞のセールスマンのようなものでした。この傾向は地方に行くほど顕著なようで、実家の辺りでは現在でも学校をあげて朝日新聞を取らせているようです。

 それにしても、この大嘘ぐあいはいったい何なのでしょう。

 大手新聞の大嘘

 TVの大嘘

 政治家の大嘘

 全ては騙した者の勝ち、騙されたバカが悪いと言わんが如きです。
 今となってはTVニュースを見ている人、新聞を読んでいる人はバカ丸出しにも見えてきます。

 私はTVは最近廃棄しましたが、新聞に至っては数年前から取っていません。その代わりに外国新聞も含めて複数の新聞、その他の情報をインターネットで入手するようにしています。
 これくらいとんでもない大嘘(?)が大手新聞から堂々と出回る世の中では、そうでもしないとまたメディアと民主党みたいな詐欺集団に騙されてしまいそうですから。
別窓 | 情報操作 | top∧
主要メディア 「日本は人身売買の最低基準以下」
2012-06-22 Fri 18:17
 21日の各メディアではこのニュースが大々的に報道された様子です。
 しかし、なぜかその内容は概略だけで、とてもじゃないけど信じられないようなこんなニュースを、何で天下の大メディアが挙って報道しているのか疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

 と、いうのも

 このニュースは、
   韓国人の女性が
   韓国国内で
   韓国人のブローカーに騙されて
   日本の風俗で働かされ、
   それを韓国系団体が見つけ、
   日本のNPOにリークして、
   このNPOが騒ぎたてて、
   米国務省の報告書に載せたもので、

 韓国のメディアがこれを嬉しそうに
   韓国は基準を満たしている、
   日本は基準を満たしていない、
   日本はアジアで最低、

と囃し立てているという、このニュースの出自に関して触れた情報はほとんど開示されていないからでしょう。


 今、日本だけでなくアメリカにおいても韓国系住民が大挙して韓国をアゲアゲするための活動に勤しんでいるようです。日本国内においては既に(形だけ)日本人に帰化した(今も)韓国人が、まるで日本人のような顔をして日本の政治家になり、日本のNPO法人を設立し、日本の生活保護を受けて、韓国に日本を切り売りする活動に勤しんでいます。
 日本人は生活の苦しさに必死に耐えながらその韓国人の為に働き、男性達は韓国人の尻を追い、女性達はヨダレを垂らして韓国人にすり寄っています。
 韓国からくる芸能人は日本では笑顔を振りまき、韓国に戻っては日本人は汚いし臭いから嫌いと平気でコメントしています。きっと「この犬以下の下等生物が!」と心で思っているのでしょうか。


 先のニュースに出てきた日本のNPO法人の正式名称は『ポラリスプロジェクト・ジャパン』というようです。
 人身売買の実態をまとめた年次報告はアメリカの国務省が発表したものです。
 しかし、ここ数年のアメリカ議会における『日本に対する従軍慰安婦非難決議』で活発に活動した韓国系団体の事等を考えると、もしかしたらポラリスプロジェクトも、アメリカ国務省を動かしたのも、日本における風俗店の元締めさえも、全て韓国人ではないかと思えてしまいます。


 そうだとしたら最初から最後まで、全てが韓国人の自作自演?

 そうは思いたくありませんが、やっぱり「嫌なら日本に来るな!」とは言いたいです。




[読売新聞より]日本は「人身売買根絶の最低基準を満たさぬ国」

【ワシントン=山口香子】米国務省は19日、世界186か国・地域の人身売買の実態をまとめた年次報告書を発表した。

 この中で、民主化改革に取り組むミャンマーについて、強制労働の防止策などで「これまでにない改善」があったとして、4段階評価のうち最低評価である「制裁対象」から1段上の「監視対象国」に初めて引き上げた。

 報告書は、ミャンマーは依然、強制労働や女性の人身売買などの問題を抱えていると指摘しつつ、昨年の法改正や被害者支援制度の整備などにより、「今後も改善が進んでいく見通しがついた」と評価した。

 日本については、「外国人研修生制度」が実態として強制労働に近いなどとして、8年連続で上から2番目の「人身売買根絶の最低基準を満たさない国」に分類。混乱が続くシリアは最低ランクに格下げした。




[サーチナより]韓国人留学生が日本で売春を強要、日本は人権後進国=韓国メディア

 人身取引(売買)問題に取り組むNPOポラリスプロジェクトジャパンと移住労働者と連帯する全国ネットワーク(移住連)は20日、日本の人身取引の現状を伝える緊急メディアセミナーを日本外国特派員協会(FCCJ)で開催した。日本国内における売春の実態を告発した。韓国の複数のメディアが報じた。

 韓国メディアは、「アルバイトを探していた韓国人留学生、結局は売春まで」「日本の人身売買の最多被害は韓国人女性」などと題し、日本で強制的な売春に苦しむ被害者を助ける非営利団体、ポラリスプロジェクトジャパンが東京で記者会見を開き、被害女性たちからのメッセージを公開したと伝えた。

 同団体の発表内容の中には、留学生など、韓国出身の女性らが売春に強制的に動員されている実態も含まれていた。

 韓国人ブローカーにだまされ、上野でデリバリーヘルス(出張売春)を強要された韓国人女性の場合、売春をするほど借金が増え、住んでいたアパートには、逃走防止用の監視カメラまで設置されていた。この女性が救助を要請した際には、骨盤腹膜炎で出血し、何も食べず、ベッドから起きることもできないほど衰弱した状態だったという。

 同団体は、被害女性たちが日本の警察に申告しなかったのは、日本当局が外国人売春女性を保護しないことを知っていたからであり、日本には包括的な人身売買対策法がなく、人身売買による被害者を保護するための避難所や、ホットラインを開設していないためであると指摘。

 韓国メディアは、米国務省が同日発表した世界各国の人身取引の実態をまとめた「人身売買実態(TIP)報告書 2012」で、韓国は人身売買の被害者保護に関する最低基準を満たしている「第1階層」に分類されたが、日本は12年連続で人身売買を防止するための最低限の基準を満たしておらず、カンボジアやインドなどと同等の「第2階層」に分類されたと紹介。主要8カ国(G8)諸国の中で、2等級は日本だけだと指摘した。

 女性の人権後進国の日本で、人身売買の被害を最も多く受ける外国人女性は韓国人であり、ポラリスプロジェクトジャパンの藤原代表は「日本政府は1日も早く、人身売買禁止法案を作るべき」と強調した。
別窓 | 世情 | top∧
東電事故調 報告書 「管氏の知人の提案は」
2012-06-22 Fri 09:07
 ローマ時代の格言に「パンとサーカス」というものがありますが、現代メディアが好んで扇動する『袋叩き』はサーカスにあたるのでしょうか?

 東京電力の社内事故調査委員会がまとめた最終報告書に対するメディアの好意的な発言は皆無に等しい状態です。
 「官邸が、官邸が、と責任回避ばかり」とか、「際立つ責任転嫁と自己弁護」とか。格好のカモを見つけた政治家も一緒になって一斉に東電叩きでお祭り騒ぎを起こそうとしているように見えます。

 ただ、あんまり話題に上がっていませんがこの報告書で出てくる当時のキチガイ首相の傍にいた『知人』って誰?
 報告書では地震発生の翌日、生まれてこなきゃ良かったバカ元首相は福島第一原発の吉田所長に電話して、現場作業を邪魔しまくった挙句にこの『知人』と換わったと言います。そしてこの『知人』は現状を無視して己が知見を提案しまくって、またしても数十分に渡って現場作業を邪魔しまくったとか。
 数十分って、普通は50~60分を指すのでは?

 それって、あの状況下にあって、1時間近くも偉そうに能書きをたれて邪魔したってこと?

 全てが負の連鎖のような状況ですが、東電の報告書も、下衆の代表みたいなマスコミさえも一貫して実名を上げないことから、この『知人』なる人は本当の一般人なのでしょう。
 けど、そもそもあの非常事態になんで官邸に一般人を連れ込んでいたんだ、あの今でさえ生きている事自体が申し訳ないはずの元首相は!


 それにしても何ででしょうか。

 なぜかトラブルとか事故とかになるとノコノコトしゃしゃり出てきて偉そうに能書きを垂れ、現場を引っ掻きまわしてでも自分の立場に箔を付けようと振舞い、それでいて現場が混乱すると誰かの所為にして逆切れして逃げ散らかす、そんな邪魔者って偉い人になるに従って増えていくように思います。

 最近は会社の中でもこんな自称「偉い人」が大半ですが、日本国民にとって不幸だったのは、未曾有の大災害においてそんな害虫が2匹も官邸にいたってことです。
 1匹は、最初に官邸に住みついた害虫に誘われて入り込んだ害虫でしょうが、そもそも最初の害虫を事もあろうに官邸に住めるようお膳立てをしてあげたのは日本の国民だった事実は忘れてはいけないと肝に銘じているつもりです。(そもそも民主党の議員さん全員が害虫だという意見もあるかもしれませんが)

 ともすると怒りの矛先は、あの地面に張り付いたチューインガムのように憎たらしい元首相だけに向かいそうですが、あの時に単なる一般人の立場のくせに、奴と一緒に官邸で偉そうにクダを巻き、現場を大混乱に陥らせ、水蒸気爆発に対する対処を遅らせて大爆発の原因を作り、ひいてはその後のメルトダウンを発生させ、最終的には人類が経験した事の無い大災害であるメルトスルーにまで至らしめたにも関わらず、その後は何の責任感も無く知らん顔で通しているのは、その『知人』さんです。

 [メルトダウン]
   制御不能になった核燃料が自らの熱で溶融して、圧力容器の底に溶け落ちること。

 [メルトスルー]
   溶融した核燃料が更に圧力容器も溶かしてしまい、格納容器にまで達すること。


 比熱の低い日本人は、福島原発の問題を既に意識の外に弾きだそうとし始めたようにも思え、今では電気代のアップと、反原発の騒ぎくらいにしかその片鱗を見る事はできないような状況になってきました。
 それでも、当時の害虫2匹が作った将来の日本に対する巨大な足枷は、今も予断を許さない状況から変わっていないのが事実です。

 この『知人』なる人に、あの廃品回収業者の方でも回収を断る元首相より少しでも普通の気持ちがあるなら、匿名でもいいから謝罪の言葉を発表して欲しいと思っています。
別窓 | 世情 | top∧
大韓航空 「原始的エネルギーに満ちた先住民」
2012-06-21 Thu 16:53
 この度就航する大韓航空のケニア直行便に対する広告が、ケニア国内で問題になっているそうです。

 曰く
「大韓航空でナイロビに飛び、雄大なアフリカのサバンナやサファリツアー、原始的エネルギーに満ちた先住民を楽しもう」

 ケニアの人々は侮辱されていると怒り、それに対して大韓航空は謝罪しましたが、その中で韓国語から英語への翻訳でミスがあったと述べたそうです。
 いったい、韓国語ではどんな原文だったのか?
 是非とも見せて頂きたいものですが、はたしてこれを対岸の火事として見ていいのかというと少々異議があります。


 別に大韓航空の肩を持つつもりはないのですが、20年くらい前まで日本に於いてもアフリカ等の現地の人々を日本で芸能デビューさせて、裸で踊らせたり、変わったリアクションを取り上げたりして楽しんでいました。また、優れた身体能力を披露させて視聴者を誘った番組もありました。
 これらの番組に対しては、もともと本人が侮辱されたと感じていた訳でもないし、彼らの出身地では考えられない大金を手に入れてその後の人生を楽しんだのなら良いだろうという意見があると思いますし、それに対して私も反論する気はありません。
 ただし、そういったタレントさん達を面白おかしく見ていた日本人の側に卑しい心が無かったのかというと、必ずも胸を張れたもんじゃないと思います。

 先に文明を手にした人種は未開の地に住む人種を「原始的」「野蛮人」と見るむきがあるのは歴史が証明しています。それが酷くなると「下等」という見方になり、行き着いたのが奴隷制度では。
 人間は地球上に生きる生物界ピラミッドの頂点に位置していますが、人間自体がピラミッド型の世界を構成しており、常に階級社会に晒されています。上層に生きる極一部の人間と、それ以外の膨大な量の大衆という構成は覆す事が出来ない現実であり、私達は犬猫に生まれなかったことを喜ぶと同時に、極一部の上層に生まれなかったことを心の底で悔しんでいるのが現実ではないでしょうか。
 本当は上層には上層なりの苦労があり、下層(平民)には下層の苦労があるのでしょうが、隣の畑は青く見えるのが人の常というもので、そのままでは私達のような平民の心は平穏を失ってしまうので、普通の時は『人間は皆、平等』という自己暗示をかけて雲の上に住まう人間がいることを忘れようとし、またある時は妬みになって、まるで餓鬼の集団のように上層の人達を引き摺り下ろそうとします。
 そしていつの時代でも、上層の人達は平民の妬みを逸らすために更に下の階級の存在を必要とします。

 奴隷という身分階級を必要としたのは、大衆の力で王政が倒されるのを経験した資本主義社会の支配層でした。
 また、江戸幕府は士農工商の身分制度の下に『非人(ひにん)・穢多(えた)』をおいて農民達の不満を和らげたと言われています。

 現代におけるそういった大衆の欲求不満の解消が、文明が未発達の地域に生まれ育った人達に対する偏見で無いと言えるのでしょうか。


 韓国人の気質は、韓国より貧しい国の人達をまるで人非人として扱うとよく言われ、今回の大韓航空ケニア便のキャッチフレーズはそういった韓国人の持つ差別意識をスーパー弩直球で表してしまったものでしょう。
 こういった韓国人気質は日本ではよく韓国批判の対象になりますが、じゃぁ、民主主義が発達した現代の日本人にはそういった差別意識は無いのかというと怪しいもんです。
 テレビ番組は昔も今も変わらずに人々の卑しい気持ちを巧妙に掻き立てていますし、『差別』どころか『いじめ』だって最近の漫才人に占拠されたバラエティーの中では堂々と正当化されています。


 やっぱり他人を指摘するからには、自分達民族の内面も磨かないといけません。
 周りから集中砲火を浴びる一人の芸人を見て喜んでいるようじゃ、その芸人が例えどう思おうが、自分は所詮下衆な笑いで満足する操作される側の人間だと自覚しなきゃいけません。
別窓 | 世情 | top∧
産経新聞 「韓国は日本の支配を受けるという憂き目にあっている」
2012-06-21 Thu 16:29
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120619/kor12061903180001-n1.htm

 私は日本が韓国を『支配』したと言われると、何となくピンときません。
 支配という言葉の意味を考えると、今の日本のテレビや韓国が言うような、日本政府による力による強引な韓国の征服を想像し、まるで人権を無視した奴隷のような扱いをしたように思えてしまいます。

 私が知る歴史では、当時の列強による暴力を恐れた韓国が日本に保護を求め、伊藤博文等の反対を押し切って日本の中央が韓国の併合を勧めたとなっています。
 日本政府は韓国を日本の一部として扱うよう努め、インフラを整備し、教育制度を整え、行政府を整備し、それが戦後の韓国の飛躍的発展の礎になっていると思います。

 はたしてそれが「支配」だったのか、「保護」だったのか、その認識は個々人が受けた教育やその後の情報収集で異なるとは思いますが、日本のメディアがシャァシャァと『支配』とは・・・。
 情けないとしか、言いようがありません。

 それ以外にも、この産経新聞の記事では反日活動の中心人物を『知日派』の歴史学者と言ってみたり、

 なんか少しずつ、ズレているゾ。
別窓 | 情報操作 | top∧
小沢氏の奥様 「自分の為に国政を動かそうとする男を手伝ったことを恥じています」
2012-06-18 Mon 16:30
 興味のある方は早めに下記のURLで全文をコピーしておくことをお勧めします。

小沢一郎「妻からの「離縁状」全文 週刊文春6月21日号
http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/d3a715f00d53f27600ebf9015d83face

 最初の行は離婚するに至った経緯が主なので、その辺の記載を割愛すると以下のようなものです。


[以下、小沢氏の(元)奥様の手記]

 三月十六日の朝、北上出身の第一秘書の川辺が私の所へ来て、「内々の放射能の情報を得たので、先生の命令で秘書たちを逃がしました。私の家族も既に大阪に逃がしました」と胸をはって言うのです。
 あげく、「先生も逃げますので、奥さんも息子さん達もどこか逃げる所を考えてください」と言うのです。
 福島ですら原発周辺のみの避難勧告しかでていないのに、政治家が東京から真っ先に逃げるというのです。
 私は仰天して「国会議員が真っ先に逃げてどうするの!なんですぐ岩手に帰らないのか!内々の情報があるならなぜ国民に知らせないか」と聞きました。
 川辺が言うには、岩手に行かないのは知事から来るなと言われてからで、国民に知らせないのは大混乱を起こすからだというのです。
 国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです。
 私は激怒して「私は逃げません。政治家が真っ先に逃げ出すとは何事ですか」と怒鳴りました。
(中略)
 小沢はその後は家に鍵をかけて閉じこもり全く外に出なくなりました。復興法案の審議にも出ていません。
(中略)
 二日遅れで届いた岩手日日には三月十五日国会議員六人が県庁に行き、知事と会談したとありました。
 彼らに一緒に岩手に行こうと誘われても党員資格停止処分を理由に断っていたこともわかりました。知事に止められたのではなく放射能がこわくて行かなかったのです。
 三月二十一日「東京の水道は汚染されているので料理は買った水でやって下さい」と書生が言いに来ました。しかしそのような情報は一切発表されていませんでしたので、私が「他の人と同じ様に水道水を使います」と言いましたら、それなら先生のご飯は僕達で作りますと断ってきました。
 それ以来、書生達が料理をし、洗濯まで買った水でやろうとしていました。東京都が乳幼児にはなるべく水道水を避けるようにと指示したのはその二日後です。すぐにそれは解除になりました。
 三月二十五日になってついに小沢は耐えられなくなったようで旅行カバンを持ってどこかに逃げだしました。去年、京都の土地を探していたようですのでそこに逃げたのかもしれません。
 その直後、テレビやマスコミが小沢はどこに行った?こんな時に何をしているかと騒ぎだし、自宅前にテレビカメラが三、四台置かれ、二十人位のマスコミが押しかけました。それで、あわてて避難先から三月二十八日に岩手県庁に行ったのです。
 ご存知のように被災地には行ってません。
 四月に入ってからも家に閉じこもり連日、夜岩手議員を集めて酒を飲みながら菅内閣打倒計画をたて始めました。
(中略)
 この大震災の中にあって何ら復興の手助けもせず、放射能の情報だけが欲しいというのです。
 本当に情けなく強い憤りを感じておりました。実は小沢は、数年前から京都から出馬したいと言い出しており後援会にまで相談していました。
 もう岩手のことは頭になかったのでしょう。

 こんな人間を後援会の皆さんにお願いしていたのかと思うと申し訳なく恥づかしく思っています。
 更に五月には長野の別荘地に土地を買い設計図を書いています。
 多くの方々が大切なご家族を失い何もかも流され仮設住宅すら充分でなく不自由な避難生活を送られている時に、何ら痛痒を感じず、自分の為の避難場所の設計をしています。●●●という建設会社の話ではオフィス0という会社名義で土地を買い、秘書の仲里が担当しているということでした。
 天皇・皇后両陛下が岩手に入られた日には、千葉に風評被害の視察と称し釣りに出かけました。
 千葉の漁協で風評がひどいと陳情を受けると「放射能はどんどんひどくなる」と発言し、釣りを中止し、漁協からもらった魚も捨てさせたそうです。風評で苦しむ産地から届いた野菜も放射能をおそれて鳥の餌にする他は捨てたそうです。
 かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく、自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています。
     小澤和子
[以上]


 1年ほど前、たまたま乗ったタクシーの運転手さんが岩手県の出身だとかで、こんな国難の時こそ小沢氏のような実力のある政治家が必要なのだと力説されたことがありました。その運転手さんは今、どんな思いで今回の報道を聞いているのでしょうか。

 所詮、放射能が怖いかどうかなんてことは幽霊が怖いのと同じで、怖い人は怖いし、怖くない人は怖くないものじゃないかと私は思っています。

 けど、政治家として一般の国民を押しのけても自分だけは助かろうとする姿勢は如何なものでしょうか。

 公に発表される前の情報で自分の利益だけを考える姿勢もいけません。この分だとインサイダー取引なんかもしたい放題だったのだろうと勘ぐってしまいます。

 洗濯までミネラルウォーターでする必要は無いと政治家が言っているにも関わらず、自分は大金に物を言わせてミネラルオベベを着ていたのも、嘘付きっ! って思います。

 民衆のことなんかそっちのけで勝手に逃げて、出てこなかったのもいただけませんし、それを党員資格停止中だとか、知事から断られたとかの嘘で逃げているのも、余りにも小者です。

 風評被害に苦しむ人達に対しても、地元の支持者に対しても、余りにも不誠実で、自己中で、怠け者です。

 先ほどのタクシーの運転手さんじゃないですけど、小沢氏を良くも悪くも大政治家のように煽ってきたメディアの方々としても、まさか小沢氏がこれほどの小者だったとは思いもよらなかったのではないでしょうか。
 正直言って海外の新聞でも時折、小沢氏を『剛腕』と讃える記事があったくらいですから、まともな判断力の無い国内新聞じゃ仕方ないのでしょうけど。

 結局のところ、なんかイメージ的には漫画に出てくる『やられ役の悪徳政治家』そのものになっちゃいました。


 けど、今に至って小沢氏の弁護をする訳じゃありませんが、民主党の議員と云えばどいつもこいつも、震災があろうが何があろうが、国費で海外ゴルフをしまくり、法律無視して魚釣りをし、議員会館を売春宿代わりに使うなんてのも当たり前で、そんな中では小沢氏もごく普通の民主党議員というだけじゃないですか。
 所詮は、またしてもメディアが美化し過ぎていただけのこと。


 ただ、奥様の文面はどうも夫婦喧嘩の延長のようにも読めて、なんか身に痛いものを感じてしまうところも小沢氏がごく普通の小者で臆病で怠け者で自己中な、たんなる厄介者の近所のおじさんと同じに見える理由でもあるのかもしれません。

 いづれにしても、今、私達が必要とする政治家の器じゃないのね。
別窓 | 政治 | top∧
鳩山氏 「考えが転倒してしまっている今の政権」
2012-06-14 Thu 16:59
 最近、政治ネタというと常人の想定を超越したバカな話ばかりで、正直言ってかなり食傷ぎみでした。そのため、できれば次こそは心温まる話や、感動した一言をネタにしたいと思っていましが一向に出てきません。

 仮にも日本の大使である丹波中国大使の
 「日本は変な国」
 「日本の国民感情はおかしい」
 「尖閣購入は日中関係に危機」
 「もっと中国にODAを」   なんていう、自分(伊藤忠商事)の商売のためなら国益なんか屁の突っ張りにも感じない発言も、日本の首相でありながらそれをかばっちゃう野田首相の言葉もスルーしたのはそのため。

 存在自体が悪意の固まりのようなバカン前首相の
 「原発無くても日本は平気」  なんていう、それが合っていようが間違えていようが、コイツの口だけは焼けた五寸釘を目一杯つっこんでやりたいような発言も我慢しました。

 ましてや、新興宗教の教祖様みたいな大阪市長の
 「国政進出しない可能性」   なんていう、さんざんぱっら煽っておきながら、やっぱり右だか左だかハッキリさせないで、もう少し混乱させて人気を上げたれ - みたいなお言葉も放っときました。

 民主党ブームの中、群馬県桐生市の人達が自分達の代表として選んだ民主党公認、庭山由紀市議の
 「放射能汚染地域の人の血」
 「うんこたれ」
 「クソ教育委員会」(これは本当かも・・・) といった、何故か大便が大好きと思われる発言に関しても、それが桐生市民の代表なんだろうと見ない振りをしていました。

 中国が北朝鮮に武器を売っている事に対する外務省の
 「いろいろな可能性があるから調査中」  なんていう、何ヵ月調査するつもりなんだか訳わっかんないスットボケた発表だって、安全保障絡みなのでいろいろあるにしてももう少し気の利いた言い方があるだろうくらいで自分に納得をつけて、ひたすらポジティブな言葉を待ち続けました。


 けど、
 またしても鳩ポッポが先に呟いてしまいました。
 曰く、鳩ポッポが野田首相と小沢氏の掛け橋になりたいのだとか。
 野田政権の事を『考えが転倒している』と、自分の考えはまるで転倒していないかのような勘違いで自党の政権をコケ降ろしておきながら、その転倒している政権と普通に話そうと思うところが宇宙(そら)から目線過ぎです。
 ポッポは、民主党内に党を壊したい勢力があるとか言ってましたが、そもそも野党までもが賛成しようとしている消費増税にも反対、原発再稼働にも反対と、同じ民主党のくせに野党以上に方針が真逆で、普通の人からすれば、何で同じ政党なのかの方が疑問でしょう。

 今更、議会制民主主義における政党の存在理由など、お頭のよろしいポッポさんに言う事じゃないかもしれませんが、もしかするとあまりにも頭が良すぎてネジが500~600本くらい吹っ飛んじゃっているのかもしれません。
 主義主張が異なるのに政党が同じである方が異常なんですよ。


 きっと、鳩山氏のシナプスは異次元を経由して連接しているに違いない。
 いや、もしかしたらこの人は、一度ブラックホールに飲み込まれてグチャグチャになった後にブラックホールが消化不良を起こして、ホワイトホールから吐き出そうとした時に適当に再生されてしまった宇宙人の成れの果てかもしれない。

 そうだとしたら私達は、そんな珍妙な生物がこともあろうに我ら日本のトップ付近にいるという、もしかしたら歴史に残る時代を直に見ているのかも知れません。
別窓 | バカモノ | top∧
城繁幸氏 「時限発火式ナマポ爆弾」
2012-06-11 Mon 19:05
 久しぶりに本格的な世論誘導の典型例を見つけましたので、全文を転記します。
 皆さんは、この文章にいったい幾つの悪意の誘導を見つける事ができるでしょうか。
 さぁ、実力判定テストの開始です。



[以下、転記]

 芸人の母親が生活保護を受給していた問題に端を発する「有名人親族による生活保護受給問題」は、その後、芸人以上に浮き沈みの激しい政界にも波及。複数の議員の親族に生保受給者が発覚したことにより、この問題は国を挙げての大論争となった。

 「有名人なのに親を養わないなんて、けしからん!」道徳心に富み(他者の)不正を憎む国民の怒りは野に満ちた。

 そんな中、野党第一党である自民党は「生活保護不正受給の徹底した取り締まりと、親族扶養義務の厳格化」を掲げ、総選挙で大勝。この運動の提唱者であった片山さつき厚生労働大臣のもと、ついに国は、「一定の年収がある人が3親等内の親族がいた場合、原則としてまず親族が扶養すべし」
という形で生活保護法改正を実現した。それまでは基準のない倫理規定に過ぎなかった扶養義務を、明確な基準と共に明文化したわけだ。
目安としては、年収600万円というラインが設定された。当初は年収1000万円以上が想定されたものの、「そんな基準に設定したら、ほとんどの国民が対象になってしまう」という厚労省の強い反対によって、サラリーマンの平均賃金に近い水準が採用されることとなった。

 「よっしゃあ! 吉本ざまぁ!」 生活保護法改正のニュースに、32歳会社員の山本君は、部屋で一人ガッツポーズを決めた。彼も、ネットで吉本たたきに熱を挙げた一人だ。テレビに出ているだけの芸人が、自分の何倍もの年収を貰えるのは許せない。まず親族が面倒をみろ。一族の家でも車でも売り払え。それでも無理なら、税金で面倒見てやってもいい。それが彼の持論である。
 「あーすっきりした。これで寄生虫どもも一掃だね」

 ただ、実際にはこのニュースは世界では驚きを持って伝えられた。「成人に対して親族による扶養義務化だって? オゥ、ジャパンは相変わらずクレイジーだ」先進国で成人後の大人の扶養義務を国民に課している国は日本くらいだ。ビル・ゲイツの親兄弟だって、生活に困ったら公的扶助を受けられる。成人したら完全に個人として扱い、そのための原資は所得に応じてみんなで負担する。それが近代的社会保障の原則であり、他国はそうやって古い社会から開かれたオープンな社会へと進化してきたのだ。そんな中、まるで戦前に先祖返りするかのような日本の決定は、他国からは奇異の目で見られた。とはいえ、山本君のような国民の多くは、そんなことも知らぬまま、有名人が謝罪会見を開くたびに歓声を上げて騒いでいた。

 やがて社会はゆっくりと、だが確実に変わり始めた。親兄弟が貧乏であることは重大なリスクだ。リスクは排除しなければならない。女性誌は堂々と「親族に生活保護受給者がいるオトコの見分け方!」という特集を組むようになった。実家が貧乏だったり、兄弟姉妹にニートや引きこもりがいる人間は結婚対象外だ。
 大企業も、社員の働きぶりに影響が出ることを恐れ、面接時に親族の生保受給者を調べるようになった。結婚相手や求職者の身辺調査が一般的となり、興信所はかつての活況を取り戻しつつあった。結局、実家が貧乏な人間は結婚も就職もしにくい社会になった。
 もっとも、お互い貧乏人同士なら、相手の親族に生保受給者がいようがニートがいようが気にする必要はない。上流家庭出身者は大企業に入って同じ階層出身者と結婚する一方、貧乏家庭出身者はブラック企業に就職し、同じように貧乏な人と結婚するようになっていた。社会には目に見えない壁ができつつあった。

 さて、時は流れて2030年。山本君もいまや50歳のいいオッサンになっていた。2人の子どもも順調に育ち、家のローンも終わりが見えてきた。順風満帆の人生と言っていい。そんな彼のもとに、役所からある日1通の督促状が届いた。
 「貴殿のお兄さんが生活保護を申請され、本人に生活能力がないと判断、今月から支給がスタートしました。つきましては唯一の3親等内親族である貴殿には、お兄さんの扶養経費の補助として、これから毎月10万円ほどを納付していただきます」
 2歳年上の兄は、ずっとフリーターとして暮らしていたはずだが、もう10年以上会っていない。慌てて役所に電話した山本君に対し、役所の職員はそっけなく答えた。
 「年収500万円以上の親族は扶養できない特別な理由が必要なのです。あなたは昨年度の年収600万円の正社員で、マンションの資産価値および預金残高からも、十分な扶養能力ありと判断した次第です」以前なら、子どもが2人いれば年収1000万円未満の人間なら扶養義務は免除されたらしいが、財政危機が顕在化する中、自治体は裁量的に運用基準を引き下げていた。

 「し、しかし……」
 「支払っていただけない場合、会社に差し押さえの通知が行くことになりますが、よろしいんですね?」
 「わ、わかりました……」
 日本中で、同じことが起きつつあった。

 日本の年金制度はサラリーマンを中心に設計されているため、非正規雇用労働者が職にあぶれ出す50代以降、彼らの多くが生活保護に殺到するだろうという予想は、早くから多くの識者がしてきたことだ。だが、年金制度の一元化等、抜本的改革に反対する自民党が政権復帰したことで、この問題は放置された。もっとも、今にして思えば、親族扶養義務化が彼らなりの対案だったのかもしれない。また、団塊世代の親が亡くなったニートも、続々と生活保護に流入し続けていた。もちろん、最優先でその費用を負担するのは、彼ら自身の兄弟姉妹である。高齢フリーターやニートによるナマポ申請の波は「親族の扶養義務」という防波堤に阻まれ、彼らの家族のもとに流れ落ちていった。
 本来は、もっと早い段階で、年金制度の一元化や積立方式への移行等、社会保障制度自体の持続可能性を高める抜本改革に着手しつつ、そこから古い「家制度」の名残を一掃しておくべきだった。そういった抜本改革をやらないまま、芸人叩きでお茶を濁した結果がこれである。いうなれば、山本君は「20年後に大爆発する時限発火式ナマポ爆弾」を自分で自分にセットしたようなものだった。もちろん、元々バリバリの上流家庭出身の片山、世耕両議員は、ナマポ爆弾なんてものとは無縁の余生を楽しんでいる。

 ところで「親族の扶養義務強化」によって、不正受給者は減っただろうか。不正受給率0.4%という数字自体は横ばいのままだ。当たり前の話だが、もともと収入のある親族がいたからといって生保受給するのは違法でも何でもないのだから、そこを締めあげて不正受給が減るわけがない。
 こっそりバイトをしつつ受給する人間、他人名義に変えたマンションや車を持ちつつ受給する人間、裏社会で仕事をしつつ受給している人間など、本物の不正受給者たちは、ホッと胸をなでおろし、その後も平和なナマポライフを謳歌している。

 彼らにとって、有名人の親族絡みのドタバタは、問題の本質から目をそらしてくれる格好の煙幕になったわけだ。

 そうそう、不正受給自体が減らなかった一方で、一つだけ増えた数字がある。自殺者数だ。

 「子どもさんや兄弟はいらっしゃるんでしょう? でしたら、まずはそちらに相談してください」という強力な武器を、行政は惜しみなくフル活用した。
 もちろん、不正受給者や平気で戸籍を抜くような図太い人間は自殺なんてしない。自殺するのは、常識のある人や気弱な人、そして子どもに迷惑はかけられないと思うごく普通の日本人である。

 結局、山本君は嫁と相談した結果、下の子どもを大学に進学させることを諦めた。もともと勉強のできる子ではないから、本人も納得している。でも、もしこの子が将来フリーターになって、50代になって生活保護を申請したとしたら……。長男はその重みに耐えられるのだろうか。日本中で、貧乏が再生産されつつあった。

 「これじゃあ、おちおち子育てもできないな。だいたい、生まれによって人生の選択肢が決まってしまう社会なんておかしいよ。国は親族に頼らなくても済むような新制度を早急に作るべきだ」
 話を聞くだけだった嫁が、ぽつりとつぶやいた。「でも、それって昔の生活保護制度と何が違うの?」

[転記終了]
http://www.j-cast.com/kaisha/2012/06/04134359.html?p=1




 では、答え合わせといきましょう。


1つ、  話題になっている芸人さん達の問題は不正受給です。

 最初にこれを言ってしまうとつまらないのですが、余りにも低俗な誘導なんで最初に指摘しておきます。今、話題になっているのは『不正受給』言わば『詐欺事件』です。やれ、親族の面倒は・・・と、TVの全力を挙げてバカな視聴者の目を逸らす事に必死になっていますが、吉本の芸人さん達は故意に法律の網を縫って、不正に生活保護費をかすめ取っていたのです。
 そうすることで、彼等は5000万円の年収を受けながら、毎年家族でビジネスクラスを使って海外旅行をしまくり、ポルシェを乗りまわしていたのです。
 TVはこれを「親族を扶養する義務だなんて、変だ」と、議論を完全にすり替えてしまっています。


1つ、  近代社会では家族を扶養しないって・・・

 やれ、『近代社会補償の原則』だとか、『ジャパンはクレイジーだ』とか妄想をさも本当に言われたみたいに書いてみたり、親族を扶養することを『古い社会』だとか、『戦前に先祖返り』と言ってみたり、挙句の果ては『他国から奇異の目で見られた』ですか。
 散々な言い様ですが、家族を扶養する行為は悪い行為なんでしょうか。
 確かに今の日本人は自己中心的ですから、ワザワザ自分で稼いだ金を親類の為に使うなんて奇特な人は天然記念物ものでしょう。しかし、腐った日本人と違い、道徳のシッカリした欧米ではボランティア活動も活発です。ビル・ゲイツ氏を例に出すまでも無く、自分が築いた資産を恵まれない人々の為に使うような人が、恵まれない親類を放っておくとは思えませんが。普通の人でも、それこそ普通に助け合っています。
 むしろエセ・ボランティア精神しか知らない日本人は、名声欲しさに親類よりも知らない人への寄付を優先するかもしれませんね。
 本当に考えるべきな事は、城氏が言うような『古い家族制度の一掃』どころか、家族制度に代表される、日本人が本来持っていた美徳をどうやって復活させるかです。
 ヨーロッパや南アジア、南米の国々がかつて羨望の眼差しで見ていた日本の美徳は、城氏などに代表されるエセ進歩人によって粉々に破壊されました。
 この城氏のように、なんか知識人ぶって、日本人を腐らせることで飯を食う人って早く死滅しないんでしょうか。


一つ、  入社や結婚で身辺調査が一般的になる?

 いや、今でも既にあるから。
 バブル期の女性の就職では実家から学校に通っていない人は遊んでいるとの理由で不採用になっていましたし、昔から親族に右や左の活動家や暴力団関係者がいるかの調査を行っている企業はあった筈です。
 結婚の時に、相手の家柄を調査することも(あくまでも一般的ではありませんが)相手によっては実際にあり得る事です。
 しかし、会社は城氏が言うようなくだらない事で個人を判断したりしませんし、親が何と言おうが結婚も個人同士が好き合っていれば問題ないでしょう。
 この城氏は会社には5,6年くらいしか勤めていないようですが、世間知らずの妄想家が人々を脅しているだけでしょう。
 基本、今と何にも変わりません。

 また、支払わないと会社に差し押さえの通知が行くとは・・・、法的根拠が無いでしょ。それこそ個人情報の範疇ですが、他のところで煽っているように考えれば、個人情報も過剰に保護されるくらいじゃないとバランスが取れないでしょうに。


一つ、  まだいたのかジミンガー

 何で、自民党が年金の抜本改革に反対なんて設定になっているのでしょうか。ましてや、片山氏他の個人名を出して攻撃するなどは、城氏はかなり嫌らしい性格の方と見受けられます。
 明らかに、
 「自民党を政権与党に復帰させたら、酷い未来になりますよー」と、愚かな国民の頭に悪意の情報を擦り込むやり方ですが、この人達は全く同じ方法で民主党を政権党にしてしまいました。
 単に、嘘でも民主党を褒めれた状況でないので、他をコケ降ろす方法に変えただけです。


一つ、  不正受給率0.4%って何?

 出た!
 「芸人さん達の不正受給なんて、全体からすれば大した額じゃないんだよ。」って、0.4%は発覚した不正受給の割合でしょうが!
 よくも、ここまで堂々と嘘が付けるもんです。
 そもそも割合の大小は関係無く不正受給は詐欺です。断固として許してはなりません。
 また、親族が収入の低い人の面倒を見ることと、吉本芸人のような詐欺師を防ぐことは全く別と城氏も判っているでしょうに。勝手な妄想の方だけを誇大に広げて、挙句に自殺者が増えるとは・・・




この人、怪し過ぎ。
別窓 | 情報操作 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。