スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
民主党政府 「尖閣はやっぱり国が買う」
2012-08-28 Tue 12:50
 なんとも珍妙な話です。
 都が尖閣諸島を購入すると言ったら、それまで何にもしなかった民主党政府(日本国)がイキナリ「国が買おうかな」と言いだし、都が14億円の募金を集めたら国が20億を提示すると言いだしたのですから。
 そして都が尖閣を購入できないように、尖閣諸島の地権者に20億をチラつかせて同意書の提出を渋らせて、それを理由に都の上陸を不許可にするとか。
 それでいて中国に対しては、不法上陸した活動家の方々をサッサと無罪放免。

 誰がどう見ても、国が都に対して嫌がらせをしながら、中国に尖閣を売り渡す準備をしているようにしか見えません。

 そして、満を持して野田首相の新書が中国へ送られました。

 どうせ書いてあるのは

 「将来、尖閣諸島を中国様に差し上げるため、今回は都の代りに民主党政府が尖閣に一時的に上陸するかもしれませんがお許しください。
 全ては、中国様の将来の為です。」

 なんてところでしょうか。


 日本政府に尖閣諸島をどうやって中国から守ろうかなんて意識は微塵もあるとは思えません。今の今でさえ中国の顔色を伺っている訳ですから、どういった想像を働かせたら敢えて中国との摩擦を起こすような「国による購入」をまじめに考えていると思えるのでしょうか。
 「国による購入」を真面目に捉えている方の頭の中は幼児以下なのでしょう。

 だからといって、産経新聞が書いているように民主党政府が中国との摩擦を恐れて都の尖閣上陸を許可しなかった筈もありません。産経新聞の記者さんも総合的に情報を考える力が小学生以下なのでは。
 もし本当に「中国との摩擦」を恐れているだけなら、自分で買うなんて言う訳がないじゃないですか。


 恐れていた通り民主党政府は尖閣諸島を都が購入する事を妨害し、中国に差し上げるために動いているようにしか思えませんが。
スポンサーサイト
別窓 | 詐欺師 | top∧
インドのパール判事 「本当の侵略者は欧米」
2012-08-26 Sun 12:23
 別に今更60年前の戦争の事を蒸し返して反欧米運動をするような、まるで中国や韓国のような下劣なことを考える必要は無いと思いますが、できるだけ多くの人に真実の歴史を知って欲しいと願います。

 歴史は意図的に改竄され、時とともに真実は消える可能性があることを。

 今、日本の学校の歴史教育では、日本はアジアを侵略してアジアの人々を苦しめた悪逆非道の軍事国家として子供達に嘘の歴史を教え込んでいます。そして、そう答えないとテストに受からない仕組みを作り、真実の歴史を捻じ曲げようとしています。
 これは、世界中から言論の自由が無いといわれている中国や、韓国が行っている事と全く同じ行為であり、中国や韓国が国内で教育している「悪い国、日本」と完全に一致するように意図的に調整が図られています。
 そして、欧米は日本の侵略からアジアを開放した「良い国」であるような意識操作が行われています。

 これが間違いであることは、日本人なら誰でも知っているアメリカ占領軍のマッカーサー元帥も証言していますし、極東軍事裁判の判事の一人であったインドのパール判事も明言しています。


 転載ですが、非常に判り易く真実が記載されている記事があったのでリンクさせて頂きます。できるだけ多くの人に見て頂き、真実を知って貰えることを願います。

 『日本よ、真実を知って自信を持とう!』



 そもそも私は、日本語における『植民地』という言葉が嫌いです。

 私がまだ学校教育を受けていた頃、この植民地という言葉の示す意味が判らず、漠然と

「欧米は自分達の製品を売るための市場としてアジアを見ていたのかな。そのために、購買力のある欧米人を移住させて、新しい土地で人口を増やそうとしたのかな。だから、植民地というのかな。」

と、考えていました。

 しかし、事実は単なる奴隷制でした。

 植民地とされた土地にもともと住んでいた人々は移住者としてやってきた支配国の役人や資本家に奴隷として扱われ、農地の開墾や地下資源の発掘のために機械の代りに使用され、使えなくなれば殺されていきました。
 女性たちは先進国から来た移住者達の単なる性欲のハケ口として使用され、何をされても物のごときアジアの人々には反論できるような法律さえも存在しませんでした。
 そのため植民地の人々は度々支配国の移住者に対して反乱を起こしていましたが、クワやカマで抵抗しても先進国の軍隊によってその度に皆殺しにされていたのです。

 それがつい70年程前のアジアの歴史であり、運よく植民地化を逃れていち早く発展する事ができた日本がアジアを開放しようとしたことはアジアの人々にとっては助けであり、日本の学校が子供達に教えるように「日本はアジアから嫌われている」は大嘘なのです。
 事実、このために日本は中国と韓国(と北朝鮮)以外のアジアの各国からは、尊敬すべき国として慕われえています。尖閣諸島の領有権を主張している台湾(実は元の中国)の人々からでさえ、日本人は好かれているのです。

 もっとも、日本がアジアの国々を欧米のような形で統治しなかったのは、日本にはそれだけの地域を統治するだけの「手駒」がそもそも無かったからで、そのためにアジアの国々には勝手にそれぞれの国を運営してもらって、日本の協力者になって貰おうとした背景もあるようですが。
 また、なんでワザワザ、アジアを開放してまで戦争しなければならなかったのかについても欧米諸国からの資源供給が断たれてしまった(所謂、兵糧攻め)からで、これも学校で教わるような『軍国主義の暴走』とは全然違います。
 当時の言葉で有名な「座して死を待つよりは戦って死すべし」とは、こう言った時代背景のもと言われた言葉なのです。

 丁度、今の日本のような『事なかれ主義外交』で、植民地とされて、衣服をはぎ取られて、タダの労働力として鉱山に埋められるくらいなら、アジアを味方に付けて欧米と戦うというバクチを打つしかなかったのです。


 結局、日本はその戦争で欧米の袋叩きにあって負けてしまいましたが、その直後のソ連の台頭や中国の社会主義化が日本にとっては全くの幸運で、アメリカやヨーロッパ諸国は日本を『社会主義に対する防波堤』として建てる方法を選びました。
 そして日本にとっては更に幸運なことに、直後に始まった社会主義とアメリカ等の資本主義の戦争となった朝鮮戦争が、日本の経済を急激に復活させました。

 一方戦後のアジアでは、日本を始めとする(欧米が言うところの)「悪の枢軸」との戦いで疲弊した欧米諸国は戦前の様なアジア統治が不可能になり、それが今のアジアの各国が独立を勝ち取る事ができた一つの要因になっていると言われています。
 もっとも、それでもアジアの何処の国も欧米からの『独立戦争』では沢山の人が殺されていますので、日本のアジア開放戦争は心の支えとしても一つの要因に過ぎず、それはアジアの人達のそれこそ血の努力の結晶だと思いますが。
 (これも日本の教科書では『独立運動』として綺麗事で誤魔化していますが、正確には戦争です。)


 それが歴史の真実であり、日本が中国様、韓国様から頂戴奉った日本の教科書ではテストで減点となる史実です。


 重ねて申し上げておきますが、だからと言って私は今のアメリカや欧米との国際協調を拒否しようなんて思ってもいませんし、私のブログの読者にもお勧めはしません。
 事実であれ、捏造であれ、現代に至っても当時の戦争での出来事を理由に莫大な金品を要求し、際限なく土下座をさせようとする、まるでヤクザのような韓国や中国と一緒のレベルまで国民の品位を落とす必要はないと思います。

 唯、戦争で戦った昔の日本人は全ての人が勇敢であり、日本に住む家族を守るために死んだと言う事実を知って欲しいだけです。

 戦争は味方であれ敵であれ、沢山の人が死にます。
 従って戦争は、本来すべきではありません。
 しかし当時、他の道が選択できたでしょうか。
 「座して死を待つよりは戦って死すべし」と言った人々の辛さを理解できますか。

 当時の日本の人々は、今の学校で教えるような「欲にかまけて、死んだバカ」ではありません。
別窓 | 情報操作 | top∧
素敵な奥様 「エンペラドールは日本の男の良い心」
2012-08-25 Sat 11:46
 韓国の大統領が、これほどは無いというくらいの最大の侮辱を持って日本、日本人、日本人の心に対する辱めを続けていますが、当の日本側は相も変わらず、天然ボケな新聞やマスコミの寝ぼけた言葉の羅列、偏向教育でまともな精神の発達が阻害された人達の無関心、いつもと変わらないオチャラケたバカ騒ぎのTV番組と・・・。

 外国からすれば豊かな国であれ貧しい国であれ、自分の国というのは自分の家族と同じような同胞の集団であり、国に対する侮辱は自分の家族に対する侮辱も同じなのです。
 当然、天皇陛下に対する侮辱は、お爺ちゃんのお葬式の最中に遺影に落書きされて霊前でクラッカーを鳴らしてお祭りされたのと同じ。
 ・・が、そんなこと、自分の家族さえ大切と考える感覚をも『個人主義』教育の蔓延によってブチ壊された今の日本人に言っても、まさに馬の耳に念仏でしょう。

 「え~、 いいんじゃネ?」

とか言い出しそうです。

 あまつさえ、民主党が推し進める『夫婦別姓』がそういった国際的な常識を更に徹底的に破壊することが目的ということも理解できないような白痴のような大人が、偉そうに「自分が社会を動かしている」なんて錯覚しているような状況ですから。
 確かに他国からすれば、こんなまともな国際感覚さえ持っていない稚拙な人種を相手にする方がバカらしいのかも知れません。(日本人のことですよ。)

 従って、「勝手にやれよ」と。


 そんな嘆かわしい周囲の人々とは別にコロンビア人でありながらも、ぶっ壊れた日本人以上に本来あるべき日本の心情を理解する素敵な奥様の発言があったので、本人には無断で申し訳ありませんが引用させて頂きます。


************************** (以下、引用) ************************
俺のカミさんはコロンビア人、いわゆるワルい不良外国人と言われているタイプの外国人です(以前はいかがわしい仕事をしてたけど(笑)今は食品加工のバイトをしてちゃんと税金を払ってるから元ワルですね)

彼女はまともな教育を受けて育った人ではない、貧しかったからたぶん小学校しか行けなかったはずです

今まで俺から彼女に天皇陛下や皇室の事を話した事はなかった
そんな彼女でさえ韓国大統領の今回の発言をスペイン語の新聞を読んで知った時に普段は大人しい日本人が見せたのと同じ反応をしたから驚いた

彼女は俺に、エンペラドール(陛下)さんは日本人の心と同じでしょう?
彼は権力者ではない、日本人はエンペラドールの心を愛してるの
エンペラドールは日本の男の良い心、エンペラドーラ(美智子さん)は日本の女の良い心と同じ
彼は神様じゃない、ジーザスやブッダと同じ心の綺麗な人、あなたわかる?

それを悪い言葉で侮辱されたらエンペラドールがかわいそう
エンペラドールを侮辱するのは日本人の心を侮辱されたと同じだからみんなが怒るの

でも怒ってるだけじゃない、本当はみんな凄く心が悲しい
綺麗な心を汚れた人間にノーと言われたから凄く心が痛いの、あなたわかる?と言ったまま急いで着替えて外出した

帰ってきた時、どこで見つけたのか両陛下のまったり笑っている写真と立派なアンティーク風の額縁を持って帰ってきた(かっこいい額縁は写真屋さんが両陛下の写真を飾るならこれがいい、持っていきなさいとプレゼントしてくれたそうです)

それから凄いスピードで家の隅々まで掃除をした(南米女性はなぜか掃除好きだから家の中はわりと綺麗ですが)

そして最後に壁に飾った両陛下の写真を撫でながら話しかけたり歌をうたってなぐさめていました 驚いたのは、普段はプライドの塊のような強いコロンビア女性がその時は涙を流していた事です

何かとても大切な事を普段はデタラメなカミさんに教えてもらいました

************************** (引用終わり) ************************



 他称、過去は「悪い外国人」とのことですが、しっかりした国際的な常識感覚をお持ちの方だと思います。
 コロンビアでは、皆さんがこういったしっかりした常識をもてるような教育がされているのでしょうか。そうであれば是非とも、日本の文部科学省のお役人はコロンビアの学校教育を学んで、「国旗が嫌いだ」「国歌がイヤだ」「天皇は戦争犯罪者だ」といった偏向思想教育で日本国民からまともな国際常識を奪い去ってしまった日本の教育組織を大変革して頂きたい。
 また、民主党は、そういった有意義なことに使う税金を『事業仕分け』なんていう下らないショーで白痴国民を騙すための餌に使わないで欲しい。
 TV、新聞も然り。


 私はこの素敵な奥様の言葉を見て、「コロンビア人とは、こういった人達なんだ」と認識します。
 同じように日本人の一人一人は、海外に出れば外国の人達から「日本人とは、こんな人種なんだ」とみられます。
 まともな常識さえ身につけていない日本人個々人の(自分は立派な大人だと思い込んだ、勘違い甚だしい)行動は、たった一人のバカ丸出しの行動でさえ、外国の人からすれば日本人全体のイメージとして固着していきます。

 正直、今の国内世相を見ている限り、今の日本人は海外へなど行かない方が、海外での『すてきな日本人』の幻想を維持するためには貢献するんじゃないでしょうか。
別窓 | あっぱれ | top∧
鳩山元首相 「私が総理の時には・・・」
2012-08-22 Wed 14:17
 韓国首相の暴挙や中国による尖閣の件に関して、鳩山氏曰く

 「私が総理の時には、こういう事件は起きていない」

 細かく書くのは気が遠くなる位、たった1年ほどであそこまで日本の外交を破壊しまくり、あまつさえ首相を辞めた後も日本の足を引っ張り続けている人物の言葉とは思えません。

 いったいこの人の勘違いというか、空気読めないというか、天然というか・・・。この手のつけられない、何とも言えない性格は何のため?
 どう考えても病気以外の物では無いと思うのですが、それでも未だに国会議員を続けていられるのは日本国憲法にも問題がありそうです。

 とうとう、いつになるのかまた有耶無耶にされてしまいましたが、次の選挙でこの人が残っているようなら日本人も鳩山氏と同じ病気ということでしょうか。

 いづれにしても、鳩山氏やバカンが選挙に受かっただけで(日本人を蔑む意味で)WSJ当たりでニュースになりそう。
別窓 | バカモノ | top∧
韓国 「歴史を知らない民族に未来はない」
2012-08-21 Tue 19:09
 韓国や中国では政権の支持率の浮揚や国民の尻を叩く時に、日本を悪者にして故意に国民の怒りを煽り、それをテコにしようとする手法が日常的に行われているようですが、特に韓国に至ってはその手法が過ぎてしまい今に至っては何が本当なのかの判断もつかなくなっているようです。

 まず最初に韓国は第二次大戦での戦勝国ではないので(当時は韓国は日本の一部だった)その辺りから韓国の人達の発想は常軌を逸しているのですが、特に従軍慰安婦の件に関しては『一部の日本人と韓国人による金儲けの為の捏造』です。
 現在の韓国は、それを国家レベルで悪乗りしているだけです。


 そもそも、最初に従軍慰安婦なる話を捏造したのは、現職では日本の国会議員であり、公党の党首である福島瑞穂氏だそうです。
 福島氏は従軍慰安婦をでっちあげて、彼女たちに裁判を起こさせる事で裁判費用で儲ける事を企み、インドネシア等で従軍慰安婦になる人を募集しましたがそんな捏造に加担する国は無く、唯一韓国人だけが
のってきたそうです。
 この裁判は2004年に慰安婦と名乗る人達と福島氏側の敗訴が決定しました。

 しかしそれまでの間に朝日新聞が嘘の上塗り記事を掲載、この記者の義理の親は従軍慰安婦の側で、その後に詐欺罪が確定したものの現在も逃亡中だそうです。

 また、この間に『人権派弁護士』として名をあげた福島氏は国会議員となり、(当時も変わらずバカだった)国民の社会党旋風に乗って、時の日本首相に韓国への謝罪までさせてしまいました。

 福島瑞穂氏のこういった一連の金儲けと、落ち目の朝日新聞の捏造記事と、韓国の卑しい外交政策により、それまで影も形もなかった『従軍慰安婦』なる嘘は、僅か20年ほどでまたたくまに世界に広がってしまいました。
 そして、バカな日本の援助による韓国の経済発展とともに世界中に拡散してしまった韓国人による汚らしい政治工作によって『従軍慰安婦』は公然の事実として摺りつけられようとしています。



 福島瑞穂氏といえば、あの悪名高き「ピースボート」の設立者であり、福島氏は自衛隊の海外派遣に猛反対し、丸裸での護衛活動(いわゆる人間の盾)を強制した挙句、自分達のピースボートが危険海域を通過する時は自衛隊の護衛を要請し、その船上で「自衛隊は日本に帰れ!」の横断幕を掲げながら船上パーティーに明けくれたキチガイ集団の親玉です。


 こういった人達に票を入れて日本の政治家にしているのは、いったい誰なんでしょうか?

 本来であれば詐欺罪で投獄され、欧米でさえも売国奴として国民皆から怒りと殺意の目を向けられる人物を、事実を隠蔽する事で擁護しているのはマスコミです。
 朝日新聞に至っては、これだけの捏造記事で全ての日本国民に大迷惑をかけておきながら「事実かどうかは時代とともに変わる」といった、意味不明なコメントで逃げています。
 そして、その朝日新聞を子供のテストという人質のような手法で押しつけているのは学校の先生達です。
 そして遂に『従軍慰安婦』なる捏造は、日本の子供達の教科書にも載ることになりました。


 如何にマスコミに騙されたからとは言え、バカな日本の大人達は自ら『従軍慰安婦』なる嘘を作り出し、それを世界に拡散し、そして自国の子供達にも教え込むことになりました。

 そしてまた、この稀代の詐欺師を『ミズポタン』と呼びながら、唯単に面白いからとの理由で国会議員に戴くのでしょう。
別窓 | 詐欺師 | top∧
多摩湖畔日誌 「これが韓国の本音だ(拡散希望)」
2012-08-21 Tue 15:03
 一般の新聞やTVでは控えめな報道の様ですが、ここに至って韓国が行った日本に対する非礼行為の数々は、流石にネット上では大きな話題に発展していると見えます。私が定期的に見ているホームページやブログの多くは、もともと政治的な意図の薄いものも含めて、挙って今回の韓国の非礼に対する批判に塗りつぶされています。
 そのなかに、逆に韓国の人達の側から日本を見た意見が載っていたのですが、その余りにも酷い内容に怒りが湧きました。

 韓国に住む人達の半分以上が、日本人を世界一嫌いだという事実は知っていました。
 従って当然、今回の竹島等の件でもそれなりの意見が出るであろうことは想像できました。
 しかし実際にその意見を見ると、とても人間という種族のものとは思えませんでした。

 正直言って気分が悪くなりますし、今後の身の回りにいる在日韓国人の人達との付き合いにも心情が出てしまう可能性があるため、自制心の弱い人は見ない方がいいかもしれません。

リンク:多摩湖畔日誌「これが韓国の本音だ(拡散希望)」


 韓国側の人達が言う、
  「自分達だけが良ければよしとする」
  「良くしてもらって感謝しない」
  「犯罪を犯しても反省しない」
  「誤った歴史を学んだ」
は、日本の方から見れば全て韓国のことであり、よくもここまで自己中心的に物事を見る事ができるもんだと感心してしまいますが、百歩譲ればどこにも真実など無いのかも知れません。
(「誤った歴史を学んだ」は流石に日本では無く、韓国の事だと思うが)


 しかし、だからと言って震災で死んだ人達を愚弄することは許されません。


 どんな理由があろうとも、「放射能で猿3万匹が消え、全ての人類は嬉しかったです。天罰」等と言えてしまうのは、例え『出来そこないの人間』でも出来る所業ではないはずです。
 以前にも、震災直後に同様の内容で「天罰」だの「ざまー見ろ」「気持ちいい」等のコメントを自分の動画付きでネット上にアップした韓国人が韓国内でスターになっていましたが、結局はこの民族はそういった考えを持つ民族なのだと言う事でしょうか。


 未だに韓流スターにヨダレを垂らす女性の方々や、情夫紛いのチラ見せパンツに股間を押さえている男性の方々は、相手はこういった考えだと知るべきです。

 TVやあちこちに張ってある韓流ポスターは即刻その民族の使用を中止し、その民族を業界から追放するのが、マスコミが先進として称賛する欧米でも当たり前の行為でしょう。

 政治に至っては、・・・・日本の民主党政府に何を期待してもムダ。
選んだ方が悪い。
別窓 | 国際 | top∧
佐々江駐日大使 「遺憾です」
2012-08-20 Mon 20:20
 毎年夏になると、国際社会での日本の情けない対応に哀しい思いが募るものですが、ここ数年はそんな感情はとっくに通り越して怒りを覚えます。

 民主党による日本政府は、日本人議員達の尖閣上陸を求める申請を付き返して、その代わりに中国の上陸を許してしまいました。

 そして、その中国人を逮捕した海上保安庁の努力をまたしても踏みにじって、この不法入国者達をさっさと中国にお返ししてしまいました。たった一言「遺憾です」という言葉だけで。

 韓国に対しては、韓国大統領の竹島上陸を指をくわえて唯眺めるだけ。事が済んでから韓国に対して「一緒に国際司法に行きましょう」と提案はしたものの、(当たり前ですが)韓国から無視を決め込まれてまたダンマリ。

 また、韓国大統領が「日本の天皇は、韓国の独立運動家だった人達一人ひとりに謝るなら韓国に来てもいいぞ」と、別に行くとも行ってないのに勝手に喧嘩を吹っかけられてもこれも「遺憾です」だけ。

 そしてまた、日本政府が妨害するから仕方なく泳いで尖閣に上陸した日本の議員団に対する中国の抗議デモで、日本の国旗が燃やされる事態になっても、これも「遺憾です」と言うだけ。


 やっぱり、民主党によるこの政府は日本の政府では無い。


 先日もイギリス国旗をおもちゃにしていた小学生の子供に教えました。
 「国旗と言うのはその国そのものなんだよ。君だって、自分の写真や名札を足でグリグリと踏み潰されたら怒るでしょ。外国の人たちは皆、そう感じるものなんだよ。」って。
 民主党政府の人達には、そんな国際的な常識さえも理解できていない様子です。

 自分の写真に火をつけられて何も感じない日本人という人種が異常なのです。
 ましてや、国民を代表する日本政府が「遺憾です」で済ます話じゃありません。


 韓国の大統領は先日の演説で言いました。「今や、日本の発展は終わった。これからは韓国の時代だ」と。


 そこまで言われてなお、韓国への軍事情報提供を進め、スワップ協定という名の大量の資金援助を続け、挙句の果てに、国内のサーバーを韓国に移そうとか、電力も韓国から買うように送電線を引こうとか言っている民主党政府とは、いったい何なのでしょうか。



 義理の母は「民主党には騙された。次は『維新』よネ!」っと力強く言っていましたが、もはや選挙制度とこの世代がある限り、日本を救うことは不可能なのかもしれません。


 過去に民主党に1票を入れた人達は、よーく考えてみるべきだと思います。
別窓 | 政治 | top∧
民主党 「近い将来、国民の信を問う」
2012-08-09 Thu 08:57
 正直言って「なんじゃそりゃっ!」って感じです。

 消費税増税関連法案の通過と引き換えに衆議院の早期解散を迫る自民党に対して、民主党の出した答えがこれ。
「消費税関連法案の成立後、近い将来、国民の信を問う。だから、党首会談に応じて欲しい」

 これを受けた自民党の岸田氏は「近い将来じゃわからん」と言ったものの、民主党はこれ以上は明確に出来ないと突っぱねたため仕方なく党に持ち帰ったものの、結局、谷垣氏はこの曖昧な提案を受け入れて内閣不信任に同調しないことを決めちゃいました。 

 そもそも法案を通してから国民に信を問うなんて最初から話が逆です。国民を騙し打ちしているのと同じじゃないですか。
 それに加えて『近い将来』って、いつ!?
 よくもここまで国民をバカにできたもんです。


 思えば、野田首相の前任の超バカンも全く同じ方法で、ルーピーと、同じ民主党の議員を騙まし討ちにしました。その時の言葉は「一定の目処が付いたら・・・」でした。
 今度は「近い将来・・・」ですか。
 こんな簡単な嘘に騙されるとは、谷垣氏はルーピー鳩山以上のアホンダラです。
 流石にこればっかりは残り少ない自民党の支持者も、いよいよ自民党を見限るでしょう。

 民主党の議員達にしてみれば、このまま選挙になれば民主党は壊滅し、ほとんどの議員は唯のプータローに逆戻りすることが目に見えていますから、できるだけ選挙を後送りしたい腹の内が見え見えです。そう考えれば『近い将来』とは、結局任期満了の来年8月だと言いたいのが関の山でしょう。

 案の定、民主党の樽床氏(幹事長代行)と、国民新党の下地氏(幹事長)は「近い将来とは、来年8月の任期満了も含む」と、後々嘘吐きと言われないための言い訳を作り始めました。

 そして、最後の最後には民主党の輿石氏(幹事長)の言う「違憲状態だから選挙しない」が控えています。


 それに『信を問う』って何?
 はっきりと衆院解散と言わないところは政治用語だからと理解して本当に良いのでしょうか。従来の政治であればそれで衆院解散を指していたのですが、今に至っては民主党はその言葉さえも信じる事はできません。
 「信を問うとは、民主党の代表選のことだ!」とか、
 「アンケートで国民の信を問いた!」とか言った後、嘘吐きだと言われれば、
 「だって、国政を担ったの初めてなんだもん」

なんて、言いかねない。

 正直このブログでも(消去法にしても)一応自民党に期待していたのですが、流石に見限りました。

 早く、自民党からまともな人が離脱して「たちあがれ日本」ぐらいと連携してくれる事を強く望みます。
別窓 | バカモノ | top∧
東村山警察 「早く忘れてください」
2012-08-08 Wed 18:25
 大津市でのいじめに名を借りた虐殺事件以降、この種の問題があちこちで明るみに出ています。
 大津市の件に関しては学校と教育委員会に主な非難が集中しているようで、その一方で被害届をもみ消し続けた警察は学校側に対する強制捜査に乗り出す等、逸早く悪役集団を裏切って正義の味方面をして意気揚々としている様が腑に落ちません。
 そういった中、東京多摩地区の私立中学で起きていたイジメ問題が明るみに出、被害少年の保護者からの被害届の受理を警察が再三にわたって断っていたことが発覚しました。

 東村山署曰く「早く忘れろ」とか。

 この東村山でのイジメ事件も大津市の事件と同様に、被害少年は頭をコンクリートの廊下に打ち付けられて意識を失い救急搬送され、その時点で肋骨も折られていた事が判明しています。
 以前のブログでも書きましたが、これはイジメ等と言う甘い言葉で隠すことではなく、明らかに傷害事件です。

 警察の腹としては、加害者が少年では検挙しても点数にならないため、係わり合いになりたくないと言うのが本音でしょう。
 そうでなければ、被害届に対して「忘れろ」と言った意味がわかりません。全ての被害届に忘れろと言って対応するのなら、レイプも殺人も「忘れろ」で済まされてしまいます。
 大津市の事件では上手く大衆の目を誤魔化しましたが、ここでも警察は加害者の側でした。

 そしてまたしても、野田首相がTVで言った「大人に相談しろ」との言葉は、大人たちによって揉み消された訳です。だから私は野田首相のTVでの発言を聞いたときに、野田首相はTVで得た上っ面の情報で『適当に』格好のいいことを言ったに過ぎないと思ったのです。


 今回の東村山での事件でも、教師は被害少年がイジメられているのを見てこれを黙認していました。そして、警察にまで裏切られました。
 そもそも非常に失礼なことだと思いますが、私は警察と教師は最低の人間の集団だと思っています。
 先日も警官が公衆の面前で集団レイプをしていたことがニュースになっていましたし、のぞきをしたり、警察情報に不正にアクセスして個人情報を盗んでストーカーをするなど、今の警察は犯罪者集団みたいなものです。

 日本の警察は優秀だと言われたのは、遠い過去の話です。
別窓 | 世情 | top∧
産経新聞 「誰が悲惨な夏にしたか」
2012-08-05 Sun 14:17
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120803/plc12080307390006-n1.htm
 産経新聞では作家の佐藤優氏の『人間の叡智』より、一般の人は政治家を選んだら後は政治家に任せて普通の生活をおくる(おくれる)はずなのに、最近はそうならないと書いています。
 素人が専門的な事に口を挟むのは危険だと。

 私は、佐藤氏の著書を読んだわけではありませんがその意見には賛成です。
 しかしながらその半面、近年の政治家の行動がそもそも素人であり、そのために私達のような素人でさえ口を挟みたくなるという心情も汲み取って頂きたいな・・・と思います。

 まず、今の政治家は全てに対して素人です。
 それは先の衆院選で国民がわざわざ、何も知らない、一般生活でさえマトモニできていないような、ズブの弩シロートを選んだのですから当たり前です。
 いかにTVや新聞の嘘に踊らされたからといっても

 科学を知らない政治家、
 経済を知らない政治家、
 社会を知らない政治家、
 根回しを知らない政治家、
 責任と義務を知らない政治家、
 それどころか、政治を知らない政治家を「わざわざ」選んだのですから。

 それが「家庭からの国民目線」「無職者としての国民目線」「AVアイドルの国民目線」だったのは、民主党に投票した人達全員が知っていた事実ですし、当時は本当にこんな人達に自分達にできない国家レベルの仕事ができると信じていた筈です。(バカだねー)

 けど、はたしてこのTVと大衆新聞がでっち上げた流行りで当選した民主党の政治家さん達が、本当に自分にそんな大それた能力があると信じていたのでしょうか。もし、そんな事を信じていたら民主党の1回生議員さん達は全員が『中2病』です。
 自分にできない事が判っていながら『嘘』を付いたから、今になって解散なんてされたら困ると延命工作に血眼になっている訳です。

 私が感じているのは、民主党という日本の政府は、こうやって国民を騙して集めた沢山のお手て上げ部隊を揃えて日本を乗っ取った単なる『詐欺グループ』であり、最初っから政治をしようなんて思っていない集団だと言う事です。中心グループは自分達の懐を肥やすことが目的ですし、お手て上げ部隊も、なんとかしてそのオコボレを貰う事しか考えていない様にしか見えません。
(もしかしたら、鳩山氏だけは単にキチガイなだけかもしれませんが)
 ですから当然、彼らは「国民の声」を反映することでしか選挙で勝つ術を知りません。

 反原発が流行りだと言えば、先頭に立って反原発を叫びます。
 オスプレイが危険だと言われれば、オスプレイ反対を叫びます。
 消費増税が嫌だと声が上がれば、増税反対を叫びます。

 少し前まで自分が言っていた事なんかすっかり忘れて(忘れた振りして)、如何にも「自分が皆様の声を国会に届けます」といったような顔をして選挙に勝とうとします。
 そして、選挙が終わればまた忘れます。
 次の流行りを探して、昨日まで自分が代表のように振舞っていた『国民の声』なんて、遥か昔のマリンルックや竹の子族みたいなもんです(世代がばれちゃいますかね)。その結果が民主党のマニュフェストでしょ。
 誰の事とは言わなくても、とても多くの有名な政治家が該当するんじゃないですか?


 確かに、素人考えで国家全体の戦略を描くのは愚の骨頂だと思います。

 経済に関しても、軍事に関しても、それらを包括するような国際問題に関しても、私のような素人が国家戦略なんて考えられる筈もありません。
 政治家には国家百年の計を読み、ある時には国民を欺いてでも100年後の日本に国民を導いて行く使命があるはずです。その為には、もしかしたら国民に殺される位の覚悟を持ってでも、未来の日本国家の為にそれこそ「政治生命」を賭けなければ政治家なんていう国民のトップに立つ仕事なんてできません。だから、高い給料も認められているんです。
 当然、今の政治家のように「後から勉強したらわかった。」「まだ初心者マーク」なんて言葉を吐いておきながら下の根も乾かないうちに、やれ「原発反対」とか「消費増税反対」なんて言っている人達に政治家なんて職業を名乗って欲しくはありません。
 私のように、一般人としてあくせくと仕事をしながら、ブログくらいで勝手な自分の考えを述べるのが精々で、これで年収何千万も貰える筈がありません。

 ところが、民主党の政治家さん達は、この恐れ多い事をしてしまいました。
 単なる素人考えを国の運営に反映させると息まき、単なる素人のTVと大衆新聞を見ている、弩素人の国民を騙くらかして政治家になりました。そして、100年以上先までの経済を破壊しまくっています。
 外国からも『愚か』な政治の代名詞のように言われても、それをひた隠して国民には知らせず「ジミンガー!」と、TVや大衆新聞と一緒になってひたすら他人の所為にして逃げまくっています。こんな古臭い手法が通じるのも、今の有権者が古臭い50代以上が中心だからでしょう。
 まったく、次の選挙も同じ手法で政治家にしがみ付こうとしている人が多いのには呆れかえります。


 佐藤氏の言うように素人が自分の領分を超えた事柄に口を突っ込むのは危険だと思いますが、反原発にしろ、反オスプレイにしろ、実際に弊害を受ける可能性がある人ができる限り勉強して声を上げる事は不自然な事とは思いません。
 むしろ異常なのはその先頭に政治家が立ち、またしても昨日までの主張と真逆の事を主張してTVに映っている事です。
 結局私の目に見えるのは、本来の趣旨とは関係の無い特定の思想に縛られた異常な集団と、その票目当てに寄って来た銀バエのような政治屋だけ。正にポピュリズムや衆愚政治のサンプルみたいな絵です。


 なお、東日本大震災でTVや大衆新聞のコメンテーターも、単なる弩シロートだったということがシッカリと判りました。

 これはその後、私が情報を判断する上でとても大切な経験になりました。
別窓 | 政治 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。