スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
生活の党 「原発を即時、全廃」
2013-04-25 Thu 06:50
 2012年の貿易統計で貿易収支は過去最悪だった昨年のマイナス4兆円を大幅に上回ってマイナス8兆円という驚愕の赤字額に達することが発表されました。

 この原因は原発のほとんどが停止されてしまっている現状において、経済復興のためにどうしても必要な電力を確保するために海外から大量の燃料を買い入れているためですが、私には何とも残念でなりません。
 なんとかして日本経済を叩き潰したい思惑が見え見えの経済新聞、TVのニュースでは必ず「アベノミクスによる円安の影響で・・・」という接頭語を付けているようですが、円安の影響が本格的に表れてくるのはこれからです。
 この巨額な貿易赤字は経済復興を目指す自民党と安倍総理大臣の政策の足を引っ張ると同時に、円安の所為だとイチャモンをつけて日本経済を完膚なきまでに死滅されるという(旧)民主党とマスコミが仕掛けた時限爆弾であり、原発の停止はそのための火薬だったはずです。
 日本経済が復活しようとすればするほどに、日本を苦しめて最終的に死に至らしめる巧妙な罠です。

 今の日本の電力供給インフラでは残念ながら原発は必須です。
 にも関わらず、国民をヒステリックに煽り、この自らの命の源を自分の手で止めさせることにマスコミと当時の民主党連中の最大の目的がありました。
 今回もまた、稚拙極まりない日本国民の一部は見事にこの思惑に乗ってくれ、これまた見事に日本経済を死の淵へと引きずり込んで、自分達の子供、孫を殺す亡者の役をかってくれた訳です。
 その成果は、ここへきて貿易統計にハッキリと現れました。


 そもそも原発は危険だから止めろとは、どういった理論なのでしょうか。

 文明社会は常に危険と同居することで成り立っています。
 私は自動車は走る凶器だと考えていますが、自動車は危険だから全面廃止しろと言う人はいません。それは、どんなに幼稚な国民であっても自動車がなくなったら不便なことが判るためです。これは、それこそ包丁に至るまで人間が利用するほとんど全ての道具にはリスクが伴っていますが、全て無くなったら不便であることが判っているから無くせとは言えないのです。
 ところが、原発はその恩恵が見えにくいのです。
 その結果、静かなテロリストの格好の餌食になっているのだと思います。

 原発を停止させて日本経済の復興を何としても阻止したかったかつての民主党一派は、今や「みんなの党」や「維新の会」に大量に紛れ込んで拡散してしまいました。民主党という反日政治結社が次の参院選で無くなるか否かが議論をよんでいるようですが、今となっては一つに固まっていてくれた方が判り易かったぐらいです。
 「生活の党」「日本未来の党」は言うに及ばず、「維新の会」にしても「みんなの党」にしても今やその大半は元民主党が占めています。
 これらの政党はいろいろと喧嘩を吹っ掛けてみたり、一見まともそうな事を大声で叫んでみたりとカムフラージュに精を出しているようですが、人気目当ての反日団体であることに変わりは無いと思っています。
スポンサーサイト
別窓 | 政治 | top∧
管官房長官 「外相会談をやる、やらないも決まっていないが・・・」
2013-04-23 Tue 08:21
 日本のマスコミは麻生副総理や他の大臣が靖国神社を参拝したことに韓国が抗議して外交相の訪日を中止したと騒いでいましたが、管官房長官が非常にスッキリしたコメントを発表してくれました。

 そもそも日韓外相会談をやること自体が初耳とか。

 誠に恥ずべきことながら、以前に日本の首相をやっていた反日テロリストと同じ漢字のお名前ですが、比較するのも申し訳ないくらいです。

 それはさておき、この韓国と云う国はどうしてこうも勝手に事実を作ってしまうんでしょうか。
 韓国の前の大統領も、天皇陛下が韓国を訪問するなんて話はどこにもなかったのに、「絶対に来させない!」「来るのなら頭を地面に擦り付けて・・・」なんて完全な一人芝居で勝手に吠えていました。
 マッコト迷惑この上ない国です。韓国と云う国は。

 それにも増して異常なのは日本のマスコミでしょうか。

 喜び勇んで韓国の主張をそのまま記載するとか、酷いにも程があります。
別窓 | あっぱれ | top∧
室井議員:民主党 「民主党に保守派の居場所ない」
2013-04-22 Mon 08:22
 参院議員で民主党の室井議員が民主党に離党届を提出しました。
 捨て台詞はこれ、

「私のような保守の思想の持ち主の居所が(党内に)なくなってしまった」

 はて、保守って誰の事でしょうか?
 そもそも民主党に保守ってあり?

 インターネットで「保守」を検索したところ次の解説がありました。

1.理想が如何に現実にそっているか、現在の現実がどの様な理想によって導かれているかを吟味して行動する事。

2.古くからの考えに則って行動すること。伝統を正しいと考えて急激な変化に反対すること。


 民主党は昔から、上記のどちらにも真っ向から反するじゃないですか。

 どこが保守だか・・・・
別窓 | 詐欺師 | top∧
テリー伊藤氏 「当たり前過ぎてつまらん」
2013-04-21 Sun 15:37
 タレント(そもそもタレントって何する人だ?)のテリー伊藤氏が、トップアスリートとしてこれまで自分を極限まで律して努力に努力を重ねてきた浅田真央選手の引退宣言に対して、

「言ってることが当たり前すぎてつまんない」

と、偉そうに苦言を垂れたそうです。


 私は非常に腹立たしく、悔しく、悲しく思います。

 浅田選手はこれまでフィギアスケートの練習だけに全てを掛けて、それこそ他の楽しみを全て捨てて努力を積み重ねてきました。同年代の子どもたちが恋愛だ、ゲームだ、TVだと様々な(いらない)楽しみを友人たちと重ねているのを、浅田選手が羨ましいと思わなかった筈はないでしょう。
 栄光のためとはいえ、それは辛かったことだろうと思います。

 一方のテリー伊藤氏は、そこまで努力した経験はあるのでしょうか?
 確かに私はテリー氏の過去を推し量ることはできませんが、少なくとも今を見る以上、大上段に立って他人様を卑下することができるような立派な人間には思えません。


 TVやタレントという職業は、非常に危険な職業です。
 大した知識も無い、まともな努力もしたことが無い、それどころか一般社会生活さえもまともにできないような下劣な人間が、一国の政治家やトップアスリートといった尊敬すべき人々をこき下ろし、イチャモンを付ける。

 そもそも覚せい剤をやったり、暴力団だったり、生活保護の不正受給なんて当たり前の犯罪者集団が偉そうに他人を非難しているところにTVというメディアの病巣があるのではないでしょうか。
別窓 | 芸能 | top∧
岡田氏:民主党 「議会の歴史にない横暴」
2013-04-20 Sat 21:45
 自公与党が「0増5減」を実現するための公職選挙法改正案を野党欠席のまま特別委員会へ付託することを決定したのを受けて、民主党一派(民主党、生活の党、日本維新の会、みんなの党、社民党)は衆院の全ての委員会をボイコットしました。
 結果、国会審議はまたしても空転。

 毎度思いますが、この民主党一派は何がしたいのかわかりません。

 そもそも、「0増5減」案は当時は与党だった民主党が出した案です。
 それを何で、今になって自分の案に反対するのでしょうか。
 それも「議会の歴史にない横暴」なんて仰々しい言葉までくっつけてますが、自分達が与党の頃は同じ事を何回もやっていたのですから、少なくとも議会の歴史にはその『横暴』がタップリ残っている事と思いますが。
 何か、北朝鮮の「無慈悲な・・・」シリーズと同じような言葉遊びの臭いがします。


 以前も書きましたが、1票の格差が憲法違反なのは民主党が大勝した09年衆院選の時からあった問題です。昨年の衆院選が違法だから衆院を解散しなおせと言う民主党とマスコミは、何で09年衆院選に関しては同じ事を考えなかったのですか。
 そして、それを3年半もホッタラカシにした挙句、土壇場になって改正案を出したのは単なる「衆院選先延ばし」のための工作として使っただけでしょう。
 だから、その裏工作が上手くいかなかった今となっては、自分が出した案にさえ反対して、それを理由に審議拒否をして日本の政治を停止させてしまう工作に切り替えた、そんな所でしょう。

 また民主党にしてみれば、なんとか改正案を通させないようにすることで、そのうちに最高裁が1票の格差を憲法違反と決定してくれれば、「ほれ見ろ!、だから今すぐ衆院を解散しろ!」と騒いで、更に日本の政治を麻痺させることができると踏んでいるのでしょう。
 そうして日本の政治を引っ掻き廻している間、日銀の金融緩和は司令塔を無くし、円が高めに戻してくれれば韓国経済も復活して、もう一度日本経済をどん底に突き落とす事もできるでしょう。


 これも何回も書いていますが、生活の党は言うに及ばず、みんなの党も、すべて民主党の一派です。

 維新の会も、昨年の衆院選前後から大量に民主党からの避難者を受け入れており、今ではそのイデオロギーは完全に民主党ウィルスに汚染されてしまいました。
 もはや石原共同代表に維新の会をどうする力も無いのは誰もが見て感じていることとは思いますが、橋下代表のキャンキャン煩い遠吠えも間もなく意味を無くして、維新の会が勝手に第二の民主党として活動し出すのも時間の問題でしょう。

 また、社民党は民主党一派ではありませんが反日という点で政策が一致していることもありますし、全ての民主党一派の古巣でもあります。
 昔あった社会党は今の社民党になる過程で内包していた極左一派を弾きだし、これが昨年までの民主党の主な構成員となりました。
 そして、その極左一派は今は維新の会やみんなの党に沢山入りこんで、今も静かに生息しています。

 0増5減だけじゃありませんが、「とにかく反対!」の病原菌ここにありと感じます。
別窓 | 政治 | top∧
読売新聞 「アジア系外国人が日本人を刺す」
2013-04-18 Thu 15:25
 埼玉県川口市で14日に発生した事件で、日本人数人が中国人のグループに刺されて重傷者も出たそうです。
 これに対して読売新聞は、終始一貫してこの中国人犯罪者を『アジア系外国人』と称し、決して中国人とは記載しませんでした。

 ことは酔った上でのオジサン連中の乱闘騒ぎということですので別に中国人側に一方的に非があるとは思えませんが、何なんでしょうか、この読売新聞の中国に対する過度な配慮は!
 同じような過剰配慮は中国だけでなく韓国に対しても同様なのですが、これが別な国の外国人であれば堂々と○○人と書くにも関わらず。それが腹立たしいのです。

 新聞やTVの報道は、確実に何かしらの意志を持って『偏向』されています。

 マスコミは加害者の名前を伏せても、被害者に関しては名前だけでなく所属や家族、友人までも引っ張り出して「イイ人を無くした」と言わせる振りをしながらそのプライバシーを暴露します。
 これは事件を単なるショーとして扱い、唯ただ観客の涙を引っ張り出して視聴率を稼ぎたいが為だけでやっている行為ですが、それをマスコミは「死人に人権は無い」の一言で片づけては、この『人でなし』行為を続けています。
 それがマスコミの意志です。

 今回の事件では、読売新聞は中国に対しては決してその印象を悪くするような記事は書かない事がわかりました。刺されたのは日本人でも、刺したのはアジアの人です。
 犯人が中国人であることが明確に分かっていても、中国人様と韓国人様だけは悪者になってはいけない。それが読売新聞の意志です。
別窓 | 情報操作 | top∧
鬼木議員:自民党 「NHKは異例の集金システム」
2013-04-18 Thu 06:15
 NHKの酷さは議会でも誰かがいつか取り上げて欲しいと思っていましたが、やっと声があがり始めたようです。
 そもそも「見たくなければ、見なきゃイイ。けど、金は払わないと訴える」とは、ヤクザだってこんな無茶苦茶な要求はしません。

 そうやって国民から強制的にカツアゲした金を使って、日本を卑下し、中国をアゲアゲし、韓国を可哀そうだと洗脳放送を繰り返し、日本政府が認めていない従軍慰安婦問題や竹島問題、南京大虐殺等、中韓の主張そのままを海外に広めようと工作する等、これは既に国営放送どころか民放でも無く、単なるテロリストの反政府放送です。

 そんなキチガイ放送局が法律を盾に国民から強引にカツアゲを続け、そうして得た大金をもとに代々木に広大な土地を占拠し、世間離れした高給でこの世の春を謳歌しているのがNHKの現状です。
 こんな反日洗脳放送局をのさばらせるのは嫌だと思うなら、私のようにTV自体を捨てるしか方法はありません。もしかしたら、それが最近のTV離れの原因の一つになっているのかも知れませんが、自らの豪遊に使うためのアガリが少なくなったNHKは、今度は携帯電話だろうが何だろうが、全てを課金対象に含めると言い始めました。

 もう無茶苦茶です。


 民放は「嫌なら見なきゃイイ」と毒づくこともできますが、その見返りとして視聴者の反感を買い、結果的にスポンサーからの広告収入の減少というリスクが伴うということがやっと実証されたと言っていいでしょう。そんな上から目線では視聴者からも企業からもソッポを向かれてしまい、自分達も生きていけないという当たり前の市場原理に今更気付いたということです。
 ところがNHKは、例え全ての国民が害悪であると認めても痛くも痒くもありません。
 現在でさえ人々を告訴すると脅しては金を巻き上げ続けているのですが、それでも国民のTV離れが進んで収入が足りなくなったら今度は税金で賄ってもらおうといった計画がNHK内にあるそうです。
 それでも報道の自由という、反日工作のための権利だけは手放すつもりはサラッサラ無いそうですが・・・。
別窓 | 情報操作 | top∧
渡辺氏:みんなの党 「民主党と選挙協力を」
2013-04-07 Sun 18:35
 次の参院選に向けて、みんなの党内で民主党との選挙協力を力づくでも進めたい渡辺代表と新興勢力の争いが激しくなっているようです。

 前々から書いていますがみんなの党はもともと民主党の枝です。
 地方選等においては、民主党の看板では選挙に勝てないと判断してか、選挙の前後だけみんなの党に移籍して出馬して選挙が終わるともとの民主党に戻る議員が相当数います。
 また、みんなの党と民主党の方針は一見すると異なるように見えますが、どちらの党も握り拳に力を入れて主張していた割には直前でシレッと全く異なることを言いだしたりします。そして結局はやっていることはほとんど同じ。
 私は、みんなの党の渡辺代表の毒舌はそれを隠すための単なるカモフラージュだと思っています。

 次の参院選にむけては民主党は一人野党状態でかなり苦しい立場になっていますが、隠れ民主党としての立場をとる渡辺代表としては、ここでみんなの党が民主党との選挙協力を行うことを打ち出すことで、他党が民主党を入れて対自民の共同戦線を張るような雰囲気作りを狙っているのでしょう。
 こういった動きは今後、もともと民主党とイデオロギーを同じくする生活の党や、隠れ民主が大量に紛れ込んでいる維新の会でも見えてくることだろうと思います。

 民主党という政党はもともと、人間の怠け病をくすぐることで成り立っている労働組合、バリバリの極左集団である日教組、在日韓国人の利権集団である民団によって成り立っている政党です。特に、一時の政権強奪によって割合的には減っているとはいえ、資金的には特に民団からの強い結びつきが裏で指摘されています。
 そして民団はその活動資金の7割近くを韓国からの資金提供によって賄っています。
 つまり私がそこから考えるに、民主党という政党に属している以上、本人が望むと望まざるとに関わらず、韓国の意向に沿う活動しかできなくなる組織だと言えるでしょう。

 本来、このような政党が政権を掌握する等ということはあり得ないのですが、同じような手法で半ば乗っ取られているマスコミによる印象操作だけで、政治音痴な日本人は簡単に騙すことが可能だということが09年の衆院選でハッキリとしてしまいました。

 これを見て、「あっ、そうか国民はこんなにもバカだったんだ」と気付いたのが維新の会の橋下代表でしょう。絶えずマスコミを煽り、目立つパフォーマンスとともに衆愚受けする誇大広告を、さも「当たり前」のように打ち放し続ける。特にそれほど何かをする訳ではなくても、とにかく大声で強気の発言をブチかますだけで、これだけの支持を得ることが出来てしまうのですから。
 これを『衆愚政治』といいます。


 正に、吉本興業そのままの政治家と国民の関係ですが、みんなの党の渡辺代表の行動と維新の会の橋下代表の行動が何か似てるなと感じることはありませんかね。

別窓 | 政治 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。