スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
みんなの党他 「安倍総理大臣に対し問責決議案を提出する」
2013-06-27 Thu 07:22
 みんなの党、社民党、生活の党、民主党等による安倍総理大臣に対する問責決議案のため、電気事業法改正案などの法案は廃案になってしまいました。

 民主党はもとより社民党、生活の党が、国民の生活なんて「どーでもイイ」、とにかく日本が潰れればいいという政党だということは多くの人が知っているのでしょうが、未だにみんなの党には信者が多いようです。
 しかしながら前から言っているように、みんなの党は民主党の一派です。

 そんなことも分からずに、メディアが流すイメージだけでしか判断できない浅墓な国民が選んだのがこの参院の惨状です。
 日本の国政のお粗末さは、国会議員がお粗末なのは当たり前ですが、もともとその議員を選んだ国民のお粗末さそのものが元凶です。

 先日もこのブログで記載した『バランス』爺さんのような人々が理想とするのは、この参議院の様に何も決定できない、まともに審議さえできない幼稚な国会です。

 電気事業法改正案は、東日本大震災の教訓に基づき、電力の需給を地域間で調整するために練られた方案なのですが、これよりも先に、全く意味の無い首相に対する問責決議を優先するとは、本当にみんなの党は皆のことを考えているとは思えません。


 しかしながら、みんなの党、生活の党さえも国民が選んだ国会議員さん達です。

 なんとも情けない国民だと、つくづく悲しくなります。

スポンサーサイト
別窓 | 政治 | top∧
ルーピー鳩ポッポ 「尖閣は日本が盗んだと思われても仕方ない」
2013-06-26 Wed 13:00
 私は通常「過去の事をとやかく言っても仕方が無い、それよりも反省して同じ過ちを犯さないことが大切」と説いているつもりですが、鳩山氏を首相に選んだ日本人に対しては猛省を促したい気持ちです。

 これが皆さんの『民意』の結果です。

 首相在任中もことごとく国益を損ない続け、大したことしてないのに、以降の日本の国家運営に対して果てしない弊害と禍根だけを山の様に作り出して、笑顔で(失礼な事に)国民に対して親指を立てて辞めていった。
 正に彼を支持した国民の鏡の様な存在でした。
 彼が成した功績と言えば唯一、小沢氏の影響力を低めることに成功したこと。これが後の小沢氏の民主党離党にある程度の切っ掛けを作ったのかもしれません。
 そういえば、野田元首相の功績も民主党政権を終わらせたことだけだと思っていますが、ほんとに民主党の首相は皆、在任中にやった事は全てが後々の代までその悪影響を除去するために苦しまなければならない遊星爆弾みたいなものばかり。唯、仮に評価するとすれば辞任する時の道連れだけという、なんとも酷い首相が並んだものです。

 しかし、それを選んだのは皆さんの『民意』です。

 一度、国民が元首相の肩書きを与えてしまった以上、どんなに日本人自体がそれを悔やんでリセットしてくれと懇願しても、国際社会はあのクルクルパーを一国全国民の指揮を執った人物として評価します。
 むしろ、日本人が彼をクルクルパーだと主張すればするほど、外国からみれば「クルクルパーに導かれるくらいだから、国民はそれ以上のクルクルパーだろう」と思われるかもしれません。


 まー、鳩山氏をバカという固定概念だけで見ても解決はないのかも知れません。
 ここはひとつ、彼の立場から物事を考えてみます。

 鳩山氏は世界でも有数の金持ちです。
 それもポッと出じゃない、先祖代々の大金持ちです。
 当然、彼の視点は私の様な庶民の視点とは比較にならない位に大きいのでしょう。(きっと、近所の喫茶店に行くくらいのつもりで、ジャンボジェットをチャーターしてフランスのシャンゼリゼ通りの店を借り切ってしまうぐらいのことは平気でしょう。)
 そんな不必要なまでに広すぎる視点で世界を見れば、一国の存在や主張なんて、御近所の柿の木の枝がお隣に入っているかどうか程度の話にしか感じないのでしょう。私ならそんな枝は切ってしまえと思いますし、実がなったならお互いに半分こにすればイイと提案します。
 そんな宇宙から地球を見るような視点に立てば、尖閣の話しどころか日本の存在や主張なんて小さい、小さい。

 これが鳩山氏の視点であり、自ら宇宙人を主張する根本なのではないでしょうか。
 その不必要で迷惑な程に広い視点は、広すぎて使い物にならない、
 目玉焼きを作るのに、波動砲で卵を割ろうとするぐらいに不必要で迷惑な広い視点。
 過ぎたるは及ばざるが如し・・・か?

 しかし、この鳩山氏の視点にチッポケな人間ごとき微生物の存在など映っていません。全ては地球規模、宇宙規模の大上段に立った考えから来ており、こんな愚かでか弱い人間からすれば「お前は神様にでもなったつもりか!」と思ったとしても、鳩山氏ご本人は生まれながらにしてそんな立ち位置なのですから、別に偉ぶっている訳でも、驕っている訳でも無いと考えるでしょう。
 それは、人間に対して蟻が「おまえは偉そうだ」と言った時に人間が抱く感情と同じなのでしょう。

 等と、いらぬ分析をしたところで鳩山氏の行動が国益を損なうというより、これ以上に日本人がオバカチャンと思われるのは耐え難いところです。
 彼を牢屋に閉じ込めろという意見もありますが、現実的には難しいものだろうと思います。
 そこで如何でしょうか、
 彼を首相経験者のコメディアンとして売り出してしまっては?

 まずは徹底的に持ち上げてテレビに出演させて、漫才師や芸人さん達と一緒にバカ騒ぎの番組にレギュラー出演者として3段列の椅子の最上段にでも座らせておきましょう。
 彼には決して真面目なコメントを求めてはいけません。
 ひたすら芸人さん達と一緒に、罵倒し、罵倒されるバカ騒ぎの中に入って頂きましょう。
 彼が何やら怪しい団体を立ち上げても構いません。
 「笑っていいとも」にも出演させて、その怪しい団体のポスターも貼らせてあげましょう。
 タレントの焼肉屋のポスターと同列に貼っておけばいいのです。
 そのうちに、自ら体を張ったネタでも披露してくれればしめたものです。
 皆でその芸でウケてあげましょう。そのうちにコメディアンとしての身振りが自然に身に付いてくれば完成です。
 きっと海外でも、首相経験者の大富豪コメディアンとして一躍話題になり、それ以降は彼の『まじめ』な発言の格付けは下がる事と思います。

 きっと、彼にはコメディアンとしての才能があると私は昔から思っています。


 因みに鳩山氏の次のキチガイ・テロリスト首相は論外、人以外。これを支持したバカは日本人では無いの筈なので言及にも値しません。

別窓 | バカモノ | top∧
細野幹事長(民主党) 「共産党はどうして受け皿になりえたのか」
2013-06-25 Tue 10:26
 6月23日の都議選で民主党は惨敗、一方で共産党は野党第1党への(大)躍進という結果になりました。これをうけて民主党の細野幹事長は
「(共産党は)どういったところで受け皿になりえたのかを徹底的に分析し、参院選に生かしたい」
と語ったそうです。

 何とも感慨深い言葉です。(・・・んな訳ないか)

 そういえば19日にも細野幹事長はインターネットの生番組で民主党の支持率が4.5%、自民党の支持率が73.9%となったことに対して
「訳が分からない!」
と激怒したそうですが、民主党の諸子が理解できずともこれが現実だということが証明された訳です。
 ってか、細野氏の怒りの矛先って一般有権者だった訳ですから、単に自分を支持しないから場所も立場もわきまえずに相手を一方的に非難するなんて、どこまで韓国や中国とメンタリティーが同じなのか。
 もしかして、参院選で負けたら
「日本人は狂っている、バカばっかりだ!
 こんな国民は早く韓国に全てを差し上げてしまうか、中国の奴隷になった方が
 全世界のためだ!」
なんて言い出すのでは?


 今回も話がそれ始めましたが、

 そもそも終始一貫して主義を貫く共産党と、終始一貫したことが無い民主党を比較すること自体が失礼な話では。

 昔は、一般的に左翼と呼ばれる政党は共産党の他にもありました。
 旧社会党(現在の社民党ではありません)や、その左翼部分を吸収した民主党も左翼政党の一種とも取れなくもなかったと思いますが、時節柄からか「共産主義じゃない」と言いだしたとはいえ共産党は今も昔も頑固なまでの共産主義政党です。どんな懐柔策をとっても頭のてっぺんから爪先までドップリ共産主義です。
 共産主義が左翼かと言うとその定義は難しくなると思いますが、凡人の目からすれば『左翼』でしょう。


 今回の都議選で自公に投票しなかった人のなかには熱烈な共産主義者もいるでしょうから、その人達にとってはマスコミが「今回の都議選のトレンドは・・・」なんて、どんなにデタラメな話を流そうとも、選択肢は共産党以外にはなかったでしょう。

 それに加えて、
「なんか民主党は嘘付いた『みたい』だし、
 維新もパッシングうけている『みたい』だし、
 けど、共産党はトップの選挙ポスターが演歌歌手みたいって
 ウケている『みたい』だし・・・」
という人も、聞く限りかなり存在したようです。

 中には先日記載したように、本当は自民党を指示しつつ『バランスを取る』なんていう常識を外れた行動を好む奇人も、特定の世代には多かったようです。
 そういった行動を取る常識では計り知れない人達は、適当な投票先として古くから形を変えずに存在しながら大きな悪影響を及ぼした事の無い(これまでは、したくても出来なかっただけでしょうが)共産党を選択したのかも知れません。

 どちらの人種も日本人の生活を破壊に導く害虫に他ならないと思うのですが、これが日本に特有といわれる『浮動票』とか『風』と言われる思考停止者達の実態のようです。
 この浮動票や風と呼ばれる人達の害に関しては、ここ暫く周辺の人の意見を聞く限り、少なくともバランス派が老衰で死に絶えるまでは日本人を苦しませ続けるのだと諦める気持ちが強くなりました。

 いづれにしても、何を主張しても後になれば全てひっくり返して、ひっくり返していないと主張し、何か事が起きても他人の所為にして対処もせず、国と国民を苦しめることだけを実行して、それを強権で隠蔽する・・・
 そんな民主党が、彼らがどんなに日本人に害悪をもたらす有権者であれ『受け皿』として認識される筈も無く、むしろ15人も当選したこと自体が異常。
 それだけ、形だけの帰化人が多いことが証明されたと言っても過言ではないでしょう。

 要するに日本には既にそれ程までの人数で、早く日本を潰して、日本人の頭を踏みつけて地面にこすりつけたい異常な外国人が紛れ込んでしまっているということで、これはとてつもない恐怖だと思う次第です。


 細野幹事長の「どうしたら受け皿に」発言は、民主党の人達にしても、そもそも民主党の目指している事が日本人の為ではない事ぐらいは十分に承知している筈ですから、まさか本心からの言葉とはとっていないでしょう。
 だから細野幹事長の言葉は
「どうしたら有権者を騙して民主党を受け皿と見せることができるのか、
 徹底的に分析して、参院選まで騙し切りたい」
という意味にしか聞えないのですが。

別窓 | 政治 | top∧
眞露のCM 「マッコリでモッコリ」
2013-06-24 Mon 05:43
・・・別に文句を言う話ではないのですが、余りにも低俗なCMに言葉がありません。
 子供がいる夕食の場で流れたこのCMに、大人達は全員ポッカーン。

 実家に行った時に垂れ流しになっているテレビから流れてきたこのCMに小学生の姪っ子が私に「モッコリって何?」と質問してきました。
 学校や親の教育がどこまで進んでいるのかは知りませんでしたが、嘘を付くのもどうかと思い、一応言葉を選びながら「子どもを作る時に男の人のチンチンが大きくなること」と答えました。
 いや、夕食の場なんで、それでも非常に気まずい雰囲気なんですが。
 姪っ子は分かったのか分からなかったのか、それとも深入りは良くないとその場の空気に感づいたのか、それ以上の質問はありませんでした。

 そういえば、昔『シティーハンター』というテレビアニメが放映されていましたが、その中でも『モッコリ』はこのアニメの代名詞のように使われていました。
 とは言えテレビアニメはある程度、視聴者の好き嫌いで見ないという選択肢も取れると思いますし、親が子供に見せないという手もあるでしょう。
 しかしながらテレビCMとなれば、好むと好まざるとに関わらず強制的にテレビから流されてきます。そこに選択権は無きに等しい。(本当は、事前に調べておけばある程度は選択できますが)

 日本の社会における子供への性教育が遅れているだのといった下らない指摘もありますが、性的な事を隠したがる日本の家庭環境を考えればそれも一つの文化だと思いますし、幼少の頃から性教育を進めれば性犯罪が少なくなるとの言い分は、欧米の開放的すぎる環境でも性犯罪が少なくない事実を見れば説得力が無いと思っています。
 結果、日本の性教育は昔ながらの家庭環境が最も日本人に適していると思います。
 脳味噌が歪な教育委員会や社民党、民主党のキチガイ共に捏ねくり回して欲しくないのです。
 それよりも彼らがいじくり回して作ってしまった、子供の教育もマトモにできない最近の親に対する再教育をどうするかの方が問題でしょう。
 そういった中、件のCMは奥手な日本の家庭環境にケンカをうってきたのでしょうか?


 眞露(ジンロ)というメーカーの名前は昔から聞き覚えはありましたが、よくよく調べてみると韓国メーカーです。
 もともとは焼酎を売っていたようですが、数年前からマッコリという毒酒を販売するようになったそうで、日本の飲食店にこの白濁色の細菌毒物が出回るようになったのはジンロが頑張っていたんですね。
 もっとも、ジンロという1メーカーだけの力であそこまで爆発的に広まる筈も無く、そこには韓国の国家予算による電通の買収と民主党に対する裏金がフンダンに注ぎ込まれていたのでしょう。
(その辺りの関係は後述します。)
 そうでもなければ山手線の車両丸ごと韓流スターによるマッコリのCMなんて業は為し得ないでしょうから。
 もっとも途中からはサントリーもこの毒物の販売に手を染めていました。

 このマッコリという飲み物は製造方法に問題があるため細菌が繁殖し易く、(毒物では世界一、二を争う)中国でさえ輸入禁止になっているそうですが、日本では民主党政権のお陰で長く検疫を免除されていたそうです。
 民主党政権時代の韓国に対する特別措置によって『毒入り』のまま日本国内に流通していた食品といえば「キムチ入り大腸菌」「ヒラメの寄生虫塗し」「ネズミの頭入りラーメン」が有名ですが、マッコリもその一つだったそうです。
 これらは皆、海外では販売禁止、輸入禁止品ですが、日本だけは何の報道も無く、普通にスーパーで入手できました。
 そもそも製造元の韓国でさえ緊急回収していた食品でさえ、日本人は最後までこれらを何の疑いも無く食べて、せっせと病院に通っていましたから。
 韓国からすれば便利なものです。国内では食中毒が発生して回収させられた食品でも、日本に売れば腐っていようが全て日本人が高値で買って笑顔で食べてくれるのですから。
 更にその後に下痢で苦しんでも、幼児が死んでも日本人は文句を言いません。原因を知らされることは無いのですから。

 当時、原因が明確にならない食中毒事件が頻発していたように思いますが、実はこれが原因の大勢を占めるのでは。
 事実、韓国産キムチに関しては、欧米だけじゃなく中国までもが余りの雑菌の多さに輸入禁止に踏み切っている最中に、時の”蓮舫”内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)が検疫免除を(国民に内緒で)実施し、その直後に9都道府県で韓国産キムチから変異したノロウィルスが見つかる騒ぎになっています。
 この時も、原因となった検疫免除の件にはどのマスコミも口を噤んでいましたが、実は食品安全担当大臣が、国民の食品から安全を奪っていたというのが真実です。
 そもそもフランスでは韓国製キムチは「有毒食品」として登録されてますし、日本でも「犬の糞付きキムチ」が一時騒がれていました。

 そういえば最近は日本に対する韓国からの食品輸出が激減しているそうで、日韓の外交問題をその原因とする論評をこれまたマスコミが中心になって蔓延させているようです。私的には、もともと民主党が国民の安全を無視してまで強引に進めた韓国のための政策が無くなったのが激減の理由だと思いますが。
 当時のマスコミと政府がタッグを組んで『日本人を騙して韓国の全てを日本に捻じ込む』政策が無くなってしまえば、なにも好き好んで汚い韓国品を買うような日本人がそんなにいたとも思えませんし。

 お下劣CMの話から韓国食品と民主党の話になってしまいました。


 CMの話に戻すと、私が子供の頃には深夜枠だったパチンコ屋さんのCMも今では白昼堂々と放送されています。
 昔はパチンコのCMが流れ出したら、子供心にも『いけない時間帯』に突入したような気がしたものです。それが今では朝のワイドショーの合間に、如何にも「パチンコメーカーは、世のため人のために頑張っています」といったCMが流れていますが、どういった社会貢献をしているのかは絶対に言わないところがこのCMのミソ。
 昨今のテレビ離れで放送業界や電通などの広告業者も苦しいのでしょうか。
 私は滅多にテレビは見ませんが、それでもどう見ても安っぽいCMや、聞いた事の無い会社の広告が増えているような気がします。
 って、ことはこれからも、こういった品性下劣なCMや、素性の知れない怪しい会社のCMが増えていくのでしょうか。

 それはそれで更にテレビ離れを加速するということで、良い事だと思いますが。

別窓 | バカモノ | top∧
70代男性 「自民が勝ちすぎると良くないから」
2013-06-19 Wed 07:07
 私の知人ですが、自民党の政策を支持しながらも次の参院選では自民党には投票しないそうです。
 その理由は「自民党だけが勝ちすぎると良くないから、バランスを取って」だそうです。

 なんで日本の老人世代はこうも愚かなんでしょうか。

 彼はこんなことも言っていました。
 「昨年の衆院選で自民党が勝って良かった。このままだと日本はどうなってしまうのか、大いに心配だった。でも、その前の選挙では自民党が負けたのは良かった。自民党は一度負けるべきだったので、そのおかげで今のように再生できた。だから自分が前の選挙で民主党に投票したのは間違えていなかった。」

 もう、手がつけられません。

 この人はいったい自民党の政策の何を支持しているのでしょうか。
 そして、その支持する政策に反対する政党にわざわざ投票する理由は?
 それを聞いても明確な回答は得られず、思いっきり機嫌を損ねただけでした。

 おそらくは、彼には明確な支持する政策など存在しないのです。ただ漠然と経済政策だとか、外交政策だとか答えるだけでしょう。だから常に考えがブレまくり、常に過去の自分の考えに対する格好よい言い訳を探しているのでしょう。
 まさにマスコミが描く理想のバカ像です。
 正直言って、これほど模範的な回答を得られるとは思いませんでしたが、私の周囲の老人たちは得てして似たような考え方のようです。

 彼の例で言えば、私の感想は
 ”朝は朝食が出来るまで新聞を穴が開くほど眺め、日中から夜の就寝までテレビのバカ騒ぎをボーッと眺め、移動中は低俗な週刊誌でゴシップ記事を楽しむ、そんな生活をしているからいけない” です。

 彼の例だけではありませんが、自分で考えることを放棄している人があまりにも多すぎます。そして彼らは口を揃えて「自分は考えている」と主張します。
 ところが、その「考え」と主張するものを聞くと購読している新聞の記事やテレビで司会をしている漫才師の意見のごちゃ混ぜで、その結果、自分の主張なるものの筈なのに方向性が定まらず、最後は『大人のバランス感覚』なる意味不明な行動に行き着きます。
 そして、その『バランス感覚』でさえマスコミが広めているもので、「一党集中は良くない」というキーワードは連日のようにテレビ、新聞から流されています。

 彼らのような人達で、一党集中がなぜ良くないのかを明確に答えられる人がいったい何人いるのでしょうか。
 まさか「独裁政治になるから」なんて、小学生レベルの回答じゃないでしょうね。
(もし、そう答えるとしたら、彼らは昨年までの民主党集中を作った責任をどう考えているんでしょうか? 当時の民主党は本当に独裁政権にすることを計画していましたが・・・)


 日本の選挙の動向は浮動票にかかっているといわれます。
 浮動票とは特定の支持政党が無い人達のことで、つまりはその時々によって投票先を変える人達のことです。
 ・・・と、マスコミでは言っていますが、そんな訳ないだろ!

 正確には、浮動票とはその時々の『気分次第で』投票先を変える、政治に対して自分の理想や要求を持たない人々、だから政治に対する勉強をしていない人、だから本来は投票できるだけの知識なんて無い人、だからマスコミの思惑通りに勝手に思い込んでくれる便利なバカ達。
 これが正確な表現で、そう言ってしまうとマスコミの思い通りにいかなくなるので敢えて『その時々によって投票先を変える』と言い換えているだけでしょうが。

 一度、マスコミの情報を鵜呑みにするようになってしまうと、そこから抜け出すのは容易ではないようです。

 なにしろ多くの精神病患者と同じで、自覚症状を客観的に理解する能力さえも失われているのですから。
別窓 | バカモノ | top∧
酒井法子さん 「(ASC出演中止に)誠に申し訳ございません」
2013-06-18 Tue 17:40
「アジアを中心としたエンタメ、ファッション、各国の文化交流の場として、中国、韓国、日本、ASEAN各国をサーキットする一大イベント『ASIA STYLE COLLECTION』6月22日(土)シンガポール開催に出演予定でしたが、主催者側の都合により、急遽出演することができなくなりました。楽しみにしていてくださったファンの皆様には、大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。」

 酒井法子さんが6月22日にシンガポールで開催されるファッションイベントへの出演を急遽中止することになった理由は公表されていませんが、どうも日本側のスポンサーから圧力がかかったようです。
 「覚醒剤で逮捕された人物は相応しくない」との理由だとか。
 これに対してネット上には
「当たり前だろ」「一度覚醒剤に手を染めた人間が簡単に復活できるほど日本は甘くない」といった意見が多いようですが、はたしてそうでしょうか。

 同じ歌手でも長渕剛さんや槇原敬之さんも以前に覚醒剤で逮捕されていました。
 役者さんでも、再犯でもしない限りは復帰している人は沢山います。
 それに、一度の犯罪で社会復帰を許さないのであれば刑に服する意味がありませんが。
(酒井法子さんの場合は、一応芸能界復帰は果たしているようですが)

 覚醒剤だけでなく全ての犯罪は決して肯定されるものではありませんが、それを理由に仕事を召し上げてしまっては、世は生活保護受給者で溢れてしまいます。

 おそらくは酒井法子さんのイメージが覚醒剤と相容れないのでしょう。
 もしくは覚醒剤を打ちながら裁判員制度の広告に出ていたからでしょうか。
 どちらにしても正直、いい加減に許してあげてほしい気持ちです。


 はっきり言ってしまえば、私は昔、酒井法子さんのファンでした。
 特にファンクラブに入るなどのディープなファンという訳ではありませんが、CDは何枚か所有していました。(その程度でファンと呼べるのか・・・)
 先日、インターネットで酒井法子さんの昔の画像を閲覧しましたが、あの頃のキャピキャピした元気のよさを見ると、今の酒井法子さんは痛々しい限りです。
 どこからこんな方向に向かってしまったのでしょうか。

 一度犯した過ちは一生消えることはありません。
 しかしながら日本には、人を過ちから立ち直らせる寛容さがあると思っています。
 当然、そこには犯した罪の重さが加味され、如何に寛容とは言え殺人や強姦などの様に他人の人権を無視した犯罪であれば、社会が犯罪者の更生を受け入れるのは容易なことではありませんが、酒井法子さんの場合は本人の弱さの問題です。
 だから多くの歌手や役者の方々も現役に復帰しているのでしょう。

 服役中のイメージキャラクターへの起用などは確かに「ふざけるな、ちゃんと罪を償ってからにしろ」と思いますが、芸能人如きが周知の過去の事でパッシングに会うのは見ていられません。(芸能人如きと書いたのは、政治家は別と考えるから)
 何れにしても、いつまでもふさぎ込んだ『のりピー』の姿は見たくないと願うしだいです。


 追記すると、私は長渕さんの曲も、槇原さんの曲も大好きでした。

別窓 | 芸能 | top∧
山内議員:社民党 「辺野古移設したら、日本は野蛮国家だ」
2013-06-12 Wed 21:15
 社民党の山内議員は
 「辺野古新基地建設は人殺しをする戦争目的の飛行場建設だ。
 アメリカ海兵隊の使う基地は人殺しのためのものだ」
 「辺野古移設を断念しなければ日本政府は民主主義国家でも文明国家でもない。
 ただの野蛮国家だ」
と申されたとか。

 社民党の理屈に合わせると韓国も当然に野蛮国家なんですよね。
 ましてや、核兵器を持っている中国なんて鬼畜国家レベルということになる筈なんですが、なんでアメリカ軍だけは人殺しと断定されるのだか・・・。


 未だもって不明です。
 なんで社民党や民主党ってのは、中国や韓国の軍備増強は『地域の安定を守るための正義の軍備』で、アメリカや日本の軍備は『人殺しのための悪の軍備』になってしまうのか。
 ネット上では社民党、民主党の言う丸裸国家像に傾倒する人を指して良くお花畑と称しますが、よくよく考えるとお花畑なのは社民党や民主党の嘘に騙されて踊らされている可愛そうなおバカさん達だけで、マイクを持って叫んでいる本人達は日本という国家を解体して、その土地や資産を中国と韓国に差し上げるという明確な目標をもって行動しているようです。
 その結果、彼らに踊らされた哀れな平和主義者達が大嫌いな銃で撃ち殺され、戦車に踏み潰されても、そんなことには全く関心がないのでしょう。
 日本では中国に武力侵略されたチベットやウイグルの人達が日々どんな殺され方をしているのかは全く報道されないため、口で言っても信じようともしないほどに完全にボケてしまっている人が実に沢山いるのが現実です。


 さて、ところで

 そもそも日本の有権者はなんで、こんな自分たちを殺そうとしている人をわざわざ政治家に選んでいるんでしょうか。
 今まで私は一つにはマスコミに騙されたから、また一つには政治家に騙されたからだろうと考えていましたが、どうも選挙の度の情報を見る限り有権者自らが進んで悪い選択肢を好んでいるような節があります。
 どこかの政党が勝ちそうだと聞くと敢えて逆の選択肢を選ぼうとするような、まるで多くが選ぶ選択肢を単なる流行のように捉え、それに逆らうのが格好いいんだという子供染みた思い込みでもあるかのような。
 もしくは一方に偏ることを嫌い、バランスをとることを考えているのでしょうか。
 それとも、どうせ勝つところは決まっているのだから「たかが1票」と遊び心で投票しているのでしょうか。
(事実、子供の頃の学級委員選挙等では、決まってそういう投票がありましたが)

 それらのどの理由だったとしても、選挙を舐めているとしか言えません。
 何れにしてもまともな大人の行動ではありません。正直言って発達障害の部類です。

 選挙における勝つ、負けるは結果です。
 投票の時点で有権者がそれを意識してどうすんでしょうか。
 まじめに立候補者の主張、政党の主張を確認して、自分がこの国を、この地域をどうして欲しいのか、その立候補者は信じるに足るのかを判断して投票するものです。
 自分が投票しようとする立候補者や政党の主張も知らずに投票所に向かう人は、考えることを放棄している、単に面倒臭いから手を抜いているのです。

 投票権は誰でも20歳になれば勝手に与えていただけるものですが、年齢だけが大人の判断基準じゃないでしょうに。
 正直、そんな不真面目な考えなら投票所になど行かない方がナンボも子供たちのためです。

 人間が大人なのか、子供なのかの判断は体の成長だけではありません。大人として振舞えるだけの判断力(考える力)が備わっているかも大切な判断材料ですが、最初から考えることを放棄しているのでは大人であるかを問う前に幼児以下です。
 これが私が発達障害と呼んだ理由です。

 最近は体ばかりが歳を重ねてしまい、考える力の発達は幼児期から止まったままのような大学生、社会人、老人が激増しています。高校生でそのような行動をとる人はむしろ逆に減っているようにも感じますが、バカな大人達が彼らに押し付けた逆境が、どうしても考えなければならない状況を作ったのでしょうか。

 なんか、数年後には妙に思慮深い若者が増えて、幼稚なジジ・ババ世代は若者の憎しみの対象になりそうな気がしますが。


 話がそれましたが・・・

 それにしても、個人の思想が他人から見て良かろうが悪かろうが、選挙は自分が信じる候補者・政党に投票しましょう。

 子供の遊びじゃないんだから、投票所に行って紙を突っ込めば良いってもんじゃないでしょ。
別窓 | バカモノ | top∧
NHK集金員 「こんにちわ、NHKですが」
2013-06-08 Sat 17:14
 めずらしく休日の昼間に自宅にいると、実に様々な『押し売り』がやってきます。
 聞き慣れない不動産開発会社然り、株関係然り、フィットネス関係の勧誘なんてのもありました。
 NHKの集金員もその一つです。

 長閑な梅雨の晴れ間の午後、インターフォンが鳴ったので出てみるとNHKの集金員だとか。
「受信契約の確認にまわっています」との事でしたので、
「うちにはテレビはありませんが」と回答。これは事実です。
 すると、
「テレビ以外にも、テレビ放送が見れるパソコンや携帯電話もないですか」との問い。
「パソコンもありません」と回答しました。これは正確には事実ではありませんが、私の持っているパソコンはテレビ放送を受信する機能はありません。携帯はスマートフォンを所持していますが、テレビなんぞを見るつもりもありませんし、そもそも普段使わない機能なので使い方どころか、そんな機能があるのかもわかりません。

 テレビ等という低俗なものを見るか!、ましてや反日NHKなぞ・・・と2,3嫌味でも言ってみたい気もしましたが、取りつく暇もなく
「それじゃ、そういった物を購入したら連絡ください」と言ったかと思うと「ブツッ!」とインターフォンが切れてしまいました。
 ・・・どうやって連絡しろと言うのやら。

 何のことも無いやり取りに見えるかもしれませんが、その最中のNHK集金員の不遜な態度が余りにも酷かったため、その後はこちらの気分の悪さだけが残ることになってしまいました。
 文字にすると言葉自体は自然ですが、その口調、崩れた服装、モニターに映るふくれっ面、姿勢、最後の言葉などは言い終わるか終わらないかという間に切れてしまいました。
 いままでたくさんの『押し売り』に会ってきましたが、ここまで尊大な『押し売り』は初めてだろうと思います。


 私は基本的にいろいろな勧誘電話や『押し売り』にもちゃんと対応することにしています。
 会社の事務所にも稀に不動産開発等の勧誘電話が掛ってきますが、丁寧にその気がないことを伝え、仕事場なので勧誘目的で電話を頂くのは困る旨を説明しています。
 昔ながらの歯ブラシの訪問販売じゃあるまいし、最近の『押し売り』、特に電話勧誘においては組織としての会社が行っていることです。その会社に悪意があろうと、電話を掛けてくる人はその会社に雇われているだけで単に与えられた仕事をしているだけでしょう。
 ましてや、灼熱の炎天下でキッチリとスーツを身に纏い、大汗を流しながらも常に笑顔で丁寧に訪問勧誘に回るなど相当な苦労だと思います。しかも、大方の客には罵倒されながら回るんですから。
 昨今の記録的な就職難のもと、もしかしたら立派な大学を出た若者が『否応なく』、こんなブラックな仕事をせざるを得ないのかも知れないと思いつつ、将来の日本を背負っていくべき彼、彼女等の苦労もいつか実を結ぶことを祈るばかりです。
 でも、勧誘にはのりませんし、別にお茶を出したりもしませんが・・・。


 ところで、NHKは本当に携帯電話やパソコンにまで受信料を払わせるつもりなんですね。

 ここまでするなら受信機能のある端末に最初から契約料を上乗せしたら・・・。
 そしたら、私みたいな消費者は敢えて受信機能のない割安な端末を探すでしょうし、企業も受信機能のない端末を売り出し、逆に受信機能のある端末は死滅するかもしれませんね。

 だったら、受信機能のある端末もNHKと契約するまでテレビが映らないようにすれば・・・。
 でも、そうしたら無料民放が被害をくらうことになりますか。それに、普通のテレビとの差別が問題になるかもしれません。
 そもそも、テレビを買ったら嫌でも切り離すことが出来ない『見たくもないNHKに金払う義務』が自動的に発生すること自体が、”日本最大にして最狂の押し売り会社:NHK”の武器なのでしょう。

 この武器があるからこそNHKは潤沢な資金を活かして、国民の望まない放送を行い、意図的に細かいところに嘘や捏造を散りばめ、特定の外国に都合の良いように国民を洗脳し、外国が日本を非難するための嘘の国民世論を海外にまで広めるという、ありとあらゆる反日活動を続けることができるのでしょう。


 今、日本人には『NHKを拒否する権利』が必要だと痛感します。

別窓 | 世情 | top∧
岐阜新聞 「韓国に対するヘイトスピーチを規制すべき」
2013-06-07 Fri 07:23
 はて?
 マスコミは表現の自由をどう捉えているのでしょうか。
 言葉が汚いから規制すべきなのか、表現が過激だから規制すべきなのか?
 そもそもヘイトスピーチなる言葉を広めたのもマスコミなのですが、考え方によってはマスコミ各社がこれまで行ってきた悪意の報道こそヘイトスピーチの典型でしょう。
 「韓国に対するヘイトスピーチ」なるもの自体、マスコミにとって都合が悪いから悪名を付けて広めたものです。それこそ反韓活動に対するヘイトスピーチじゃないですか。

 それ以前からもマスコミは、安倍総理大臣に対する失礼な侮辱発言は数知れず、あるNo芸人に至っては完全な誹謗中傷も平気で繰り返していましたが、ヘイトスピーチを規制するなら当然それも規制するのですよね。

 そもそもマスコミは、新大久保あたりで繰り広げられている反韓デモを「ヘイトスピーチだから法規制しろ」と平気で叫んでいますが、これは立派な言論弾圧です。
 マスコミという職業に属する人達は、自分達のことになると少しのことでも直ぐに「言論弾圧だ!」「報道の自由を奪うのか!」と基地外のように大騒ぎするのに、自分達は一般人に対して言論弾圧を加えても何とも思わないのですね。

 まったくもって、マスコミは自分を省みることをしない種族です。


 やはり、ペンは暴力以外の何物でも無いと感じます。

 個人が個人の感想や感情をペンによって自由に主張することは絶対に阻害されてはいけないことですが、組織が組織としての意図を持ってペンを握るとき、それはほぼ必ず暴力になると言っても過言ではないでしょう。

 報道に会社の意図を反映した主観など不要です。報道は起こった事実を正確に知らしめるだけで結構です。

 一般人を捕まえてのインタビューも不要です。知識が不足している一般人の意見など何の参考にもなりません。ましてや、何の専門知識も無いNo芸人の偉そうなコメントなど害悪以外の何物でもありません。

 適当な言葉による修飾も不要です。「現場は大混乱しています」等と言う抽象的な表現で、視聴者を混乱させておいて、自分達は正確性の議論から逃げるのは卑怯の極みです。

 マスコミに『表現の自由』は不要です。表現しようとするから嘘や誹謗中傷が入り込む余地が生まれるのです。表現の自由は娯楽や主張について適用されるもので、報道にまでそれを拡大解釈するようになってしまったマスコミに対しては、一旦この自由を規制しないと現在のような嘘の付き放題は是正されないのではないかと感じます。


 私は政府にはむしろ、岐阜新聞のようなマスコミによる言論弾圧を規制して欲しいと望みます。
別窓 | 詐欺師 | top∧
フジテレビ 「警察には事前に相談済み」
2013-06-06 Thu 07:02
 フジテレビの番組で、芸能人を驚かしてその反応を見て喜ぶという番組があるようですが、驚かされた具志堅氏が警察に通報してしまい、番組のスタッフが慌てて具志堅氏に事情を説明するとのトラブルがあったそうです。
 画面には「警察には事前に相談済み」とのテロップが表示されたそうですが、いったいどんな相談をしておいたのでしょうか。相談された警察の方もどんな対応を取られたのかとっても不可思議です。
 それに仮に事前に相談しておいたとしても110番通報してしまった訳ですから、受付センターを動かしてしまっており、事前に相談しておいたとか言ったレベルではないでしょう。

 こういったドッキリ系の番組自体は昔からあり、実に様々なイタズラが行われてきました。
 当然、暴力や火事といった関係のイタズラも多々あったのでしょうが、昔は携帯電話なんてありませんでしたから。
 結局、番組スタッフの段取りが悪かったということになるのかも知れません。

 ・・・本当に、それで済まして良いのか疑問が残ります。

 最近のテレビの低俗化は、笑って済ませないようなものが増えているようです。
 芸人に体を張らせて笑いを取ろうとして病院送りになるなんてのは、本人はそれで稼いでいると納得しているならイイかもしれませんが、こんなバカ達の為に、少しでも重病人の治療が遅れるようなら一般の患者さんにも病院側にも酷い迷惑です。
 また、今回のフジテレビのように公共機関に迷惑をかける等は以ての外だと考えます。
 もはやフジテレビには、悪戯電話で警察や消防に迷惑をかける行為や、不急の用で救急車を呼ぶ行為を注意する権利は無く、それは公共の放送という権限を行使する資格を持たないということです。

 それだけではありませんが、私はTVに流れる公共広告機構のCMを見るたびに非常に気分の悪い思いがありました。

 常に言っている事は正論ですが、それを流しているTV自体がやっていることが、自ら言っていることと全く違うのですから。

別窓 | バカモノ | top∧
**/
| 憂久の船 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。