スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
朝日新聞 「希望は失うまい」
2013-07-24 Wed 18:13
 参院選に関するここ数日の新聞の記載を見ていると、あまりの『変』ぐあいに腹を抱えて笑えてきます。


[朝日新聞]
・民主党の失敗を機に流れは再び振り出しに戻ったが希望は失うまい。生物の進化は偶然に左右されるが、人間は目標を持てる。環境の方を変えることすらできる。

・自民党にとって代わり得る手ごわい野党がなければ、議会制民主主義は健全に機能しない。

・自民党が圧勝した去年の衆院選の投票率は59・32%、おとといの参院選は52・61%であり、1強体制をつくり上げた選択の機会に、4割から5割近い有権者は参加していない。棄権した人たちの考えは一様でないにせよ、1強ではすくいきれない民意があることは間違いない。

・有権者は日本の針路を丸ごと安倍政権に託したわけじゃない。野党が自壊しただけ。自公政権は民意との捻じれを恐れろ。

・安倍政権は選挙に勝つためだけに大事なことに全てボカシをかけてきた。だが、民主党の不甲斐なさの所為で安倍首相の通信簿が相対的に甘くなった。


[共同通信」
・投票率の不振は「何も変わらない」という政治不信が原因。


[東京新聞]
・「選挙無効」が提訴された。司法は国会の怠慢を厳しく裁け


 っと言うことで、朝日新聞の基地外度は今まで以上に上がっていますが、極めつけは毎日新聞でした。


[毎日新聞]
・安倍首相の言う「がんばった人が報われる社会」とは反知性のヤンキー精神だ。

・自民党は、衆参ねじれが解消したからといって、熱の無い圧勝におごるな。ねじれは野党の健全なチェック機能より政治の混乱を印象づけ、行き場を失った批判票の多くが棄権に回ったことは否定できないことを首相や自民党は履き違えてはならない。長期政権の足がかりを得た今こそ、中韓との関係改善に取り組む好期だ。



 朝日新聞の「生物の進化は・・・」は最初は何が言いたいんだか不明でしたが、よく読むと要は「民主党による政権交代は日本政治の進化を示したが、民主党が不甲斐なかったばかりにまた退化してしまった。けど、希望は無くさないでがんばろう」ってことです。やっと希望が見えてきたこの今に「希望を無くしてはいけない」と勇気付けてくるとは、何とも場の空気の見えない人達だか。
 投票率の低さを盾に、自民党が民意に沿っているとは言えない、然るに民意とずれていると言いたいようですが、これはそもそも議会制民主主義を冒涜しています。なんで二大政党じゃないと議会制民主主義が機能しないと言い張るのか? その根拠不明な強弁どころの話じゃなくて、まるで国民は間違えて自民党を選んだような、選挙制度と国民を完全にバカ呼ばわりしているような、凄い高飛車な言い分に聞こえますが。

 毎日新聞に至っては、どういったシナプスの誤結線を経れば「がんばった人が報われる社会」=ヤンキー精神になってしまうのか。
 それに「自民党が勝てたのはねじれ国会だったのが理由で、投票しなかった人は実は全員が自民党に入れるのが嫌だったから」と決め付けちゃってます。
 そしてトドメは「政権が安定したなら、中韓との関係を改善しろ」って。
 こいつらの頭の中には、これしか無いのか・・・。

スポンサーサイト
別窓 | 政治 | top∧
牛丼屋のお客 「今、決めてんやろが!」
2013-07-06 Sat 15:05
 過剰な消費者意識というのでしょうか。

 まるで戦場のような平日お昼時の牛丼屋に入ってきた20前の学生風の男性2人。席に着くと、注文を聞くために目の前で待っている30歳くらいの男性店員さんをよそにあれこれ悩み始めました。

客A:「お前は何にすんねん」
客B:「俺?・・・今、悩んでん」
客A:「俺はもう決めてんねん。カルビ丼や」
店員:「カルビ丼ですね」
客A:「アッ! やっぱ、ちょっと待ってや、
      やっぱ、他のにすんわ。
      ん~・・・」
店員:「そちらのお客様はお決まりですか?」
客B:「今、悩んでんねん!
      急かすな!
      ボケ!」

そのうち2人の客は、さっきの女は×だったとかの話を始める始末で、溜まりかねた店員が、

店員:「それでは、決まりましたらお声かけ下さい」

客A:「ちょっと待てや!!
      今、決めとるゆうてるやろが!!
客B:「貴様、何考えとんや!!
      注文とらんと、どこ行こうっちゅんや!!」

の、大騒ぎ。
 結局、更に年上の店員が出てきて平に謝っていました。


 以前、このブログで小学校に入学したての子供が教師に向かって「お前の給料を払っているのは僕のパパだ」などと言うとの話を書いたことがありましたが、こういった低級な人もどきは既に日本人の全世代に浸透しているのかもしれません。
 客は客でも、たかだか数百円払うくらいで、態度だけは数万円級です。
 別に、数万円払えば暴言も許されると考えているわけではありませんが、1人あたりン万円くらいのレストランに入れば、こっちが何を注文するか悩んでいる最中にウェイターさんがどっかに行ってしまったら怒ります。客の嗜好を聞いて、アドバイスしてくれるようなサービスも含めて客はお金を払っているのですから。
 それと同じようなサービスを僅かワンコインで味わおうなんて・・・図々しいにも程がある。

 最近、高級レストランで水にお金を払うことに対して議論が沸いていましたが、席に座るだけでお金を払うお店もあります。それが唯の水道水だろうが、六甲のおいしい水だろうが(正直、私は味音痴なので水の味なんてわかりません。高級店の方には申し訳ありませんが)そのお店のお水は、不平を言っている人達のランチ並みなであることを理解すべきです。
 牛丼屋さんに入って280円の牛丼に、お茶が300円したらかなりショッキングですが、高級レストランは牛丼屋じゃありませんから。


 今日も話が逸れてしまいました。

 昔のCMで「お客様は神様です」なんてのがありました。
 これはあくまでも店側の視点です。
 客の視点からすれば、私は神様なんかじゃありません。店員さんも私も唯の人間です。
 ただし、客はお金を払ってその対価を求める側であり、店員さんは対価としてのサービスを提供する側であるにすぎません。逆にいえば、店員さんは客に対して金額以上のサービスを施す必要は全くないのですが、昨今の過当競争のなか、他店よりも少しでも多くのサービスを提供して客を得ようとする思いが、客側の思い上がりを促し、それが教育等の本来は単なる客と店の関係では無い分野にまで及んでしまっていると言うことでしょうか。
 そう、唯の客側の思い上がりです。

 考えを一歩進めて、それでは客は何で思い上がるのでしょうか。
 大抵のお客も、立場を変えれば店員の側に回っている人が多いと思います。(最初の段で、牛丼屋で怒鳴っていた客も、実はドーナッツ屋で働いているかもしれません。)
 それが客の立場になると一気に偉い立場に立ちたがる、それもできるだけ安上がりに。それはきっと店側の立場の時に別の客から暴言を受けて、溜まったストレスを一気に晴らそうとしているからじゃありませんか。それも相手が反論できないのを良いことに。
 これは学校における苛めと、全く同じ構図だと私は考えています。

 人間は本来、全く平等ではありません。
 持って生まれた環境も、能力もバラバラですし、そもそも人間とは集団で生活する生物ですから、必ずリーダーやそれぞれの役割分担を集団の中に必要として発達してきました。それが組織です。
 今、(一部かもしれませんが)小学校では学級委員はやりたい人がやれば良いそうです。複数人いたときはジャンケンで決めるそうです。
 小学校の先生曰く、「これが民主主義と平等」だとか。

 唯、目立ちたいだけの役に立たないリーダーに率いられた集団の末路は悲惨です。こんなことをしていれば何れ集団は崩壊します。
 このため人間には生き残るために生まれつき、単なる平等ではない『適材適所』と快適な上下関係に対する欲求が備わっているのではないかと私は思っています。

 今の日本では『人権』と『平等』の意味も理解できなままに、それを強引に押し広げた挙句、人間本来の欲求を押しつぶしているのではないかと思います。
 結局のところ溜まったストレスは一点に集中し、抵抗できない弱い相手を「みんなで」見つけて、「みんなで」苛めることで、表向きの平等と、本能眠っている欲求を満たそうとする。

 要は、人間とは上下を付けたがる生き物なのです。

 実は、多くの人は上下関係の『上』に立つと(欲求が満たされるからでしょうか?)本来の意味での平等が何かが見えてくるようです。
 入社したてなのに会社の社長や組織を小馬鹿にしたり、牛丼屋で騒ぎ立てる人は『上』に立った経験の無い、いつも『下』の位置ばかりの人ということでしょうか。


 そう考えると、私も変なところで騒がないようにしないと・・・

別窓 | バカモノ | top∧
中日新聞 「日本と韓国の関係改善図れ」
2013-07-04 Thu 07:37
 ブルネイで開催された日韓外相会談では、韓国は日本に対して歴史認識の改善を押し付けてきたそうです。

 改善するのはそっちだろうに。

 早速、日本国内のメディアは、韓国側が日本に対して一方的にイチャモンを押し付けてきた事など無かったように、これを機に関係改善を図れとフザケタ事を書き連ねているようです。

 そう、これなんです。
 こうやって、韓国の勝手な妄想を無条件に受け入れるように急き立てる日本のメディアが元凶なのです。

 韓国は外相会談で日本に対して一方的に韓国側の都合を押し付けるとともに、海外では「日本にオリンピックを開催する権利は無い!」と騒ぎ立てて、日本に対する妨害工作をエスカレートさせています。
 そして日本国内ではマスコミが韓国と仲良くしろと騒ぎ立てる。
 今までの日本人は、この韓国と国内マスコミの緊密な連係プレーに簡単に騙されてきました。
 私はそれが日本経済の低迷と韓国の経済成長の一因だと思います。

 これまでの日本国民があまりにもバカだったために、簡単にマスコミに騙されて「韓国と仲良くすべき」という世論が高まったところで、改善を図ろうとする日本政府に対して「それなら金だせ!」と迫る。
 国家レベルの詐欺師です。
 身の回りにも同じような人がたまにいます。
 こちらが御人好しなのを良いことに仲良くする振りをしておいて、陰でさんざん悪口を振りまいて、気がつけばこっちが周囲から爪はじきになっていた・・・そんなことをする人がいたら実は韓国人なのかもしれません。


 国際社会なんて綺麗ごとじゃないというのは当たり前ですが、韓国の言動は『汚い』とか『卑怯』といったレベルを超えています。
 ましてや、それを国民一人一人のレベルから何の躊躇も無くできるというのは、世界広しといえども韓国人という人種以外はありません。

 日本人の中には「それは韓国での教育が悪いからで、国民一人一人は本当は善人」という、如何にも自分は良識派なんだと自己満足に浸った意見がありますが、最近、私は違うと感じています。
 韓国人は最初から自己中心的で、卑怯で、賤しい民族なのではないでしょうか。

 何れにしても韓国にとって日本は昔から『仮想敵国』であり、韓国人にとっての日本人は犬以下の『下等民族』です。
 韓国人にとっての日本人は対等に付き合うなどオコガマシイ、(李明博 元韓国大統領が言ったように)韓国人に対して土下座してお付き合いを懇願しなければいけない奴隷のような存在なのです。


 そんな韓国と協力なんて、無理!

別窓 | 詐欺師 | top∧
韓国 「日本に五輪を開催する権利はない」
2013-07-03 Wed 21:27
 なんなんだ、この国は!
 またしても国内新聞では報道していないようですが、韓国は、日本国内で嫌韓デモが発生していることを挙げて、国際オリンピック委員会やアメリカの新聞などで、日本にはオリンピックを開催する権利は無いという主張を活発に行っているそうです。
 で、あれば、反日デモを繰り返す中国で開催された2008年オリンピックは何だったと言うのでしょうか。
 ましてや頭からつま先まで反日でドップリの韓国で開催された1988年のソウルオリンピックは?

 自分たちのことは棚に上げて、韓国という国には本当に『恥』という概念が存在しないようです。

 この際だから、一時的に反韓デモを控えたら如何でしょうか。
 日本人の気持ちとしては今回の件で更に反韓感情が高まっているところではありますが、ここまで露骨な嫌がらせをするということは、韓国は相当、日本でオリンピックが開催されるのが嫌なのでしょうから。
 日本にオリンピックを招致することが韓国に対する最大の嫌がらせになることを考えれば、オリンピック開催地が決定する9月まで反韓活動をグッと抑えてみたら。

 けど、きっと無意味でしょう。

 韓国の恥さらしなこれまでの行動を見れば、反韓デモがなくても別な理由をつけて日本でのオリンピック開催に文句を言うのでしょうから。
 それこそ、従軍慰安婦の反省が無いからとか、不当な金利操作をしているからとか、竹島の権利を主張しているからとか、理由は山のように考えられますがどれをとっても全て韓国の『イチャモン』です。
 そう考えると、韓国という国家とその国民は、なんと沢山の荒唐無稽なイチャモンを日本にぶつけているのか、腹立たしいやら、気味悪いやら。
 韓国と韓国人は日本に対するこれらの嫌がらせだけで、いったい何兆円の金を日本からせしめたのでしょう。
 それら韓国の嫌がらせにその都度バカのように真摯に対応して、国民の税金をまるでバケツですくうように韓国に流し続けてきたこれまでの政府に対しても腹が立ちます。
 それどころか、そういった日本政府の弱腰の対応を韓国は単なるイチャモンがまるで事実であったことの証拠のように世界中にふれ回り、遂に今では周知の事実のようにされてしまっていることもあります。

 もはや日本が韓国に対して申し訳ないと考えなければならないのは、

  韓国人にとってそんなにも大嫌いな日本から強引に、
   勝手に仲良くしようとされてはさぞ迷惑でしょう。
  そりゃ、済まんこってした。

   それだけです。

別窓 | 国際 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。