スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
韓国 「安倍は下手な韓国語で大統領に対し・・・」
2014-03-29 Sat 07:18
 3月25日にオランダで日米韓の首脳会談が開催されました。
 ところが、冒頭で安倍総理大臣が朴(パク)大統領に対して「お会いできて光栄です。」と挨拶したにも関わらず、朴氏は無視。視線を逸らして無言。

 一国の総理大臣に対して、こんな無礼な態度ってありですか!
 自分達の国の総理大臣がされた朴氏のこのフザケタ態度を見て怒りを抱かない人は、私からすると既に日本人として何かが欠如しているとしか思えません。
 稀に、欧米各国やアジアでも自国の国旗が燃やされたり踏み付けられたことで狂気のように怒る人の映像が流れますが、朴氏の態度に怒りが湧かない人はこれが何を意味するかも理解する脳が無いのではありませんか?
 それって国際社会では『おとなしい』のではなく、『異常』と捉えられると思いますが。

 普通の対人関係であれば、これ一発で以降の関わりあいは絶対にありません。

 ましてや、これは国家と国家の首脳会談です。
 国家の代表に対する無礼はその国家に対する無礼に値し、相手国の国民全体をもバカにした挑発行為でだと思います。一昔前なら確実に戦争でしょうに。

 更に酷いことに韓国新聞の最大手、連合ニュースでは
「安倍、下手な韓国語で『はじめまして』」と大々的にオチョクリました。

 再確認しましたが、やはりこんな低俗な国家、国民と日本は関わりあうべきではないと思います。

 安倍総理大臣ははっきりと
「靖国神社には日本を守ろうとして死んでいった沢山の命が祀られており、そういった方々に敬意を表するのは日本の政治家として当たり前の行為だ」

「河野談話は継承するが検証は必要であり、検証自体を『するな』とは可笑しな話だ」

「従軍慰安婦や戦時徴用に対する賠償も謝罪も既に解決済みであり、その金を使い果たし、事実さえも韓国国民に知らせずにきているのは韓国政府だ」

 と、日本の立場を朴大統領に伝えれば良いと思います。
 そのうえで韓国が「やっぱり、こんな日本と付き合うのは嫌だ」と言うのであれば結構。


 そもそもこんな反日国家に対して、日本側に譲歩しなければならない理由なんて全く無いと思います。

スポンサーサイト
別窓 | 国際 | top∧
朝日新聞 「小保方さんが歌手に」
2014-03-28 Fri 05:18
 朝日新聞が世に送り出した嘘、詐欺、差別、名誉棄損などは枚挙に暇ありません。
 これによる朝日新聞の人権侵害、国益棄損は甚だしい限りですが、今回の嫌がらせは論文の捏造が騒がれている小保方氏に対するもの。
 遅ればせながら読売新聞や産経新聞も27日になってやっとこの朝日新聞による人権侵害を取り上げたようです。


 問題の記事を朝日新聞が掲載したのは24日ですよ。
 同じ新聞社という職業で4日間もこの事実を知らなかった訳じゃないでしょう?

 朝日新聞の記事はあくまでもフィクションの設定でしたが、小保方氏が「八方ふさがりだ」「生き地獄だ」と述べ、「歌は自信があるから大人AKB48に応募しようか」との考えを述べるものでありリアリティー十分に感じました。
 読めばすぐに架空の話であることは判断できましたが、大手新聞がそんなオチャラケた記事を掲載するとも思えない人もいて当然でしょう。
 「はて? これは子供新聞のネット版か? いや、子供新聞なら尚更に不味いだろう」と感じた人もいたのではないでしょうか。
 当然ネット上ではすぐに話題沸騰となり、朝日新聞も流石にヤバいと感じたのか後から記事を削除しました。

 それを今頃になって他紙が取り上げるなんて。
 このタイムラグは、人権侵害が常である朝日新聞の話題がネット上から溢れだしたのを他紙が察知して、自社にまで被害が及ぶことを恐れて取り上げたからでしょう。
 曰く「俺っちの新聞は、朝日新聞みたいに酷いことはしないよ」というアピールなのでしょう。

 どちらにしも、現在に至って未だに朝日新聞を(隣席の人の顔を紙面で何回も叩きながら)大々的に広げている傍迷惑で時代錯誤な老害世代のオジサンを新幹線の中で見かけましたが、朝日新聞は既に読むだけで害悪。
 読んでいる人も人種差別や人権侵害を平然とし、自分を育んだ日本を『恥』だ、『最低』だという一種の宗教に汚染された、中2病以下の害人と見る人がいるのをご存知でしょうか?

 そもそも朝日新聞には何故にそんな妄想コラムが存在するわけ?
 そんな記事は低俗な大衆芸能誌で、何の学も無い一発屋の芸NO人が生活費の足しにするために愚か者が食いつくのを期待して、敢えて他人を罵倒、卑下して書くような記事でしょうに。
 自称大手新聞社がすることじゃないから更に紛らわしい。

 どっちにしても、朝日新聞の子供新聞なんて恐怖で想像したくもありません。


 それにしても小保方氏に対するマスコミの対応には辟易していました。

 小保方氏がやったことは大きな問題でしょうが、最近では「小保方氏は昔から『不思議ちゃん』だった』、「妄想癖があった」などと、人権侵害も甚だしい。
 だから私は、マスコミが人権侵害や権利を語るのが大嫌いなのです。


 日本のマスコミは、人権侵害を自分達の特権と考えている。

 自分達以外の他者が人権侵害することを集団で激しく糾弾し、相手の素性まで興味本位で大衆にさらけ出し、その記事に寄ってくる低俗で無教養な愚か者達から金を集めて、また次の獲物を探し続ける、それがマスコミという組織です。

別窓 | 芸能 | top∧
インターネットより 「なんで朝日新聞だけが・・・」
2014-03-12 Wed 06:19
 朝日新聞を読んでいる方々、御愁傷様です。
 とは言うものの普通は、新聞を読んでいてもTVを見ない人等は少ないと思いますので、朝日新聞の虚偽報道や報道しない自由の癖で実害を被る人は少ないのでしょうけど。

 先日の3月9日に京都市右京区で発生した殺人事件に対する報道で、殺人犯の在日韓国人を通名(在日韓国人だけが使うことを許されている『偽名』)で報道したのは朝日新聞だけだったそうです。
 あの極左の毎日新聞でさえ『偽名』の後に本名を付けたしたっていうのに、朝日新聞だけは『偽名』での報道に徹しました。


 よく「在日特権なんてものは存在しない!」と叫ぶ民主党や社民党、共産党の政治家、過激な政治団体、はてや眼鏡をかけたオバサン(あくまでもイメージです)の集団が吠えているのを見聞きしますが、この通名だけでもとんでもない特権だと思いますが。

 在日外国人の人達は住んでいる地方自治体に通名を登録することで、自由に通名を登録、変更することができます。一方、日本人が名前を変更する際には家庭裁判所に届ける必要がありますが、名字の変更は通常はできません。
 通名は公文書でも使用することが何故か許されているとともに、これまで多くの報道機関では、在日外国人に対しては通名を使って報道してきました。
 通名はどこの国の外国人でも使用できますが、実際使っているのはほとんどが在日韓国人と朝鮮人だけというのが実態です。

 この政府が許可している偽名に関しては、昔から犯罪の温床となっていることが指摘されています。

 事実、1人が最高で32回の通名変更を行って頻繁に別人に成り済ましていた可能性があることや、昨年(2013年)の11月には、韓国籍の男性が6つの通名を利用して携帯電話を160台も契約して転売していたことが判りました。
 この他にも、複数の通名を使用して架空口座を作り、脱税やマネー・ロンダリングを行うと言った行為が報道されています。


 こうして見ると、通名とは明らかな『偽名』なのですが、これまで日本の報道機関では在日犯罪者に対してはこの『偽名』で報道し、犯罪者が再犯を犯すのに敢えて協力していました。
 最近では韓国人や朝鮮人(、中国人)に対する世論の悪化を反映して、殺人などの大きな犯罪には実名を使う報道機関が増えてきているようですが、通行人に車が突っ込んだとか、お金を騙し取ったとか、暴行事件などでは『偽名』報道が多く、まだまだ偽名を好んで使うマスコミの性根が消えたというには程遠いようです。

 こうした中、朝日新聞においては現状においても在日韓国人、朝鮮人が起こした犯罪者は擁護対象とのことで決して実名は報道しないようです。被害者のプライバシー暴露や人権侵害、誹謗中傷には進んで加担し、その言い訳は「報道の自由だ!」で決めている朝日新聞ですから、通名での報道も「報道しない自由だ!」と言うことでしょう。

 朝日新聞とテレビ朝日は、徹頭徹尾、韓国人と朝鮮人と中国人のための新聞です。

 こんな新聞を偉そうに電車の中で呼んでいる方、実はかなり恥ずかしい行為かもしれませんよ。

別窓 | 情報操作 | top∧
ニューヨーク・タイムズ(米) 「安倍氏は南京大虐殺はなかったと主張している」
2014-03-06 Thu 06:28
 久々に嘘つき新聞、ゴシップ誌、面白半分の大衆紙、そういったあだ名の面目躍如です。
 はてさて、安倍総理大臣がいつそんな発言をしたやら?

 日本人の中にはアメリカの新聞なら確かだと思っている方も多いようですが、ニューヨーク・タイムズ紙は単なるゴシップ誌です。
 日本でいえば、エロいオジサンサラリーマンが朝から恥ずかしげもなく広げている、女性の裸がドドドーンと載っているあれ。嘘であろうが本当であろうが、読者が食いつけば儲けもんの記事が実しやかに掲載されている新聞です。
 更に、ニューヨーク・タイムズ紙においては近年では中韓のプロパガンダ記事が然も実しやかに記載されており、おそらくは新聞社や記者、執筆者に莫大な金が中韓から流れ込んでいることと想像しています。
 早速、菅官房長官が「著しい事実誤認だ」と抗議しましたが、ニューヨーク・タイムズ紙はこれまでも中韓のために滅茶苦茶な嘘記事を発表しており、おそらくは馬耳東風ってとこでしょう。


 こんな一つの記事に騒ぐのもバカらしいと思う方も多いかもしれませんが、最も恐ろしいのはこの嘘を真実と思いこむ程度の知能しか持たない大人が、世界中でも大多数を占めているということです。この惨状は日本だけの事情ではないのです。
 韓国が発する嘘は、知識人の間では『OINK(Only In Korea)』として知られているにも関わらず、韓国が呆れられるほどの大嘘を公式の場で堂々と発表し続けるのは「嘘も百回言えば本当になる」という彼の国の諺に基づいています。つい数十年前までの韓国では知識層は極一部であり、大多数は文字も読めない、知識も持たない単なる生物でしたからこんなことが罷り通ったと思われがちですが、実は経済大国と言われる国々も大差ないことは皆さんの身近にいる人達を顧みれば察しがつくでしょう。
 彼らは、普段はTVや週刊誌のお下種な情報にしか接していないため、真面目な情報の収集や選別を行う能力がありません。それにも関わらず自分は立派な大人であるとの自意識だけは過剰な(自己反省などしたら実際の自分を認めなければならないため、過剰な自意識を持つしかない)ため、悪意の誘導に簡単にのって、自分で自分の身を滅ぼす行動をとるのはつい最近の民主党政権の成立を見てもわかると思います。
 中韓は、世界の大多数は『無知人』だということを知っているのです。

 そんな悪意に満ちた嘘に世界が誘導されるのを防ぐためには、菅官房長官が行ったように一つ一つの嘘を丁寧に消していくしか方法がないのでしょう。

別窓 | 情報操作 | top∧
ケネディー大使 「黒豚食べたい」
2014-03-04 Tue 20:36
 アメリカのケネディー駐日大使が黒豚を食べたいと発言したことから、日本国内では「イルカはダメだけど豚は良いのか」との意見が出ているそうです。

 欧米系の諸外国では牛や豚を食べますが、彼らの屁理屈では牛や豚はもともと人間が食べるための動物として神様が作ったものだということです。
 それでは犬や猫を食べる中国なんかはどうして非難されないのでしょうか。

 この疑問の答えは商業ベースでこの問題を考えると簡単に導き出せます。
 日本が明治維新を迎えるころ、アメリカは世界最大の捕鯨国でした。しかしながら、それはクジラを食べるためではなく油をとるため。時代が進み今ではクジラの油は不要です。
 そして日本は同時にどんどん欧米化し、それまで動力としてしか見ていなかった牛をよく食べるようになりました。つまり、欧米からすればどんどん牛を日本に売れると。
 すると日本人に古来から伝わってきた大型哺乳類であるクジラを食する文化は非常に邪魔になります。そこで、クジラは頭の良い高等生物だからそれを食べるなんて非人道的だとか野蛮だとかいう難癖をつけているわけです。
 したがって熱心な反捕鯨国となるとアメリカ(アメリカン・ビーフ)とオーストラリア(オージー・ビーフ)ということになる訳です。イルカも同様です。
 ケネディー駐日大使がアメリカ政府の意向を受けてクジラと同じ大型哺乳類のイルカに対して「イルカ漁は野蛮」と発言したのも、ベースには「牛肉買え!」っていうアメリカ経済界の要望があるからでしょう。
 そもそも、レジャーでカンガルーを射殺しているオーストラリアにとやかく言われる筋合いは無い。


 捕鯨もイルカ漁もれっきとした日本の文化です。
 同じように犬猫を可愛がるのも日本からしたらあたりまえかもしれませんが、それが外国でも同じとは限りません。犬猫がご馳走である中国人からすれば、日本人がペットに洋服を着せてお散歩している光景のほうが奇異に見えているかもしれませんが、それはそれで中国の文化であり、外国が騒いで止めさせる類ではありません。
 そんなことが罷り通ったら、ヨーロッパのどこだかの地方に伝わる大量のトマトを投げつけあう祭りはもったいないから即刻中止、スペインの闘牛なんて以ての外です。
 人間の生活それ自体が文化なのですから、時代とともに変化したり廃れたりするのは仕方ないにしても、自分の都合に合わないからと外からトヤカク文句を付けて変えさせるのはできるだけ控えた方がいいのでは?

 ところで文化は時代とともに変化するものと言うと昔話もそうです。
 最近、目から鱗のような事実を知りました。
 『かちかち山の狸』といえば有名な昔話ですが、どうも近頃の子供が知っているお話は私が昔聞いた話とは違っているそうです。
 お婆さんを殺してその皮を剥いで、自ら被ることでお爺さんを騙したはずの狸は、単にお婆さんに化けただけ。
 お婆さんも殺されずに、腰を打って怪我をしただけ。
 おまけに狸も死なずに最後は仲直り・・・って。

 まー、もともとシュール過ぎるお話ではありましたが。


 話がとっちらかってしまいましたが、外国の文化に口を挟むのは止めて欲しいってことです。
別窓 | 街の声 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。