スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
パチンコ業界誌 「お前は金正日か!」
2011-05-26 Thu 20:51
石原都知事がパチンコ不要論をぶち上げた後、
パチンコ業界誌では石原叩きが過熱中です。

「狂った果実」
「お前は金正日か」
「老害知事」
・・・etc

しかしながら、パチンコ屋さんは80%以上が北朝鮮系の経営者と言われており、
その売上は、当然ながら北朝鮮の金さんのお宅に送金されているそうです。
そのパチンコの業界紙が、「お前は金正日か」とは、
石原氏を褒めているでしょうか?



何れにしても、特に今の状況だからと言うまでも無く、
駅前の一等地に陣取って、ケタタマシイ音とタバコの煙を放出し、
平日の朝から、ダラダラとガラの悪い人達が開店待ちの列を作っているためか
パチンコに対する世間の風当たりは、かなり強そうです。

いったい、ここに並んでいる
ガムをクチャクチャしている学生風のダラケタ若者は、
イイ年して仕事していなさそうな大人は、
天下の往来で、条例を無視してタバコを吸っている老人は
どこから収入を得ているのでしょうか。

私の知人にも、パチンコ中毒の人がいますが、
こういった人の多くは生活保護で生計をたてているいる人が多いそうです。
(老人の場合は年金でしょうか)



ところで、
今の政府は、二言目には『保証』を言いだします。
自分で風評被害を広めておきながら、対象者を『保証』すると言い、
何の計画も無く原発を停止して、その煽りをくった人は『保証』すると言います。

結局のところ民主党は、人々の仕事を奪っては、
その分、仕事をしなくてもお金をあげるということで、
人々の支持を得ようとします。
この手に騙される人がどれほどいるかは判りませんが、
これは、私には単なる買収行為に見えています。

そうして次回選挙でも与党の立場を維持する方法を考えているのでしょうが、
このパチンコ業界のシステムは、民主党のおバカさん達では
到底、考えられないほど良くできた集金システムになっています。


民主党の目的は、上にも書いたように仕事をしなくてもお金を恵んであげるという
一種の買収行為で与党を維持することであり、
そのためには、国家財政が破たんしようが一向に構わないでしょう。
(正直、民主党が与党でなければ、即刻、党丸ごと逮捕でしょう。)

そして、そのようにして仕事をしない人達にバラ撒かれた
国家資金(=私達の税金そのもの)は、パチンコ店でもう一度集金され、
まとめて北朝鮮の金さんのお宅へ送金されます。
こうして日本人は金さん一家に、これまでにも莫大な資金を貢いできました。

金さん一家には感謝して頂きたいものです。

この集金システムは、日本の国家財政が破たんするまで止まりません。
まるで、寄生虫のように宿り主が干乾びて醜く死に絶えた時、
寄生虫は成虫になって、ゴミとなった宿り主から飛び立つように。



また、こういった仕事をしていないパチンコ中毒者は
折角、貧窮層の味方の正義の大マスコミの助けを借りて騙し取った生活保護費も、
あっという間に金さんに全て取られてしまうようです。

すると、こういった人達を目当てに
巨大なパチンコ屋さんの周りには、消費者金融の現金支払機が立ち並び、
さしずめ一種のコミュニティーを、駅前の一等地に、勝手に形成し始めます。

そして、パチンコ中毒者の人々は
パチンコ屋さんがこれだけ大儲けしている訳ですから、
確率論から言っても絶対に勝てる訳ない
(と、いうか、勝てない様に制御されている)
のに、自分だけは大勝ちできると夢を見て
今日も、皆さんの税金を台に投入し続けるといった具合です。


そうやって考えると、自分で稼いだ金でパチンコをやっているならば、
あまり問題が無いように思えます。
確かに、今のように国家の屋台骨である産業を維持するだけの
電力も不足しがちな状況で、
パチンコ屋さんが煌々と電気を無駄使いしているのは問題ですが、
それでなければ、日本国憲法が保障している
「個人の勝手」の範疇でしょうか?

そう、考える人は浅はかです。

こんな狭い国土に住んでいて、
『僕の勝手』理論が通用するパターン等は滅多にありません。
もし、この理論を適用させたいなら、
パチンコ屋さんと中毒者の方々は、
今すぐ、誰もいない寒村に移動して、
タバコも吸わず、ケタタマシイ音楽も流さず、品の無いネオンも付けずに
ひっそりとパチンコに勤しんでください。

それでも、その利益が独裁者の金さんの資金源になる事を考えると
すんなり納得する事はできませんが、
支持率が1%になっても止めないと、既に独裁宣言してしまった人が
未だに国家代表として国際会議に出かけている事を考慮するなら、
それぐらいは仕方ないでしょうか。



また、パチンコ業界で働いたり、
産業的に連携している人達の仕事を心配する声もありますが、
本当に、そんな事があるのでしょうか。

パチンコの折り込みチラシを作っている印刷屋さんが潰れる?

パチンコ屋が潰れたら、タバコの売り上げが落ちる?

パチンコの景品になっていた商品が余る?

本当に、そんな事があるのでしょうか。
印刷屋さんや景品を作っていたメーカーさんにとって、
パチンコ関連は、そんなに大きなウェイトを占めていたんでしょうか。

それならば、全てのパチンコ屋さんを国営にしてしまえば
全てが解決します。

そもそも、全てのギャンブルの中で、パチンコだけが
民営なのが間違えているのですから。


それにしても、石原都知事を『狂った果実』と罵っていた「PiDEA」なる雑誌、
一見するとアエラにそっくりなんですが、
やっぱり、こんなところにも、あちらのお国柄が出ているのでしょうか?

PiDEA
別窓 | 世情 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。