スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
一川 防衛相 「素人が大事。それが本当のシビリアンコントロールなんだよ」
2011-09-13 Tue 06:00
一川防衛相は2日
「素人が大事なんだよ。それが本当のシビリアンコントロールって言うんだよ」と
述べ、その後日
「防衛省の政策を素人的な感覚で理解してもらう努力をしなければいけないという趣旨だ」
と自己弁護した。


民主党政権になってから、バカが政治家やっているという憂いは嫌というほど感じてきたが
また出ました。
素人=シビリアンじゃないだろが!
何が「それがホントのシビリアンコントロール」だっ!

その後も、認めるのが嫌だから開き直ったような発言をしているが、
何でプロが考えることを素人が理解しなければならないのか。
私も軍事に関してはオタクの部類だと思うが、それでも理解できないことは沢山ある。
それを近所の叔母さんや、叔父さんに理解しろと言う方が無理だろ。
政治家は政治のプロであって欲しい。
軍人は軍事のプロであって欲しい。

シロートに命令されるプロの悲劇など考えたくも無い。




言葉は大事もので、まともな人材のいない民主党といえども大臣になったからには
大切に使って欲しい。

先日、鉢呂経産相が被災地を訪れ『死の町』と形容したことがマスコミに糾弾されていた。
こんな問題にもならないことで、現役の大臣は糾弾されるのだ。
少しは考えて物を言う癖を付けて欲しい。
それが政治家たるものだろう。

そもそも、何かを行うには最初は現状を的確に把握することから始めるべきだと思う。
それが例え悲惨な状況でも、それを美辞麗句で飾り立てて、騙しおおせて事が成せるはずが無い。
特に福島原発付近の状況は、『死の町』以外の何物でもないだろう。

それを震災発生当初、
「爆発しても大丈夫」
「放射能は飛散していない」
「強制退去までは必要ない」
と現実を隠して、嘘の情報を故意に流すことで、事態を過小に見せようとしたのが時の
管直人という殺人者であり、枝野官房長官だった。

あの水素爆発を見て、政府発表を信じたバカがいるというのであれば不思議なことだが、、
それもこれも、あの爆発の映像をバックにしても格納容器が無事と言い張る政府閣僚の面の皮の厚さと、
それをバカみたいに当たり前のような顔で垂れ流しまくったマスゴミの成せる業だろう。


そして、そんなバカな事の為に事態を最悪の状態にしたのは彼らは民主党であり、
今回もその民主党の人間が『死の町』と言ったから問題なのだろうか。
考えられる怒りの理由はそれくらいである。
「自分でやったんだろうが、他人事みたいに言うな!」と言う事か。



だが、その後の「放射能が移るぞ~」は頂けなかった。

小学生並みのシビリアンである。

いい加減、まともなヤツはいないのか。
別窓 | バカモノ | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。