スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
川崎の中学校より 「お子さんが人前で性交渉をしないよう注意して」
2011-11-30 Wed 21:19
川崎の某中学校より保護者に対して
次のような主旨の連絡があったという話を聞きました。

  「最近、中学生同士が公園のブランコ、路地裏等で性行為に及ぶことが
   流行っているようです。
   ご家庭でも、人前でこのような行為を行わないよう
   しっかり教育をお願いします。」

・・・本当なんでしょうか?
未開の地の原住民でさえ、人前で性行為に及んだりはしません。

犬猫と同等ということ?

もはや日本の中学生は、人以下の野生動物になりはてたのでしょうか?

これぞ、学校教育の賜物と言っていいのでしょうか。
この話しを聞いたある親の反応は、
「マズイことは判るけど、『子供達の自由』なので言い辛い」
「別に、他の人に迷惑かけている訳じゃないでしょうが!」
だとか・・・。



次から次へと耳を疑うと言っていいのか、自分自身の常識を疑うと言っていいのか、
いったい、この日本で何がおきているのでしょうか。

中学生同士が性交渉を行う事を制止せず、
更に、それを家庭に丸投げする学校側の対応、
それを聞いて、『子供の自由』と捉える親の対応、
ましてや『他人に迷惑かけてない』との考え違い、

数年前の安部内閣時代に、規律ある美しい日本を復活させるため
まずは教育から正そうとした活動は、
日教組と、その後押しをうけた民主党の猛反対であっけなく潰されてしまいました。
当時のマスコミも
『軍国主義の再来』だとか、
『時代錯誤』だとか、
『安部の思い込みによる独走』だとか、
一大キャンペーンを張っていたのを覚えています。

いくら厚労省がエイズ撲滅とか叫んでも今更どうしようって言うのでしょうか。
(まー、本気でやる気があるとも思えませんが・・・)


そのうち、日本人は交差点で歩きながらズボンを下ろしてヘコヘコし始めたり
電車やバスの中でもスペースさえあれば、平気で子作りし始めるんじゃない?

これぞ、学校の先生方が今の親の世代から延々と教育し続けた
『個人の自由』の賜物だー。
別窓 | 世情 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。