スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
橋下市長 「わかりません!それは学者に」
2012-02-17 Fri 06:08
 橋下市長率いる大阪維新の会が打ち出した船中八策に対して、既成政党からは非現実的とのキツーイ御意見が多いようですが、メディアが取り上げる街ゆく人の声では割と好意的な意見が多いようです。とは言え、まだ具体策の見えないあくまでも方針のようなもの。この時点で判断しろって言っても、真面目に考えれば考える程、良くわからないってのが本当では?

 けど、本当にイキナリ直接選挙制なんて出来るんでしょうか。

 正直、この船中八策なるもの。先の衆院選で民主党が掲げたマニュフェスト以上に突飛な、空想というよりSFじみたものにしか見えません。
 橋下市長自体、実現の為の具体策を聞かれて「わかりません!それは学者に」と答えています。そう考えると、例え無茶苦茶だと聞いた傍からばれてしまう言い訳であれ『具体性があっての公約』と認識していた民主党の方がまだマシです。
(だから民主党はみんな詐欺師だと思うのですが・・・)
 ただ、この船中八策は2月中に維新版八策としてバージョンアップされることになっているようで、橋下市長には是非ともマニュフェストの大きな課題の一つでもいいから具体的なロードマップを示して欲しいものです。


 ただ気になるのは、またしても橋下氏の維新の会に対して好意的な意見を恣意的に集中投下し始めたメディア各社と、維新の会が国政に出る事を期待する61%と報道されている人々の考えの浅はかさです。
 現状では20世紀少年の『予言の書』並みの船中八策に見えますが、それが現実になるも、ならないも、繊密な計画と大胆な実行力にかかっていると思います。
 例え今すぐ民主党政権が崩壊してマトモナ政治が復活したとしても、数年間はこれまでの余波で日本経済は悪化を続けるかもしれません。
 それでも、
 私達の代では既に不可能な日本の立て直しだとしても、今の子供達の世代、それがダメでもその次の世代には活気に満ちた日本になるよう、一刻も早く民主党を国政から追い出さなければならないのが現実の今の日本です。
 今ここで、更に間違った方向を選択してしまったら・・・

 何とかして、この軽薄で、浅はかで、それでいて自分をそれと考える事さえ拒否してしまう様に変なところだけ頑固な、この日本の空気を変えられないものでしょうか。



 現実に目を向けましょう。
 そんな一気に超未来になんて、行きたくても行けないんです。
 現実の日本はほんの数年間で、経済も、教育も、政治も修復不能な程に壊れてしまいました。
 まだ民主党政権になる直前のCNNのコラムで「日本は立て直しに3、4年は必要だ」との記事を見ましたが、半年ぐらい前には数十年必要と言われていました。また、立て直しは限りなく不可能との意見も見受けられます。それらは、日本のメディアが恣意的に隠蔽しているため、当の日本人が知らないだけです。
 地震の問題はさておき、ほとんどは自分達が選んだ不幸とはいえこんな閉塞感が蔓延した日本ですから、人心が幸せな超未来を夢想したがる気持ちは理解できますが、こんな時こそ一歩、一歩と確実に改革を進めていかなければならないと思います。

 橋下市長のマニュフェストに対して好意的な意見を報道するメディアに、またしても日本人は踊らされるのでしょうか?
別窓 | 街の声 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。