スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
中国外務省 「尖閣諸島は中国固有の領土だ」
2012-04-18 Wed 18:44
 まー台湾も同じですが、そもそも日本の個人が所有している土地を指して中国やら台湾やらが「我が国の固有の領土だ」とイチャモン付けていること自体、如何に中国と台湾の主張が言いがかりであるかが明白というものです。
 台湾はともかくとして、中国とかは国家ぐるみで偽物の権利者と権利書を捏造して「中国にだって持ち主がいるぞっ!」とか言い出す可能性がありますが、日本ではそんなキチガイじみた主張が通る訳もありませんし、尖閣諸島の一部を所有している民間人は本物でしょう。

 今回の件を例えるなら、いきなり見知らぬ人が家に上がり込んで来て、「お前の家のリビングは実は俺の土地だ。これは当然のことなんだから権利書なんか無い!」と叫び出したということです。

 尖閣諸島は1895年に明治政府がわざわざ中国(当時は清)の支配が及んでいない事を慎重に慎重を重ねて調査した後に、正式に日本の領土として宣言しています。もし、中国に異議があればこの時に文句を言っておく手はあったのです。
 そして時は流れて日清戦争、日露戦争、太平洋戦争と、70年以上が過ぎた平和の世に於いて尖閣諸島の近海にはアラブに匹敵するエネルギー資源が眠っている事が判りました。

そしたら急に中国が「尖閣諸島は中国固有の領土だ!」と主張し始めた訳です。

 「欲の皮が突っ張る」とはまさにこう言ったことを指します。

 ただし、日本としては中国のこの強引な主張を笑っている訳にはいきません。
 なにしろ国際的に土地の領有が認められる条件には、実際にその土地を使っていることも判断に含まれるようですから。その意味で、竹島は終戦後までちゃんとした日本の土地だったのに、いきなり韓国に武力占領されちゃって以降、日本のコシヌケ政治の所為で韓国軍は着々と実効支配の実績を上げているのです。(韓国が平和的な隣国だと思っている方々、目が覚めましたか?)
 同じように尖閣諸島にも中国軍が強引に上陸してくる可能性は非常に高く、実際に南シナ海のスプラトリー諸島では国際的な取り決めを無視しした中国軍が本国から遠く離れたこの諸島を突如武力占領して今に至っています。ここも尖閣諸島と同じく豊富な海底資源が発見された直後の事件でした。

 国際社会は正に弱肉強食なのです。

 日本政府みたいに中国様や韓国様の、お顔の色を伺ってばかりじゃ滅びるだけなんです。


 折りも折り、つい先日、経団連の研究機関が「日本は今後40年で発展途上国に逆戻りする。これは楽観的に見てもほぼそうなる」との研究結果を発表しました。
 当たり前でしょ、原発は止めちゃうわ、仕事しない人に大金バラ撒いちゃうわ、大企業は海外に追い出しちゃうわ、韓国には震災復興に必要な金額以上の大金をポンと渡しちゃうわ、それでもって国民には大増税の嵐ですから・・・。これで潰れなきゃ変。
 民主党が政権を取って2年後にIMFが発表した通り、WSJ等の海外誌がずっと述べて来たように、日本は民主党によって既に自力での回復は不可能な状態にされてしまったことを今頃になってやっと経団連も認めた訳です。
 街を歩きながら、安穏と、何も問題が無いかのように生活している人々を見ていると、現実とのギャップに押しつぶされそうになります。


 そんななか、石原都知事が発表した奇策には胸がスッとした気がしました。

 そうです、その手があったのです。尖閣諸島を東京都が持ってしまえばいいのです。
 民主党政府が動かないなら東京都が動けばいいんです。都の土地になれば一般人が上陸することも可能になります。釣りだろうと、マリンスポーツの施設だろうが、地下鉄の車両基地だろうが何でも結構です。もう、日本政府から「上陸禁止!」なんて規制を受ける必要はなくなります。

 始めにも書いたように、尖閣諸島周辺にはアラブに匹敵するエネルギー資源が眠っているのです。何処の国もまだ技術力が低くてその膨大な資源を活かしきれていませんが、日本なら有効に利用する技術を開発して、一気に資源大国になることができるでしょう。

 IMFや海外誌、経団連の発表を覆すにはもう尖閣諸島近海の海底資源しか残っていないのです。
(東シナ海の海底油田は、なし崩し的に中国様に差し上げちゃおうっていう民主党政府の魂胆らしいし)

 早速マスコミは、「都の税金は都民に使うべき」とか、「他にやることがあるだろ」等と言った、大局を見ることができない低レベルな意見を大々的に放送しまくり始めました。

民主党を肯定するコメンテーター達の意見や、偏った街頭インタビューを集中的に垂れ流した、先の衆院選前とまったく同じ光景が繰り返されています。管の大バカと小沢氏の民主党首選の時も同じでした。(誰か、あの時に「カーンチャーン!!」と狂ったようにTV画面に頬を擦りよせていた、狂ったオバサンの事をしっている人はいませんか?)


 どうか、石原都知事が民主党や海外資本に乗っ取られたマスメディアの妨害工作に負けないことを祈ります。
別窓 | 政治 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。