スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
山本太郎氏のお姉さん 「脱原発運動で疲れたから大麻やった」
2012-07-01 Sun 17:33
 最近、わがままな善意の人が激増しています。

 少し前から実家の玄関前にダンボールに封をされた猫が捨てられていることが何度も立て続けにありました。

 何かの嫌がらせかとも思いましたがその後、偶然に猫を捨てて堂々と帰ろうとする女性を見つけて問い詰めたところ、野良猫が可愛そうだから猫を拉致ってきては私の実家の前に『置いていった』そうです。

 その30代の女性に言わせると、自分で猫を飼うのは部屋が汚れるから嫌だとのこと。私の実家で猫を飼っているのを知り、最初は自分の飼っていた猫をダンボール箱に詰めて『ちゃんとガムテープで封をして』、私の実家の前に『置いていった』そうです。どうやら無事に引き取られたようであることを確認して安心していたそうですが、それ以降は野良猫(らしき猫)を見つけると可愛そうになって勝手に拉致っては同じ手口で実家の前に『置いていった』とか。そのニャン数、計4匹(内2匹は兄弟の子猫)。
 警察に通報すると言うと自分は虐待した訳ではないと開き直り、引き取れというと金が無いから飼えないと逆切れし、最後は自分は猫のために善意でやったと主張する始末。

 もし、それを本当に善意と呼ぶのであれば自分で飼うのが当然でしょう。他人に自分の善意の責任を取らせて善人ぶるとは、どういった脳の構造をしているのかと疑いますが最近こういった人が激増していると感じます。

 ノッケから話が飛んでいるようなので本題に入ります。


 俳優の山本太郎氏といえばお仕事そっちのけで反原発運動を頑張っているようですが、ご兄弟で熱心に活動されているとは知りませんでした。
 反原発にしても、国旗・国歌反対にしても、従軍慰安婦にしても、個人的にどんな主張をされようが結構ですが、自分の主張を通すためならどんなことでも合法化されると思い込んでいる方が多いようです。
 少し前には、反捕鯨を掲げるシーシェパードの方が鯨肉を『窃盗』して、それを正義のためと主張していましたが、山本太郎氏のご兄弟もこれと全く同じです。単なる言い訳にしても「自分は皆のために戦っているのだから大麻ぐらい・・・少しは容赦してほしい」と思うから、こういった言い訳になるのだと思います。

 また、これも『わがまま』の例ですが、先にあげた反捕鯨を掲げる人達は遊びでカンガルーを撃ち殺すのは問題視していません。私達もそうですが、欧米では牛や豚や羊の肉を食べますがこれもノープロブレムです。中国では犬も猫も食べ物ですし、猿の脳ミソは高級食材です。
 風刺ですが、「鯨はかしこい生き物だから食べるな!」と叫ぶ人達はワインを片手に猿の脳ミソを食べながら、今日は何匹のカンガルーを撃ち殺せたかの自慢話をしているわけです。
 そして日本の学校では、キチガイ教師が小学生を前に今日も、鯨が可愛そうだと自分勝手な正義の押し売りを繰り広げているのでしょう。


 また、原発に反対しているにも関わらず、自分では電気を使いたい放題なのも納得できません。聞けば山本太郎氏のお姉さんはお店を経営されているとか。日本の電力の半分以上は原発によるものなのですから、お店で使う電気の量を半分にして、浮いたお金は原発被害に苦しむ人に寄付するなどの事はしているのでしょうか。そうして初めて「自分は原発を止めるためなら電気代が倍になっても構わない覚悟だゾ!」という表明になるのではないでしょうか。

 まさか、
「原発は嫌から止めろ、けど電気代は上げるな、今までと同じようにフンダンに電気を使わせろ」
なんて、
 ここでも自分勝手な善意で騒ぎ立てているんじゃないでしょうネ。
別窓 | 世情 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。