スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
佐々江駐日大使 「遺憾です」
2012-08-20 Mon 20:20
 毎年夏になると、国際社会での日本の情けない対応に哀しい思いが募るものですが、ここ数年はそんな感情はとっくに通り越して怒りを覚えます。

 民主党による日本政府は、日本人議員達の尖閣上陸を求める申請を付き返して、その代わりに中国の上陸を許してしまいました。

 そして、その中国人を逮捕した海上保安庁の努力をまたしても踏みにじって、この不法入国者達をさっさと中国にお返ししてしまいました。たった一言「遺憾です」という言葉だけで。

 韓国に対しては、韓国大統領の竹島上陸を指をくわえて唯眺めるだけ。事が済んでから韓国に対して「一緒に国際司法に行きましょう」と提案はしたものの、(当たり前ですが)韓国から無視を決め込まれてまたダンマリ。

 また、韓国大統領が「日本の天皇は、韓国の独立運動家だった人達一人ひとりに謝るなら韓国に来てもいいぞ」と、別に行くとも行ってないのに勝手に喧嘩を吹っかけられてもこれも「遺憾です」だけ。

 そしてまた、日本政府が妨害するから仕方なく泳いで尖閣に上陸した日本の議員団に対する中国の抗議デモで、日本の国旗が燃やされる事態になっても、これも「遺憾です」と言うだけ。


 やっぱり、民主党によるこの政府は日本の政府では無い。


 先日もイギリス国旗をおもちゃにしていた小学生の子供に教えました。
 「国旗と言うのはその国そのものなんだよ。君だって、自分の写真や名札を足でグリグリと踏み潰されたら怒るでしょ。外国の人たちは皆、そう感じるものなんだよ。」って。
 民主党政府の人達には、そんな国際的な常識さえも理解できていない様子です。

 自分の写真に火をつけられて何も感じない日本人という人種が異常なのです。
 ましてや、国民を代表する日本政府が「遺憾です」で済ます話じゃありません。


 韓国の大統領は先日の演説で言いました。「今や、日本の発展は終わった。これからは韓国の時代だ」と。


 そこまで言われてなお、韓国への軍事情報提供を進め、スワップ協定という名の大量の資金援助を続け、挙句の果てに、国内のサーバーを韓国に移そうとか、電力も韓国から買うように送電線を引こうとか言っている民主党政府とは、いったい何なのでしょうか。



 義理の母は「民主党には騙された。次は『維新』よネ!」っと力強く言っていましたが、もはや選挙制度とこの世代がある限り、日本を救うことは不可能なのかもしれません。


 過去に民主党に1票を入れた人達は、よーく考えてみるべきだと思います。
別窓 | 政治 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。