スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
ファミレスにて 「ゴイチ・クミル」
2012-09-10 Mon 19:44
 先日ファミレスにて昼食を取った時のこと。
 店員さんが、私の後ろ側のボックス席に座った若いアベックに注文を聞きました。その時にアベックの男性が店員さんに答えた言葉は「ゴ、イ、チ・ク、ミ、ル、くれ!」。

 何のことやらわからずに店員さんが聞き直すと、
「てめぇ、バカァ? ゴイチ・クミルだよ。バ~カ。」
(どうやら、『氷イチゴ・ミルク』を指していた様子)

 その後、連れの女性との会話。
女性:「いい加減、てめぇ、金返せよ。」
男性:「あ~ん、ケチケチすんなよ、5万くれー。」

女性:「てめぇのこと、呟いてやったぜ。」
男性:「何よ、呟くって?」
女性:「てめぇバカか。ツイッターも知んねーの。」
男性:「ツイッター?、ブログだろ。」
女性:「ツイッターとブログの違いもわかんねーのか。
    バーカ。」


 ドリンクを取りに行く時についでにこのアベックを見ると、極々普通の善良そうな(そして貧しそうな)20代前半の男女でした。
 それにして、この物言いはいったい何なのでしょうか。
 会話の内容からしてあまり知識レベルが高いとは思えませんが、その辺は人は見掛けによらず実は私なんかより数段高い知識を持っているのかも知れません。(情報関係には疎そうですが・・・)

 しかしながら最初に気になるのは、店員さんを見下したその態度です。
 どこぞの下らない芸ノー人が使いだした奇妙な業界用語を、自分でも読めないものだから、たどたどしく使い、店員さんが怒れない立場なのを良い事に言いたい放題。

 そして更に気になるのが、次から次へと飛び出す『バカ』『バ~カ』『バカ』の、それこそバカの一つ覚えのような単語。
 明らかに教育の不足というか、ボキャブラリーが貧弱です。


 少し前に、最近の小学生では学校の先生に向かって「こっちが給料払ってんだ」「お前なんかクビだ」といった暴言を吐く子供が非常に多いとの話を聞いた事があります。
 学校の先生自体が今となっては尊敬に値するような人達では無く、むしろ教養にしても人間性にしても最も底辺の人間の集まりだと思いますので、「先生を敬え」等という現実を無視したような事を言うつもりは毛頭ありませんが、消費者意識が過剰過ぎませんか?
 もしかしたらその結果、まともな教育を受けれていないのでは?


 ところで、子供達のこう言った言動は、おそらくは家庭での親の言動をコピーしたものだと思います。
 つまりは、親がすでに異常なのです。
 過剰な消費者意識により、金を払う方が偉い、金を受け取る方は頭を踏みつけられて地面に擦り付けられても文句を言わない(どっかの精神異常国家の大統領じゃないけど)と思い込み、お互いが同じ人間同士であることや、年上の人には敬意を払うといった、日本人として当然であった『道徳心』をドブに捨ててしまった結果なのでしょう。

 そして、こんな奇形のような大人を作ってしまったのは教育の責任だと思います。
 アメリカから片端(カタワ)な状態で輸入した個人主義と資本主義の蔓延、それと狂ったような平等教育が、自分勝手で、金が全てで、集団の中で目立つ存在を弱者に仕立てて簡単に自分が優位に立とうとする、今の日本人を作ったのだと思います。
 このような大人を一端の日本人とは認めたくはありませんが、こういったグータラな生き物が蔓延しているのが今の日本の現状です。


 少し話が飛びますが、日本人の質は目に見えて低下しています。

 先日も溝の口の駅のエスカレーターで、(きっと)若年性痴ほう症の男性が「何の気なしに」捨てたゴミが原因で、女性が指の骨を折る怪我をしました。
 私の家の近所にも1年程前に大学ができ、それ以降は道路が吐き捨てたガムだらけになりました。
 ディズニーランドで、掃除係りの従業員に向かってポップコーンを投げたら面白いだろうと話しているアベックもいました。
 日本の街が綺麗だったのは昔の話で、今の日本ではゴミ虫のような汚らしくて異臭を放つ大人が急激に増えてきています。

 仕事に対する意識も急激に劣化してきており、金が貰えれば良いと考える今の大人に質の良い製品なんてできる筈がありません。
 私が長年大切にしてきた車を修理と称して何回にも渡って壊しまくり、遂に通常での使用を不可能にしてしまったのは、マツダの正規工場でウンコ座りをして、輪になってタバコを吸いながら私を睨んできた従業員の方々でした。
 客先が怒っていようが、今日は韓流スターがTVに出るからといって早々に仕事を切り上げてしまい、それを咎めようとする上司に「個人の自由でしょ!」と集団でくってかかる彼等も純粋な日本人です。

 今の日本の大人はこんな最低な民族に成り下がってしまいましが、これから先の日本を背負っていく子供達には何とかして昔の日本人の気質を取り戻して欲しいと願っています。

 私は子供達に教える機会があるごとに伝えています。

 「君たちはきっと、君たちのパパやママより頭が良いんだよ。
  だって、君たちの宿題をパパやママにやらせてごらん。
  きっと、君たちより悪い点しかとれないよ。

  だから、君たちはパパやママみたいになる必要はないんだよ。
  君たちは頭が良いんだから、
  パパやママの良いところを見つけて、
  良いところを見習えばいいんだよ。
  悪いところまで見習う必要は無いんだよ。

  何が良くて、何が悪い事かは、
  頭が良い君たちならわかるはずだから。

  学校の先生だってそうだよ。
  今は先生の方がたくさん知っているけど、
  君たちが大人になったら、
  先生以上に物知りになるはずだから。」
別窓 | バカモノ | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。