スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
土肥議員 「竹島は日本の領土とは言えない」
2012-10-22 Mon 09:31
 何と、離党者が相次いでもうすぐ衆院での過半数割れが近付いてきた民主党は、とうとうソウルでの「3・1節」に出席して

「日本政府は歴史教科書歪曲と独島(竹島の韓国名)の領有権主張により、後世に誤った歴史を教え、平和を損なおうとする試みを直ちに中断しなければならない」

という共同宣言に署名した、当時民主党の議員だった土肥隆一氏(兵庫3区)を野田首相の会派へ復帰させる決定を下したとのこと。

 もはや、何でもアリ。

 どんなことをしてでも、一旦喰らいついた権力は意地でも離さないということでしょう。

 反日テロ組織が前身の民主党執行部は、土肥議員がしでかした行為がどんなにトンデモナイことなのか理解していないのでしょうか。
 一般人から見ても、土肥議員が韓国との共同宣言に署名したということは日本国が署名したと取られても仕方の無いこと。即ち、日本は本当の歴史を放棄して韓国の嘘歴史を鵜呑みにします、日本の領土である竹島も昔から韓国の土地だった事にしちゃいます、ってこと。
 ましてや後々に「韓国人の言っている歴史が正しい」「竹島は最初っから韓国の土地」と日本が宣言した根拠とされる行為なのです。

 そもそも土肥議員はその後も「竹島は日本の領土とは一概に言えない」と発言しており確実に確信犯です。
 日本の国会議員である前に、日本人であること自体をやめて欲しい様な人なのに、それが大手を振って日本の首相の会派に戻ってくるとは。


 そもそも兵庫3区(神戸市須磨区、垂水区)の人達は、自分達が選んだのが『こんなの』なのかと、深く落ち込んで欲しい。


 自分達の生活が苦しいとしたら、
   それは、自分達が選んだ政治の所為、
     ひいては、
       単に自分がバカだから。
別窓 | 政治 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。