スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
70代男性 「自民が勝ちすぎると良くないから」
2013-06-19 Wed 07:07
 私の知人ですが、自民党の政策を支持しながらも次の参院選では自民党には投票しないそうです。
 その理由は「自民党だけが勝ちすぎると良くないから、バランスを取って」だそうです。

 なんで日本の老人世代はこうも愚かなんでしょうか。

 彼はこんなことも言っていました。
 「昨年の衆院選で自民党が勝って良かった。このままだと日本はどうなってしまうのか、大いに心配だった。でも、その前の選挙では自民党が負けたのは良かった。自民党は一度負けるべきだったので、そのおかげで今のように再生できた。だから自分が前の選挙で民主党に投票したのは間違えていなかった。」

 もう、手がつけられません。

 この人はいったい自民党の政策の何を支持しているのでしょうか。
 そして、その支持する政策に反対する政党にわざわざ投票する理由は?
 それを聞いても明確な回答は得られず、思いっきり機嫌を損ねただけでした。

 おそらくは、彼には明確な支持する政策など存在しないのです。ただ漠然と経済政策だとか、外交政策だとか答えるだけでしょう。だから常に考えがブレまくり、常に過去の自分の考えに対する格好よい言い訳を探しているのでしょう。
 まさにマスコミが描く理想のバカ像です。
 正直言って、これほど模範的な回答を得られるとは思いませんでしたが、私の周囲の老人たちは得てして似たような考え方のようです。

 彼の例で言えば、私の感想は
 ”朝は朝食が出来るまで新聞を穴が開くほど眺め、日中から夜の就寝までテレビのバカ騒ぎをボーッと眺め、移動中は低俗な週刊誌でゴシップ記事を楽しむ、そんな生活をしているからいけない” です。

 彼の例だけではありませんが、自分で考えることを放棄している人があまりにも多すぎます。そして彼らは口を揃えて「自分は考えている」と主張します。
 ところが、その「考え」と主張するものを聞くと購読している新聞の記事やテレビで司会をしている漫才師の意見のごちゃ混ぜで、その結果、自分の主張なるものの筈なのに方向性が定まらず、最後は『大人のバランス感覚』なる意味不明な行動に行き着きます。
 そして、その『バランス感覚』でさえマスコミが広めているもので、「一党集中は良くない」というキーワードは連日のようにテレビ、新聞から流されています。

 彼らのような人達で、一党集中がなぜ良くないのかを明確に答えられる人がいったい何人いるのでしょうか。
 まさか「独裁政治になるから」なんて、小学生レベルの回答じゃないでしょうね。
(もし、そう答えるとしたら、彼らは昨年までの民主党集中を作った責任をどう考えているんでしょうか? 当時の民主党は本当に独裁政権にすることを計画していましたが・・・)


 日本の選挙の動向は浮動票にかかっているといわれます。
 浮動票とは特定の支持政党が無い人達のことで、つまりはその時々によって投票先を変える人達のことです。
 ・・・と、マスコミでは言っていますが、そんな訳ないだろ!

 正確には、浮動票とはその時々の『気分次第で』投票先を変える、政治に対して自分の理想や要求を持たない人々、だから政治に対する勉強をしていない人、だから本来は投票できるだけの知識なんて無い人、だからマスコミの思惑通りに勝手に思い込んでくれる便利なバカ達。
 これが正確な表現で、そう言ってしまうとマスコミの思い通りにいかなくなるので敢えて『その時々によって投票先を変える』と言い換えているだけでしょうが。

 一度、マスコミの情報を鵜呑みにするようになってしまうと、そこから抜け出すのは容易ではないようです。

 なにしろ多くの精神病患者と同じで、自覚症状を客観的に理解する能力さえも失われているのですから。
別窓 | バカモノ | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。