スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
山本太郎議員 「反原発の思いが溢れた」
2013-11-04 Mon 14:52
 山本氏は「天皇の政治利用ではないか」と聞かれて「そうは思わない」と偉ぶったそうですが、これが日本人が世界中から笑われる所以です。
 日本国憲法において象徴天皇制が明記されており、天皇陛下には何の政治的権力もありません。日本は民主主義国家であり、立法府は国民に選ばれた国会議員が担う仕事になっています。
 つまり、テレビカメラに映るように天皇陛下に直訴すること自体が国民に対する単なるパフォーマンスであり、それすなわち『天皇の政治利用』以外の何ものでもありません。

 これは本人が思う、思わないの問題ではありません。

 自分が「思わない」から何でも許されるなら警察はいりません。
 山本氏の行った行為は法治国家を根底から否定している行為だと思います。

 そもそも反原発であれ何であれ、問題を解決するのは国会議員です。その国会議員が自らの仕事をせずにTVカメラの前で、何の権力も無い天皇陛下に直訴することが政治パフォーマンスで無く何だと言いたいのでしょうか。


 選挙のたびに思うことですが、こんな日本国憲法までも無視、というより理解する気も毛頭ないバカを国政の場に送り込んだのは国民自身です。
 もっと言うと東京都民です。
 外国でも特定のイデオロギーを背景にした議員が当選することはありますが、その為に非常に沢山の団体員が特定の地域に住居を移す等、大変なことらしいです。しかし、世界的にも有名な日本のお気楽有権者だけは面白半分だけでも相当数の票が見込めるため、TVに映ったもの勝ちだと言って笑い物になるのです。

 山本氏は台風で甚大な被害を受けた大島に上陸し、必死に復旧活動に当たる自衛隊の方々を前に「こいつら銃が打ちたくて自衛隊に入ったんだろ」「免許が取れるから入隊しただけだろ」と軽快なトークを楽しんだことが話題になっています。
 その数日前も国会の弁当は放射能に汚染されていると発言し、生産者の方々を苦しめるような発言を楽しんでいます。
 普通なら所属政党から辞職勧告なり離党勧告なりが出るところですが、無所属なので正にやりたい放題です。


 一部だとは思いますがこれらの山本氏の発言や行動に対して「よくやった」と云う向きの意見があるそうですが、自国の憲法どころかマナーも知らないとは、もはやお手上げです。

 先日も書きましたが、日本人は早くも民主党を超えるバカを国政に送ってしまったのです。
別窓 | バカモノ | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。