スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
森田実氏 「安倍首相は人気が欲しいだけ」
2013-12-28 Sat 06:06
 安倍総理大臣の靖国神社参拝に国内メディアは、やれ中国が怒っているだの、韓国が騒いでいるだの、アメリカだって失望したと大はしゃぎです。
 そんななか、JFN系列ラジオでは政治評論家だという森田実氏のコメントが流れていました。

 森田氏曰く

・中国、韓国で働いている日本人が危険な目にあうでしょう

・中国、韓国との首脳会談ができなくなりました

・アメリカだって失望したと言ってます

・安倍総理大臣は単に人気が欲しいだけです

・これで日本の外交関係はズタズタになってしまいました

・安倍総理大臣は責任をとるべきです


 なんと「靖国神社に参拝したら総理大臣を辞任しろ」とまできましたか。

 なんじゃこのきな臭い自称『政治評論家』は、と思い調べてみたら、何のことは無い齢81歳にして大学時代からバリバリの共産主義者でした。
(まー、民主党のお偉いさん方もみんな過激派の出身だから同じか)
 それでもって民主党の石森久嗣(ひさつぐ)氏の親類。

 森田氏は、大学時代は過激な共産主義論者だったようです。その後も自民党を激しく非難しながらも旧宮澤派にすり寄ってみたり、亀井氏を支持したりとある意味ではコウモリのように渡り歩き。
 その間も狂信的な
「反米主義」
「対アジア(中国、韓国、北朝鮮を指す)協調」
「とにかく9条だけは護憲」
で通してきたそうです。
 特に強引なまでの『日中友好』論者として有名だそう。

・・・って、完全に思想が偏ってんじゃないの!


 軍事評論家、料理評論家、ファッション評論家と、いろんなものに評論家がいます。なかには枝毛の評論家とか何ともヘンチクリンな評論家もいましたが、こんな奇妙な状態になるのは評論家は全て『自称』だからです。
 特に何か免許があるわけでもなく、自分が名乗れば誰でも評論家になれるのです。
 ただ、それが広く認知されるかは「メディア次第」です。
 良く耳にする政治評論家も経済評論家も、全てはメディアのバックアップのもとにお金を稼いでいるので、決して本当の事を言っているのではなく、特定のメディアの思想を代弁しているだけ。
 そのメディアの自分勝手な思想に箔を付けるための肩書が『評論家』です。
 だから、評論家はメディア出身の人が多いのですね。


 正直言って日本の総理大臣が靖国神社を参拝するのは当然だと考えています。
 私の親戚も靖国神社に眠っていますが、今の私の生活を作るために親戚は死んでいったのだと思っています。
 同じように、彼らの命の上に胡坐をかいている日本のメディアや好き勝手言いたい放題の評論家が、よくも堂々と靖国神社を悪の総本山のように書き連ねるものだと悔しく思っていました。

 A級戦犯がどうのと論評を垂れる偉い肩書の人もいますが、仮に東条英機氏であってもアメリカやイギリスから干されていく日本の国民を救いたい一心で戦ったのだと信じています。
 それがどんな方法であれ、日本が滅びるのか存続するのかの二択を迫られた時、政治家としてどちらを選択するのかは明確なのではないでしょうか。
 当時の苦悩を知らない後世のお花畑共が偉そうに侵略戦争と罵るのは恩を仇で返す韓国人の国民性と全く同じです。
 彼らの論理からすれば、ギリシア人は広くユーラシア大陸全般の国々に謝り続けなければいけないじゃないですか。アレキサンダーなんて名前の軍艦を作ったら、それこそ国際問題だとでも言いたいのですか。

 ましてや韓国は日本と戦争をしていた訳じゃないのに、何で何くわぬ顔で便乗怒りしているんですか。
 何に怒っているのかもマトモに応えられんような意味不明な国に配慮する必要なんてどこにあるのか。


 安倍総理大臣は、今の日本人である我々が存在するために命をなげうってくれた御先祖様に、我々の代表として感謝の意を表してくれただけです。
 それを非難するバカがどこにいるんでしょうか。

 外国の政治家がその国の為に命を投げ打った先人に感謝をしたことさえも政治利用しようとするような不逞な国には好き勝手言わせておけばいい。
 今まで、そんな不誠実な特定アジアに気を使って靖国参拝を見送ってきた見返りがレアアスースの禁輸ですか? 天皇陛下に対する侮辱ですか。国民は拉致されるわ、挙句に尖閣諸島に対する侵略じゃぁ世話ない。

 今後、日本の総理大臣は就任したら直ぐに靖国神社に参拝すれば良いのです。そうすれば、それが当たり前になるから。
別窓 | バカモノ | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。