スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
ニューヨーク・タイムズ(米) 「安倍氏は南京大虐殺はなかったと主張している」
2014-03-06 Thu 06:28
 久々に嘘つき新聞、ゴシップ誌、面白半分の大衆紙、そういったあだ名の面目躍如です。
 はてさて、安倍総理大臣がいつそんな発言をしたやら?

 日本人の中にはアメリカの新聞なら確かだと思っている方も多いようですが、ニューヨーク・タイムズ紙は単なるゴシップ誌です。
 日本でいえば、エロいオジサンサラリーマンが朝から恥ずかしげもなく広げている、女性の裸がドドドーンと載っているあれ。嘘であろうが本当であろうが、読者が食いつけば儲けもんの記事が実しやかに掲載されている新聞です。
 更に、ニューヨーク・タイムズ紙においては近年では中韓のプロパガンダ記事が然も実しやかに記載されており、おそらくは新聞社や記者、執筆者に莫大な金が中韓から流れ込んでいることと想像しています。
 早速、菅官房長官が「著しい事実誤認だ」と抗議しましたが、ニューヨーク・タイムズ紙はこれまでも中韓のために滅茶苦茶な嘘記事を発表しており、おそらくは馬耳東風ってとこでしょう。


 こんな一つの記事に騒ぐのもバカらしいと思う方も多いかもしれませんが、最も恐ろしいのはこの嘘を真実と思いこむ程度の知能しか持たない大人が、世界中でも大多数を占めているということです。この惨状は日本だけの事情ではないのです。
 韓国が発する嘘は、知識人の間では『OINK(Only In Korea)』として知られているにも関わらず、韓国が呆れられるほどの大嘘を公式の場で堂々と発表し続けるのは「嘘も百回言えば本当になる」という彼の国の諺に基づいています。つい数十年前までの韓国では知識層は極一部であり、大多数は文字も読めない、知識も持たない単なる生物でしたからこんなことが罷り通ったと思われがちですが、実は経済大国と言われる国々も大差ないことは皆さんの身近にいる人達を顧みれば察しがつくでしょう。
 彼らは、普段はTVや週刊誌のお下種な情報にしか接していないため、真面目な情報の収集や選別を行う能力がありません。それにも関わらず自分は立派な大人であるとの自意識だけは過剰な(自己反省などしたら実際の自分を認めなければならないため、過剰な自意識を持つしかない)ため、悪意の誘導に簡単にのって、自分で自分の身を滅ぼす行動をとるのはつい最近の民主党政権の成立を見てもわかると思います。
 中韓は、世界の大多数は『無知人』だということを知っているのです。

 そんな悪意に満ちた嘘に世界が誘導されるのを防ぐためには、菅官房長官が行ったように一つ一つの嘘を丁寧に消していくしか方法がないのでしょう。

別窓 | 情報操作 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。