スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
朝日新聞 「小保方さんが歌手に」
2014-03-28 Fri 05:18
 朝日新聞が世に送り出した嘘、詐欺、差別、名誉棄損などは枚挙に暇ありません。
 これによる朝日新聞の人権侵害、国益棄損は甚だしい限りですが、今回の嫌がらせは論文の捏造が騒がれている小保方氏に対するもの。
 遅ればせながら読売新聞や産経新聞も27日になってやっとこの朝日新聞による人権侵害を取り上げたようです。


 問題の記事を朝日新聞が掲載したのは24日ですよ。
 同じ新聞社という職業で4日間もこの事実を知らなかった訳じゃないでしょう?

 朝日新聞の記事はあくまでもフィクションの設定でしたが、小保方氏が「八方ふさがりだ」「生き地獄だ」と述べ、「歌は自信があるから大人AKB48に応募しようか」との考えを述べるものでありリアリティー十分に感じました。
 読めばすぐに架空の話であることは判断できましたが、大手新聞がそんなオチャラケた記事を掲載するとも思えない人もいて当然でしょう。
 「はて? これは子供新聞のネット版か? いや、子供新聞なら尚更に不味いだろう」と感じた人もいたのではないでしょうか。
 当然ネット上ではすぐに話題沸騰となり、朝日新聞も流石にヤバいと感じたのか後から記事を削除しました。

 それを今頃になって他紙が取り上げるなんて。
 このタイムラグは、人権侵害が常である朝日新聞の話題がネット上から溢れだしたのを他紙が察知して、自社にまで被害が及ぶことを恐れて取り上げたからでしょう。
 曰く「俺っちの新聞は、朝日新聞みたいに酷いことはしないよ」というアピールなのでしょう。

 どちらにしも、現在に至って未だに朝日新聞を(隣席の人の顔を紙面で何回も叩きながら)大々的に広げている傍迷惑で時代錯誤な老害世代のオジサンを新幹線の中で見かけましたが、朝日新聞は既に読むだけで害悪。
 読んでいる人も人種差別や人権侵害を平然とし、自分を育んだ日本を『恥』だ、『最低』だという一種の宗教に汚染された、中2病以下の害人と見る人がいるのをご存知でしょうか?

 そもそも朝日新聞には何故にそんな妄想コラムが存在するわけ?
 そんな記事は低俗な大衆芸能誌で、何の学も無い一発屋の芸NO人が生活費の足しにするために愚か者が食いつくのを期待して、敢えて他人を罵倒、卑下して書くような記事でしょうに。
 自称大手新聞社がすることじゃないから更に紛らわしい。

 どっちにしても、朝日新聞の子供新聞なんて恐怖で想像したくもありません。


 それにしても小保方氏に対するマスコミの対応には辟易していました。

 小保方氏がやったことは大きな問題でしょうが、最近では「小保方氏は昔から『不思議ちゃん』だった』、「妄想癖があった」などと、人権侵害も甚だしい。
 だから私は、マスコミが人権侵害や権利を語るのが大嫌いなのです。


 日本のマスコミは、人権侵害を自分達の特権と考えている。

 自分達以外の他者が人権侵害することを集団で激しく糾弾し、相手の素性まで興味本位で大衆にさらけ出し、その記事に寄ってくる低俗で無教養な愚か者達から金を集めて、また次の獲物を探し続ける、それがマスコミという組織です。

別窓 | 芸能 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。