スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
韓国 「沈没した旅客船は日本製」
2014-04-17 Thu 14:59
 やっぱり出た。 こういった報道。
 韓国人って、目の前でこういった大惨事が起きていて、自国民が大変な時でも反日報道の精神だけは忘れないんですね。

 韓国で発生した旅客船沈没事故では最初は浅瀬に乗り上げたとの報道でしたが、その後に現場は水深40m前後もあり座礁するような浅瀬も岩礁も無いことがバレてしまいました。
 更にこの旅客船は沈没する1時間前から錨も降ろさずに漂流していたことまで明るみに出てきています。

 私が思うに、韓国の関係者がしきりに何かを隠そうとしている気がします。

 日本のマスコミも韓国に同調して最初は「暗礁に乗り上げた可能性が高い!」等と高らかに嘘をついた自称『評論家』を沢山動員していましたが、後始末はどするつもりなんでしょうか。
 現場に暗礁がないことも知らなかった『評論家』なんて、まったくのシロートだったとバレちゃって。

 救助された人の話だったでしょうか?
「最初に『ドーン』という大きな音がした」
 それと、事件の1時間前からこの旅客船が漂流していたとの情報からすると何らかの機器故障と対処ミスによる事故の可能性が高いのではないでしょうか。
 また、舵を切っただけで傾いたとの話もありますので、過積載による荷崩れや、日本から中古船を買った後の異常なトップへビーになる違法改造の所為とか、どれをとっても韓国人という国民性による人災の可能性が高いと感じます。
 この旅客船が日本製だという韓国側の発表は沈没に至る真相を闇に葬るための前振りかと思います。
 普通、機械が故障しただけで沈む船なんて(韓国製と中国製を除いて)ありませんから。
 単に「故障に対する対処を間違えた」なんて言ったら遺族からとんでもない糾弾を受けますから、嘘でもいいからとりあえず日本の所為にしておけば、後で関係ない事だとなっても相当のガス抜きになりますので。
 何といっても『反日無罪』の国ですから。

 私がそんな推測をしてしまうのも韓国の強襲揚陸艦『ドクト(独島)』の事故の印象が強すぎるからです。

 『ドクト』とは韓国海軍最大の軍艦で、海上自衛隊の『おおすみ』型と同じように空母型船型とウェルドックを備えた韓国海軍最新鋭の揚陸艦です。
 ドクトとは韓国が不当占拠している日本の竹島の韓国名であり、この艦の存在意義を韓国がどう捉えているかが窺えますが、そんな最重要艦があろうことか事故で航行不能になり海上を漂流するという大不祥事が昨年(2013年)9月に発生しました。
 聞けば本来4基ある発電機のうち1基が故障して発火し、消化のための海水を被った他の1基も停止してしまったためだとか。
 あれ?
 残りの2基はどうなっていたのかと言うと、以前から故障していたのだとか。
 この時点で「ありえない・・・」です。
 緊急時でもないのに軍艦を不完全な状態で運用するなんて他に聞いたことがありません。
 それに火災沈下のためとはいえ関係ない発電機にまで海水をぶっ掛けて壊しちゃうなんて、韓国の軍人の訓練っていったいどうなっているのか?
 はたまた、そもそも配置の設計が滅茶苦茶なのか?
 ダメコンはどうなっているんだ?

 おまけに『ドクト』には同型艦はないのだとか。これも常識では考えられません。
 船というものは定期的に長期間ドック入りするものですから1隻では部隊運用は不可能です。この漂流事件の修理には数年を要するとのことで、事実この間『ドクト』型は韓国海軍から消え去るそうです。(冗談みたいなホントの話)

 更に調べるとこの『ドクト』はとんでもない欠陥品だということがわかりました。
 レーダーは敵と誤認する影が映ったまんまで、ミサイルを撃てば見方を攻撃しかねず、鳴り物入りで設置した大口径の30mmバルカン(ゴールキーパー近接防御システム、海自が搭載している20mmファランクスより大威力)は、何も考えずに設置してしまったため自分の甲板上の航空機を攻撃し始める始末。(今もそのまま設置しているところが如何にも飾り)
 そもそも、搭載するべきヘリコプターも未だに無いまま7年も唯のお飾りとして運用してきたとか。
 知れば知るほどあきれた非常識ぶりですが、こんな意味のない一点豪華主義も韓国人の国民性なのでしょう。

 国の威信を背負った最強軍艦が『漂流』という生き恥をさらした原因の発電機故障ですが、これも最初は「日本製だった」という報道がなされた訳です。


 話は戻って今回の旅客船事故ですが、船体が大きく傾いているにも関わらず船内放送で「逃げずにじっとしていろ」との指示があったとのことで、電気の供給も止まった船内で逃げ遅れた人が沢山いたであろうことがこれだけ被害が大きくなっている原因なのでしょう。
 例えどこの国の人であれ被害者の方には同情を感じますとともに、亡くなられた方の遺族の方々のお気持ちも察するに堪えません。


 船体の引き揚げ作業と原因調査は17日から開始されるとのことですが、船体がどこ製であれ、北朝鮮の魚雷で沈められたとか、戦時中の日本の機雷に当たったとかいった言い訳はご免こうむります。

別窓 | 未分類 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。