スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
アントニオ猪木氏 「新党名は・・・」
2015-01-09 Fri 06:06
 アントニオ猪木氏が立ち上げた新党の名前は『日本を元気にする会』だそうです。
 もともとの『みんなの党』もケッタイナ名前でした。なんてったって略称が『みんな』ですから。

 そういえば、昨年末に『生活の党』にお騒がせ議員の山本太郎氏が加わることになりました。
 そして新党名は!

『生活の党と 山本太郎とゆかいな仲間たち』


 本当にこういう名前にしていただければ楽しかったのですが。どうせ政治をお遊びとしてしか考えられない人たちが激増しているんですから、そんな政党名もありだったのでは?


 最近はその他にも妙ちきりんな政党名が増えています。


『支持政党なし』:
 無党派層の方はこちらへどうぞ、的な乗りでしょうか?
 本当に支持政党がないからといって、投票してくれる人は稀でしょうけど。

『志民党』:
 自民党と漢字で書けない人が更に濁点を忘れるか小さくて読めない場合に、選管の集計者が「しみんとう」に集計してくれればという、ある意味詐欺的な発想に基づいているとしか思えませんが。
 同じようなのが『市民党』。こちらは数年前にあの朝日新聞がなぜか強力にバックアップしていたのを覚えていますが、今は存続しているんでしょうか?

『がんばろう日本』:
 栄養ドリンクのような名前ですが、れっきとしたバリバリ極左政党。政党名だけ見ると右寄りの政党かなぁと思えるのですが、そういった政治音痴の票目当てでしょうか?
 右翼人はどっちかっていうと政治マニア的な人が多いような感じなので、ミス投票を狙うのは難しそう。
 ここはひとつファイト一発なんて政党名もいいんではないの。

『9条ネット』:
 9条を守り抜くことが信条の様ですが9条以外に政策がないんでしょうか?
 さすがに国会議員はいないか。当たり前でしょうね。


 ここまで来ると、政治も悪ふざけの延長でしか考えられない出来損ないの大人たちの弊害じゃないかと思えるのですが、結局それって政治を金儲けの手段としか考えられない悪人を堂々とのさばらせる原因になっていると何で気付けないんでしょうか。

 『ゆかいな仲間たち』の党首の小沢氏と言えば実家の両親(政治音痴の代表格として扱って済みませんが)に言わせると政界の壊し屋だそうで、良くも悪くも凝り固まった政治に風穴を開ける人物だとか。
 私から見れば政党を作っては壊し、乗っ取っては壊しすることで政党公布金を盗みまくっている単なる『泥棒』なんですけど。
 『日本未来の党』に自分の手下とともに大挙して押しかけて、元党首の嘉田氏を「あっ!」という間に追い出して政党ごと乗っ取り、交付金毎まるまる手にするとともに昔の名残を残さないように政党名まで変えちゃったのが『生活の党』。
 追い出されちゃった嘉田氏でさえ「これじゃ成田離婚ですね」と発言しているけど、誰がどう見たって偽装結婚でしょうが!

 その『生活の党』さえも昨年末の衆院選で大敗、交付金の受給要件を満たさなくなってしまったので

「何でもいいや、とにかく”おバカ”を一人くっつけて政党交付金だけは受け取っちゃえ、政党名も適当でいいや」
って、これが略称『山本太郎とゆかいな仲間たち』の出来上がり。


 そもそも政党交付金を作ったのも小沢氏、

 政治資金規正法だって作ったのは小沢氏、

 自由党、新進党、民主党、国民の生活が・・・と、
小沢氏が政党交付金で設けた額は既に数百億円と言われています。


 結局は、自分が儲かるための法律を自分で作って大儲けしているだけで、日本の為になる活動なんて何もしていないのに、そういう人を政治家として存続させちゃう出来損ないの(自称)大人が余りにも多いのが日本の最悪の弱点なんでしょうね。

別窓 | 政治 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。