スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
後藤健二氏 「湯川さんを助けに行く」
2015-01-22 Thu 20:39
 イスラム国が日本人を拉致して身代金を要求している件に関して日本政府はどう対応するつもりなのでしょうか。
 正直な感想を述べさせていただくと、こういった案件で身代金を支払うべきではないと思います。
 御親族の方々には申し訳ありませんが。

 そもそも日本人が民間軍事会社を作っただの、平和ボケもいいところだと思います。
 40才を超えて軍事オタクなのか、「私のこれまでの活動で最も厳しいものになるかもしれない」なんて真面目な顔でビデオまで残して、ホイホイと餌食になりに行くなんて。
 よく中学生あたりが自分は何か特殊な人間だと思い込みたがる性質そのまんまじゃないでしょうか。

 更に、もともと関係があったのでしょうが安穏とした環境で育ったたった一人の日本人に彼を救出なんてできる訳もありません。自分はランボーかなんかと思っているのでしょうか。


 最近よく聞く話ですが、スーツに革靴で富士山に登って救助隊を要請するとか、スノボでコース外を滑って遭難するとか、そういった人を救出するのにかかった費用は全て本人に請求するべきだと思っています。
 イスラム国で拉致された2人についても同様で、政府が渡航禁止(もっとも高いレベルの制限で、即刻に退去を指示)している国に、わざわざ政府の勧告を無視して出かけて捕まった訳ですから、身代金が何億であろうが一生かけて償うような法律でもできないことには、こういったバカはきっと次から次へと湧いて出るんじゃないでしょうか。


 それにしても今回の件で思うのは日本人の平和ボケぐあいの酷さです。

 生まれてこの方お花畑教育にどっぷりとつかり本当の戦争を知らずにオヤジにまで成長してしまった悲劇が、オモチャの銃を片手にランボーみたいな恰好で、自分はプロフェッショナルだと勝手に思い込んでしまうトッチャンボーヤを生んでいるんじゃないでしょうか。
 フリージャーナリストの方に関してもそうです。
 戦争地域の取材を通して苦しい生活を送る人達を報道するのは立派なことですが、禁止だといっている場所にのこのこ出かけていくんですから、イザとなったら他人に迷惑をかけないで自害するくらいの覚悟で出かけてください。
 テレビでは同じ報道関係の仕事をしている人だからか酷く同情的な報道が目立ちますが、普通に考えれば自己責任の範疇を超えています。
 これはボランティアで疫病が蔓延している地域に行く方も同様です。
 現地の人々を助けたいという思いは素晴らしいと思いますが、そこでもし自分が感染してしまったら・・・、自分で汚染地域を進んで広げてちゃ意味ないでしょ。


 こんな平和ボケした、他人に迷惑を撒き散らす人間を大量生産するのが同じく平和ボケした日本の基地外政治家とマスコミでしょう。
 早速、『生活の党と山本太郎とゆかいな仲間たち』の山本氏が、中東地域への人道支援を中止して身代金を払えと騒ぎ始めるわ、イスラム国に日本人の参加を促している怪しい人物が交渉役に名乗りを上げるなど。
 これまた怪しいジャーナリスト様は、イスラム国を弁護しながら実は警察が悪いと騒ぎ立てていたり。

 皆さん、今こそ売名の絶好の機会とばかりに他人の迷惑顧みず、猛烈活動中です。

別窓 | バカモノ | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。