スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
奈良教育大付属中 「式典で国歌を歌わないのは伝統」
2015-04-05 Sun 10:21
 奈良教育大学の付属中学校は、これまでもずっと入学式、卒業式で国歌斉唱を行ってこなかったことに対して、学校の伝統だったからとの言い訳で済ましたそうです。
 代わりに皆で(演奏だけの)国歌を聞いていたとか。

 奈良教育大って国立ですよね。
 だったら即刻、教員全員を解雇すべきです。学習指導要領に反してますし、おまけに職務規律違反では?

 それに、教育大学って将来の教員を養成する学校ですよね。


 これが学校に於いて公然と憲法違反や反日活動の洗脳教育が実施されてきている下地と理解しました。そもそもの教員養成機関が日教組による反日活動の一環になっていたなんて。

 これからは学校の教員は『グル』と呼んでは如何?

 全員が全員そうではないとの意見もあるでしょうが、この学校の例では演奏だけの国歌に溜まりかねて自発的に起立したのは700人中たったの4人。そのうちの2人は保護者だとか。
 きっと、この人達は周囲から『右翼』と見られたのでしょうね。
 中学卒業時点で、将来の教員のうち99%が既に極左テロ組織による洗脳完了者とは。大学出るまでには完全な反日活動の先兵となること請け合いです。


 姪っ子が小学生の頃に学校で教えられていた内容を思い出しました。

 彼女の担任(30代男性)曰く、
   韓国の製品は素晴らしい、日本の製品は性能が悪いしすぐに壊れる。
   中国の食品は安全だし安い、日本の食品は実は汚いが国が隠しているだけ。
   韓国の食品は何でも美味しい、とにかく日本の食品は不味い。
 彼女の家は食品製造会社を営んでいたため、彼女は自分の家で作った食品は食べないと言い出して事態が発覚しました。

 また、丁度同じころに小学校低学年だった甥っ子の学年主任は徒競走で全員の手を組ませて走らせたそうです。


 これらの行為は子供たちの持っている能力を低下させ、日本に対する自信を奪うための日教組の作戦の一環です。
 そして、こちらも極左組織の日経新聞は次のように追い打ちをかけます。

「日本人若者の海外活動意欲が低下、学力でも体力でも中国、韓国に及ばず」

 学校で優れた能力を示すのは悪のように教え込まれて本来の力を伸ばせないまま成年になった日本の若者は、日経新聞の記事を読んで更に自信をなくして内に籠もり、自分は多くを望んでも無理なんだという劣等感の塊になってくれるでしょう。
 幸いなことに、この人格破壊教育を初期に受けた世代は既に子育て世代になっています。
 このために自分の劣等感の裏返しから可愛い自分の子供の劣ったところは認めたくなく、優れた他人の子供を潰してくれる学校という空間は絶好の自己満足の空間となっています。

 この現状、あるあると思う方も実は多いのでは?


 さて、いち早く現在の学校の異常さに気付いた親御さんは、全員が白雪姫と王子様の学芸会で他のバカ親がわが子の晴れ姿を見て溜飲を下げているのを余所眼に、放課後に親が自分で教育するなり塾に通わせるなりしている訳です。

 結局、将来もバカ親の子供にロクな仕事は残らないでしょう。そういった親は、成人しても仕事につけないおっきな子供の面倒を一生みなければならず、最後は生活保護を要求するようになるのかな。

 一方、早くに気付いた賢明な親の子供は、もしかしたら大企業に就職するなり高級官僚になるかもしれません。そして彼らが得た収入は日本経済を圧迫する生活保護者受給者等への社会保障費なりのために大量に差っ引かれて・・・。

 あれ、、、、結局、あんまり変わらない?

別窓 | 教育 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。