スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
ラジオより 「教科書における尖閣、竹島の記述は中韓から反発必至」
2015-04-10 Fri 06:30
 だからどうしたというのでしょうか?
 仮に歴史記的な検証はおいておいたとしても、現在の日本としての主張を自国の教科書に記載して何が問題なのかわかりません。
 過剰に韓国と中国に色目を使うマスコミの主張には吐き気さえ感じます。
 韓国では戦後に武力占領した竹島を韓国の領土だと主張していますし、対馬さえ韓国の領土だと主張しています。中国だって尖閣諸島の領有を主張しています。
 彼らがこういった行為を行うのは、日本がこれまで黙って彼らの主張を飲んできたことに味をしめているからです。


 そもそもは1982年の日本テレビによる誤報をきっかけにしてできた近隣諸国条項が大間違いだったのだと思います。
 国際的な客観性を確保するという理由で、たった3つの国(中国、韓国、北朝鮮)だけにおもねる内容を日本の子供たちに教育するなんて正気の沙汰ではないでしょ。
 さらにその条項の拡大解釈で、教科書を作る度に中国と韓国に内容をチェックしてもらうなんて。
 いったい、時の首相(宮沢喜一氏)はどんなキチガイだったのでしょう?
 きっと「独立国ってな~に」という質問にも満足に答えられない老害が首相になってしまったんでしょうね。


 いい加減マスコミ各社も自分達の誤報が元凶で日本がこの3か国から差別的な扱いをされることになったことを反省すべきなのに、逆に今更ながら中国、韓国、北朝鮮に媚び諂うとは。
 やっぱり日本のマスコミは狂っているんだと再認識しました。


 それにしても『マスコミ』という言葉の印象の、なんとも低俗なことか。

別窓 | 情報操作 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。