スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
韓国新聞 「日本は歴史を捏造するためにアメリカで莫大な金でロビー活動している」
2015-04-25 Sat 08:14
 韓国内では、安倍晋三総理大臣によるアメリカ上下両院合同会議での演説で韓国に対する謝罪、慰安婦に対する謝罪を入れるよう、日本を脅迫する論調が盛んになっています。

 見ただけでハラワタが煮えくり返るような論調ですが、日本人は韓国人のそういった論調を直視すべきだと思います。


「オバマ米大統領はメルケル首相のように、はっきり懺悔(ざんげ)するよう安倍首相に対し、慰安婦問題の解決に向け圧力を加えねばならない。さもなくば、アジアの激しい逆風が待っている」

「安倍演説は内部志向でなく外部志向、過去志向でなく未来志向でなけれならない。安倍首相は侵略行為と慰安婦問題を否認する歴史修正主義者らの要求を退けねばならない。3回の演説で過去を克服し、韓日中関係の悪循環を断ち切るよう忠告する」


 そもそもアメリカで行われる日本の総理大臣の演説に対して、部外者の韓国が自国に対する謝罪を要求すること自体が異常なんですが、それが堂々と『忠告』として扱われていることに恐怖を感じます。
 これはキャストを変更すると、韓国を訪問するフィリピンの大統領に対して、日本のマスコミが「フィリピン大統領は韓国での演説で日本に対して謝罪するよう忠告する」と言っているのと同じです。
 当然、日本がそんなことをすれば韓国もフィリピンも激怒するでしょう。
 ところが韓国人にとってはこういった非常識極まりない横槍が当然の行為として受け取られ、韓国内の大手新聞が挙って日本に対する脅迫を日常茶飯事に行い、更に韓国内を飛び出してアメリカ議会の前で韓国の主張を繰り広げるような異常な行動まで実施されています。
 また、それに同調して韓国が国家資本を投入して買収したNYタイムズ(日本でいえばスポーツ新聞ですが)やアメリカの議員を総動員して、安倍総理大臣のアメリカでの演説に韓国と慰安婦に対する謝罪を盛り込むよう盛大なロビー活動を実施しています。

 私は、この韓国人の異常な習性に対し、非常な恐怖を感じます。


 韓国人の習性
  [自らの違法行為は無視して、堂々と無実の他人を非難して自分を優位にしようとする]
 これも全世界で韓国人が行っている、おおよそ普通の人間とは思えない行為です。

 昨年のG20でしたでしょうか?
 韓国が国際社会で「日本は為替操作を国家ぐるみで行って他国に迷惑をかけている」という難癖をつけ、挙句の果てに共同声明にまで入れ込もうと大騒ぎを演じました。しかしながら結果は、日本が行っているのは量的緩和であり為替操作でもなければ他国に迷惑をかけている訳でもない、むしろ各国は日本の量的緩和の効果を参考にしているというものでした。
 そして今年になって、4月のアメリカ財務省の発表でしたでしょうか?
 韓国は名指しで大々的に為替操作を行って他国に迷惑をかけている国としてアメリカ議会で発表されました。

 まさに顔に泥を塗られたような韓国でしたが、日本国内では韓国が行った日本に対する非難はマスコミによって取り上げられましたが共同声明の結果でその話には触れず、今年のアメリカ議会の報告に至っては完全に封殺されました。
 韓国政府が国際社会で行った非常識行為に対するアメリカの非難は、日本のマスコミによって意図的に日本人には隠蔽されました。
 偉そうに毎朝電車のなかで日経新聞を広げていても、無意識のうちに間違った国際常識を刷り込まれるだけですよ。


 今回のテーマに挙げた韓国の主要紙(中央日報、朝鮮日報、毎日経済)が口を揃えて叫ぶ「日本のロビー活動」も同じです。
 知らない人は流石にいないと思いますが、韓国が国家資金を投入して、移民団を総動員して各国で展開する反日ロビー活動はまさに韓国人の生態の最大の特徴です。
 それが、韓国人から見れば「日本がロビー活動をしている!」となるのです。

 これは正に、自分がやっている悪事だから他人も同じ悪事をやっていて当然と思い込む心理なのでしょう。


 韓国人と韓国政府が他国で繰り広げる非常識で組織的な『日本憎し』のロビー活動には、ヨーロッパでもアメリカでも嫌悪感が広まっているようです。
 アメリカにいる外務省の職員に言わせれば「米国での反日ロビー活動はむしろ、韓国の方が徒党を組んでいる。しかもエゲツない」と言うそうですが、生まれつき被害妄想のために脳活動の大半を取られている韓国人には何を言っても無駄でしょう。


別窓 | 嫌韓、嫌中 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。