スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
老人 「月25万の年金じゃ生活できん。若いもんはもっと働け」
2015-06-01 Mon 05:40
 この老人の話は話題になっていますね。
 年金の支給は2か月毎なので、もしかしたら月12.5万円のことでは? と、いう意見もあるようですが、2か月で50万円貰っているとしたらかなりの高額受給者なのでしょう。

 さて、年金制度については破綻の可能性が指摘されて久しく、支給開始年齢の引き上げや高額所得者への支給停止等が国会で提案されていることから、仮に破綻はしなかったしても今の若者や働き盛りの人達は、今の老人達のように潤沢に貰える可能性はゼロでしょう。
 そこでのこの老人の言葉には正直言ってキレても良いレベルだと思います。


 だいたい、今の老人達は恵まれすぎています。

 中には高度成長期に頑張って日本を発展させた功労者だという人もいますが、私に言わせればタマタマ世界情勢が有利に働いた時に、タマタマ働いていただけ。
 バブルなんてもっと最悪で、バブルを発生させたのも破綻させたのも当時の人達です。
 「バブルの頃は会社の金で朝まで飲んで、タクシーを札束で拾ったもんだ、当然、タクシー代も会社の金」
なんていう定年退職していく人達の思い出話、自慢話はイヤというほど聞きました。
 私の親も車は毎年、新車に乗り換えて、これは趣味だと豪語していました。
 一般社員でも空出張でためた金でベンツを買ったとか、会社の金で一人で何台もパソコンを買っては自宅に持ち帰っていたとか、今では信じられないようなことが平気で横行していたようです。

 皆でそんなことすりゃ、経済破綻するワ!


 現在に働いている若い世代の人達は、そんな老人達がぶっ壊した日本経済のツケを払わされているといった方が正しいと感じます。
 そんな若者たちがロクに貰えない年金を払わされ、若者たちにツケを残した老人達が年金の増額を要求するなんて、世の中間違えています。

別窓 | 壊れゆく日本人 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。