スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
日P:尾上会長 「PTAが不要だと言う人は地域でトラブルのある人」
2015-06-14 Sun 16:01
もとソースはこちら
http://www.asahi.com/articles/ASH5P64FTH5PUTIL03L.html

 朝日新聞が日本PTA全国協議会(日P)の尾上浩一会長に行ったインタビューの内容が話題になっているようです。
 ザックバランに、とは言いますが、砕ければ砕ける程にその人が持っている思想や信条というものが見えてきます。

 正直、砕けすぎだろ!っと思って読んでいたのですが、最後の方は気分が悪くなると言うか、寒気がしてきますのでお読みになるのならご注意申し上げます。
 この方の思想の偏り方は正直言って異常なレベルなのでしょうか?
 右寄りに偏った意見というのはインターネット上に晒されている事が多いのでしょうか、普段から目にしているので多少中毒気味なのかもしれません。
 それに比較して左に寄った人の意見というのは普段は隠されていることが多く感じ、そういった人達が一度流暢に喋りだすと非常に恐ろしいことを言うものだと感じました。

尾上会長のインタビューで恐ろしかった言葉を挙げます。


<会社の制服や作業服のままでもいいから、全員参加>
 会社を抜け出してでもPTA活動をしろと言いたのでしょうか。
 イヤ、そこまでは言っていないのかもしれません。半休とかを使えと?
 どちらにしても、業務上簡単には仕事を抜けれない親御さんの方が多いであろうことを考えるとこれは強制ですし、家計の収入を考えると無理でしょ。

<PTA活動は安定した日本の労働力を確保することにもつながる>
 仕事を止めてでもPTA活動に協力しろと云う話と矛盾します。
 結局のところ、この尾上会長の言葉は言い訳なのでしょう。

<PTA活動が不要と言う人は、地域とのかかわりが薄いか、何らかのトラブルがある人>
 何で差別発言で叩かれないのでしょうか?
 地位のある人の公的な発言とは信じられませんが、タカが外れてしまったのでしょうか。
 お蔭で極端な思い込みで平気で人を差別する考えがアリアリと出ていますが、「他人を差別するのはケシカラン!」と豪語する極左の人達は、たいていその言葉を使って平然と他人を差別しますね。

<PTA会費の使い方がおかしいと指摘する人は、PTAのことをよく思っていない人>
 PTA会費で学校の備品を購入するのは良くないと御自分で認めておきながら指導する気は無いと言い放ち、更に悪い使い方はそんなに多くない筈だと都合の悪い指摘を一方的に切り捨て、挙句の果てにこの差別発言です。
 「我々を批判するのはお前が悪いからだ」と、心底思い込んでいるように思えます。

<活動内容の改善においては、その活動が必要という人の意見を聞け>
 もともとの質問は『各地のPTAで始まっている改善活動に対するアドバイスは』なのですが、尾上会長の考えは「不要な活動なんて基本的に無い」ということなのでしょうか。
 トップがこれじゃ、どんなに改善しろと騒いでも無駄です。

<体を出せない人は、お金を払えば良い>
 結局は「金出せ!」という事でしょうか。その後の発言で地域との関係構築が必要と述べられていますが、PTAの組織自体が上層部の私的な金儲けのための集金システムになっている実態が推察されるのですが。

<PTA内のイジメなんて、ちょっとぐらいのこととしか思わない>
 人が集まればイジメがあるのは当然だ、
 そんな事ぐらいでPTA辞めるな、
 ちょっとのことで辞めるなんて、子どもがやったら注意するようなことを大人がやるな、
 って、話がまるで逆じゃないですか。
 質問はPTAを断ったらイジメに遭うことをどう思うかなんですが、イジメを肯定した上でPTA活動を擁護するのは奇異過ぎます。尾上会長が言うのは人間関係の軋轢のような話ではないですか。それとイジメとは明確に異なるものです。

<全国大会の活動を発信することで会員が前向きになることが不満の撲滅になる>
 これはオカルト団体の教義と同じです。
 会員の不満は多すぎて対応なんかできない。だから不満を持つ会員は考え方を変えろ。そのために全国大会等で働け。
 ここでも自分のやっている行為に対する強引な正当化が出てきています。
 更にこの全国大会への動員指示が大変だとの意見に対しても、尾上会長はその意義を強弁するだけで改善の意向なんて露も出しません。

<日Pの存在意義は国の教育政策に保護者として意見できること>
 こんな間違った、偏見に満ちた意見で子供たちの教育政策が決まるなんて、まことに恐怖です。


 尾上会長の意見を見て、学校からイジメがなくならないことの理由、学校が不味い事を隠蔽する体質から脱却できない理由、その他全ての悪弊の元を見た様な気がしました。
 おそらく根本原因は日Pだけではなく、日教組などの学校側の悪弊も大きいのでしょうが、これでは子供たちの教育環境が改善される訳がありません。

 それとどうもPTA活動が日本PTA全国協議会の集金システムとして使用されているように感じます。
 尾上会長の発言にはその影がいくつも出ています。


 集約すると
   PTA活動に改善すべきところなど無い
   だからPTA活動には全員参加しろ
   そして金を納めろ
   金の使い道にも問題なんか無い
   活動に参加しない奴も、不満を持つ奴も、疑念を持つ奴も、そいつらは間違っている。
 と、受け取られても仕方ない内容なんですが。


 これじゃ、まるで悪徳商法、オカルト教団と同じですが。

別窓 | 壊れゆく日本人 | top∧
**/
| 憂久の船 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。